CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« <資料 大川小学校裁判> 文教警察委員会での質疑(大要) 判決誤読の疑問が消えない、上告理由が成り立たないのではないか | Main | 大川小学校でも大川中学校でも教頭が津波を予見していた事実を宮城県教委が認めるー「予見できなかった」という上告理由はもう主張できないー5月21日の文教警察委員会で大川小学校裁判で追及 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
「どんな障害があっても受け入れる」という、みぬま福祉会(埼玉県)の30年余の実践に感激しました。[2018年05月24日(Thu)]
 「どんな障害があっても受け入れる」―埼玉県の「みぬま福祉会」の実践は、たいへん衝撃的でした。
 昨年11月に宮城県議会に障がい者福祉調査特別委員会がつくられましたが、私は強度行動障害のある人、重度心身障害のある人の支援の場が少ないことに問題意識をもっていました。県外調査の対象を検討した際に社会福祉法人「みぬま福祉会」を推薦したのですが、希望がかなって川口太陽の家を訪れることができました。
 松本哲・総合施設長から、「どんな障害があっても受け入れる」福祉施設づくりの30年余りの取り組みを伺いました。他の施設から拒否された人、放火等の触法行為を繰り返す人をまず受け入れるという考え方、そして一人ひとりにどのように対応してきたのか、お話を聞いていた議員が涙ぐむほどその実践は感動的でした。
 重度の障害があった人が、20年経った後でどのように変わったかを語りかける、松本さんのおだやかなお顔を見て、「同志を募って、もう一度、来てみたい」と、思いました。
 「日本一の職員を育てる」努力、医療機関・地域との連携、職員と建築家が意見交換してつくりあげてきた作業場、どれもが秀逸でした。

180525_d.jpg















180525_e.jpg















 車いすの人のために段差をなくしたい。行動障害や自閉症の人にわかりやすくしたい。矛盾するような要請に、段差をつくらず、視覚に訴える玄関にすることで応えていました。

33540535_1096168963854189_80979319148511232_n.jpg
この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/443
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml