CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
« 「女川原発再稼働の是非を県民投票で!」ー直接請求署名がスタートしました。村井知事が、県民投票を「一つの方法」と答弁。 | Main | 堤未果さんの新著『日本が売られる』に、私の宮城県議会での質問が引用されました »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
「水はいのち、水は人権!」−水道の民営化を諸外国の事実で告発するDVD上映運動を!ー安倍政権・村井県政の悪政と闘う武器が来月完成します。[2018年10月05日(Fri)]
 「水は商品か、人権か?」「水道サービスは誰が担うべきか」−諸外国の実例で水道事業の民営化を告発するDVDが間もなく完成します。新手のPFI、コンセッション方式で水道を民営化しようとしている安倍政権と村井県政の悪政と闘う格好の武器になりそうです。宮城県で、草の根の上映運動をおこしましょう。
 映画はギリシャの監督によるドキュメンタリー映画、「最後の一滴までーヨーロッパの隠された水戦争」です。映画は、水道の民営化で自治体の公共サービスの管理権限が失われ、財務や技術面での情報開示もなされなかったこと、水道料金も値上がりしたヨーロッパ諸国の事実を伝えるものです。民衆が立ち上がって、再公営化が進められているのが世界の動向です。
 その日本語版の製作が始まり、DVDが11月に完成し、12月には試写会が東京で計画されています。「民営化すればすべてうまくいく」という言説を事実で告発する武器になります。
 宮城県保険医協会が10月3日に開催した日米物品貿易協定(TAG)問題の講演会に訪れた内田聖子さん(特定非営利法人 アジア太平洋資料センター共同代表)からお話を伺う機会がありました。
 日本語版DVD製作のためのクラウドファンディングが呼びかけられています。DVDの概要も含めて、特定非営利法人 アジア太平洋資料センタ(PARC)のHPをご覧ください。

43116077_1208698832601201_6192351570970017792_n.jpg
















43078620_1208699032601181_4124290982193659904_n.jpg

















43087812_1208699092601175_5436531558456492032_n.jpg
この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/530
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml