CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« <資料 大川小学校裁判> 上告理由を追及した遠藤いく子議員の質疑と村井知事の答弁(概要) 5月9日 宮城県議会・全員協議会 (答弁が後になっていくつも訂正されたのは前代未聞) | Main | 大川小学校裁判 上告理由が揺らぐー日本共産党宮城県会議員団がニュース特別号を発行しました。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
復興事業で圃場整備した被災農地が「耕作できない」−若林区二木の農家から訴えがあり調査に[2018年06月13日(Wed)]
 午前9時、若林区選出の福島かずえ県議と仙台市若林区二木で待ち合わせし、復興事業で圃場整備事業が行われた農地を調査しました。
 先週、レタス等の野菜栽培を手掛けている農家から、「津波で被災した農地が引き渡されたが、一部に耕作できない農地がある」という相談が寄せられたため。
 圃場整備事業で復旧した被災農地は、もともと農耕に不向きな山土が大量に客土されているうえに、土地改良事業を経験したことがない事業者が参入しているために、引き渡された後に問題が表面化する事態がしばしば発生しています。
 きょう調査した場所は、国の直轄事業で圃場整備が行われた六郷7−1と7−2の工区にあたり、石礫がずいぶん混じっていました。「4町歩のうち1町2反が使い物にならない」という訴えで、引き続き調査することにしました。

180613_a_blog.JPG
















180613_d_blog.JPG
















180613_blog.JPG
この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/453
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml