CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 情報公開(隠すな!)と説明(ウソをつくな!)を求める、水道の民営化との闘い方に確信を持った、充実した一日 | Main | 柴山昌彦・文部科学大臣が、定例記者会見で国際リニアコライダー(ILC)に言及。「日本学術会議の所見を尊重。今後もマスタープランへの位置づけ、科学コミュニティの理解と支持が必要」と。歪んだ誘致活動のツケが露わになりつつあります。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
有効署名は111,743筆と判明。女川原発の稼働の是非に係る県民投票条例の直接請求は2月8日11時に提出予定と「みんなで決める会」が発表。[2019年01月31日(Thu)]
 昨日、宮城県の各市区町村選管から、「女川原発の稼働に是非に係る献金投票条例」の制定を求める直接請求署名の有効署名数が告示されました。
 本日、宮城県市町村課(選管事務局)から、全県の署名総数が記者発表されました。
 その数は、提出署名数118,796人に対し、有効署名数は111,743人でした。
 「みんなで決める会」が事前に発表した署名数(114,303人)よりも提出された署名数が多かったことについて、同会は「明らかに無効と見做される署名を除外して集計し発表しました。しかし、選管はそれも含めてカウントして提出署名数として発表し、その上で無効と判定した署名を除外して、残りを有効署名数として発表したという事情であると考えられます」と、説明しています。
 署名簿は、各選管で縦覧にふされていますが、2月7日に改めて最終的な有効署名数が告示され、署名簿が「みんなで決める会」に返付されます。
 同会は、2月8日午前11時に、全県の署名簿を付して、条例制定を求める本請求を提出するとしています。

「みんなで決める会」が1月27日に開催した集会が動画で公開されています。
●開会あいさつと武田真一郎氏の講演
 https://youtu.be/F1kPQPAKy58
●今後の予定と行動提起
 https://youtu.be/p3l_iXq_tGg
●質疑応答・討論そして閉会のあいさつ
 https://youtu.be/4G6sjgK-_D0

190127.JPG

この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/624
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml