CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 宮城県議会議員)のブログ
宮城県議会 環境生活農林水産委員。
      障がい児・者福祉調査特別委員会 副委員長。
      「脱原発をめざす宮城県議の会」副会長。
自閉症児の親の会会長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校卒(音楽部、将棋同好会に参加)。
東北大学理学部物理学科卒(東北大学男声合唱団に参加)。

「戦争する国」No! 女川原発の再稼働中止 「人間の復興」を追求。
ライフワークは「障害のある人が生きやすい社会をめざす」。
日本国憲法の全面実施をめざす日本共産党に共感、入党して44年に。
« 「憲法改悪は許さない」ー締め付け選挙のアベ与党に、市民が反撃に立ち上がりました | Main | 広域防災拠点の予算に3会派の20人が反対ー村井知事に痛打 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
活断層の直近をなぜ防災拠点にするのかー村井知事の予算案に、10年ぶりの「少数意見の留保」提出で日本共産党と民進党、社民党が共同[2016年07月04日(Mon)]
 熊本地震であらためて注目されている活断層と直下型地震。
 宮城県の村井知事が進めようとしている広域防災拠点事業(総額約300億円)は、その計画地が長町ー利府断層から350bしか離れていない直近です。
 宮城県議会6月定例会に、計画地の用地購入と移転に関わる補償費を計上する議案が提出されましたが、用地選考の経過が不透明で、場所が適切なのかを追及する質問が相次ぎ、計画を疑問視する声は自民党議員からも上がりました。
 継続審議にするかいったん取り下げて集中審議すべきだと求めたのも関わらず、自民党、公明党らが採決を主張したため、さきほどの予算特別委員会で日本共産党、民進党、社民党の会派の計20人が反対しました。自民党出身の村井知事が提案した議案のうち、予算・決算に関わる議案に民進党と社民党の議員が反対したのは初めてです。
 三会派は、本会議で再考を求めるため、「少数意見の留保」を求める手続きを提出することにしました。この手続きがとられるのは、平成18年10月以来で、10年ぶりのことです。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/renn/archive/240
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
タグクラウド
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml