CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
« 王城寺原演習場で白リン弾を使用ー米海兵隊と防衛省が初めて認めました | Main | 建設中の石炭火力発電所=仙台パワーステーションは、旧い技術方式で大量の温暖化ガスを排出する計画です »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
活断層のそばに防災拠点ー専門家も、肝心の震災時に機能発揮が「難しい」ー計画撤回を求めて日本共産党宮城県議団ニュースを発行しました[2016年07月29日(Fri)]
 村井嘉浩知事は、仙台市宮城野区宮城野原のJR貨物駅を移転させ、その跡地に災害時に物資や人員を集積する「広域防災拠点」建設を計画しています。
 宮城県議会の6月定例会(第356回県議会)では、@計画地は、防災拠点に不適切とされている市街地に位置し、しかも活断層=長町・利府断層線に隣接して、肝心の大災害時に機能しない危惧があること、A防災拠点には既存の公園や施設を活用できるのに、JR貨物駅跡地にしたため、用地購入費や移転補償費を含む総額約300億円(うち県費は約140億円)の巨費を投じる計画になっていること、B大災害時に備える防災拠点を県内数カ所に整備する計画は、市町村との協議はこれからで、計画と整備手法について県民合意がないのに、知事のトップダウンで宮城野原を選考したこと-―などの問題点が浮かび上がりました。

 広域防災拠点の予算には、日本共産党だけでなく、県民の声(民進党系)、社民党の3会派、計20人の議員が反対。「少数意見の留保」(※)が10年ぶりに行われ、計画を疑問視する質問が自民党議員からも飛び出すという、異例づくめの議会になりました。

 今村文彦氏(東北大学・災害科学国際研究所教授)は、仙台放送の取材に答えて次のように述べました。(7月5日に放送)
 「活断層にリスクはありますからね。どういう根拠で(評価を)変えたのか。建物自体は、確かに耐震化などの対応でいいんですけれども、例えば広域支援なので、ネットワークで道路とか、いろんな地域と結ばなければいけないんですね。その点を考えると、かなり難しい対応ではあるとは思いますね」

 しかし村井知事は、宮城野原への広域防災拠点整備を急ぎ、JR貨物との協議を進めて9月14日に開会する予定の九月定例会に契約議案を提出する構えです。
 問題だらけの計画をいったん撤回させ、防災拠点計画の再検討を求める声を上げましょう。

【防災拠点とは】
 大災害発生時に、物資を集積したり、人員が集結して、被災地域の救援活動を展開するために使用する場所。日常は、都市公園として活用する。

【少数意見の留保とは】
 委員会の表決で多数を得られず取り上げられなかった意見を、本会議で自ら少数意見として報告する権利を保持しておくこと。
 議会最終日の本会議で、採決の前に、留保していた少数意見の開陳が行われました。

bousai0.jpg



















広域防災拠点 財政.jpg
この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/246
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml