CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 予算特別委の総括質疑で、農地整備事業では耕作できない農地を残してはならないと主張しました | Main | 宮城県政史上初めて―4会派21人が村井知事に緊急重点要望を共同で提出 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
76回目の12・8−戦時下の東北大学を振り返り、今を生きる姿勢を考えました[2017年12月10日(Sun)]
 76回目の12・8−エルソーラで開催された宮城革新懇の集会で柳原敏昭・東北大学文学部教授の講演を聞きました。
 柳原氏は歴史学者で専門は中世史ですが、東北大学100年史の編纂に携わりました。
 東北大学では、戦時下に軍事研究のために理工系の研究所が次々につくられ、定員削減も学徒動員も最初は法文学部に対して行われました。最近の下村博文・文部科学大臣による人文科系学問を軽視する発言を歴史の中に置いて考えると、戦争する国家づくりと人文系学問軽視が表裏一体であることが浮かび上がります。
 昭和3年当時に「左翼学生のいない大学」と言われた東北大学でも昭和8年に学内浄化運動がおこり、侵略戦争と植民地支配に突き進む時流への抗いがありました。しかし、1937年の人民戦線事件のあと、時流に迎合する動きが生まれ、坂道を転がり落ちるように破局に向かっていきました。
 歴史に「たら」「れば」は禁物ですが、人民戦線運動が持ちこたえていたら、それがもっと力をもっていればと考えてしまいました。現在の「市民と野党の共同」を広げることの意義が歴史から浮かび上がってきた、すばらしい講演でした。

171208_blog.jpg

この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/383
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml