CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年10月17日

擁壁入札結果等

先日の法面崩落防止のブロック積み擁壁工事の入札が10月12日(水)に実施されました。当日5社が応札し、1回目の札入れで鰍ンかみ建設さん(小樽市)が落札しました。翌日工事契約を取り交わしています。これにより共働の家みっくすベジタの両施設の法面が昨年に続き、しっかりと堅固なブロック擁壁になることが約束されました。まる


共働の家改修工事に合わせて同時進行の擁壁と排水設備工事は現在、仮の職員室となっている西寮側のスーパーハウス前で排水溝(暗渠)埋設工事を行っています。:現在の工事施工業者が鰍ンかみ建設さんでしたので、このあとも継続してスムーズな工事が期待されます。よろしくお願いいたします。すいません

<U字溝埋設工事@>



<U字溝埋設工事A>




<U字溝埋設工事B>




<U字溝埋設工事C>



posted by 古平福祉会れい明の里 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告

2011年10月14日

改修工事進捗

共働の家”の今週までの工事進捗の様子です。カメラ

屋根は施設全体がすっかり完成しました。居住棟の外壁塗装も完成しています。午後からは足場も外されました。


北寮玄関と呼んでいた箇所もフードが撤去され、入口も塞がれて新たに壁になりすっきりとしました。ここには新たに喫煙室・相談室・物品庫などが設けられます。


南寮側からの新しい佇まいはとてもスタイリッシュで、また落ち着いて見えます。


正面玄関口も新しい顔になりました。右側部分にあった勝手口は塞がりました。ここには来客・職員用トイレが増設されます。


旧施設長室と事務室には管理者室、応接室・面談室などが設けられます。



建物内部では大勢の大工さん達が入って急ピッチ 汗 で大工仕事を行っています。あと1か月もするとほぼ完成となるんですネ!!本当に待ち遠しい気持ちでいっぱいです。笑顔
posted by 古平福祉会れい明の里 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告

秋の社会見学旅行

就労継続支援事業所”みっくすベジタ”恒例の社会見学旅行、まずは第一班目として2泊3日旭川・富良野・十勝方面を旅してきました。笑顔
寒暖の差が大きくなって一段と紅葉の進んだ大雪連山から十勝への山並みを辿る見学旅行となりました。自動車ダッシュ


10月11日〜13日にかけた総勢41名のバスツアーでした。1日目は古平を朝8時に出発し一路、旭川へ、ファイブスター ラーメンで昼食 を堪能した後、自衛隊の旭川北部方面隊駐屯地内にある”北鎮記念館 トランペット ”を見学し、その後は旭山動物園 ペンギン を見学、雨に降られること無く1泊目のお宿は、東神楽町の”森のゆホテル花神楽 温泉熱燗 ”でした。


朝早かった疲れも見せずに夕食会場も賑やかな宴となりました。笑い
2日目は朝一番にここ2〜3年で脚光を浴びてきた美瑛町の”青い池”を見学、清清しい空気パワーを胸いっぱい吸い込みました。
その後に富良野町鹿郷の”富良野ジャム園”と”アンパンマンショップ”、市内へ戻って”北の国から資料館”を見学、共働の家の30年前とダブらせながら楽しみました。
みんなは予想以上に”アンパンマンショップ”にのめり込んでいました。笑顔
お昼の食事は、ニュー富良野ホテルでした。カメラ
午後は新得町めがけてバスは走り、サホロスキー場内に設けられているヒグマの生態が観察できる”ベアマウンテン”へ…。走り始めて到着までポツポツ程度の小雨が、到着と同時に本格的どしゃ降りに…雨


2泊目は音更町は”十勝川温泉 温泉 ”の観月苑でした。こちらはカラオケで盛り上がりました。アコーディオン音符

夕張では”メロン熊”に遭遇しました!!


3日目は打って変わって秋晴れの晴天で、柳月スィートピアガーデンの開店を待ってお土産を購入、池田町の”池田ワイン城 乾杯” に立ち寄り、足寄町の”あしょろ庵”で昼食をとった後は一目散に古平を目指して戻ってきました。夜7時前に無事到着!!
バスの中では飲んだり食べたり、お喋りに…、でもしっかり紅葉で山全体が燃えるような日高路を楽しみながら帰ってきました。

利用者さんも職員も今回の2泊3日の旅の中で、改めて”できること・できないこと”の確認も出来たり、”できなくなってきていること”などの発見も出来ました。持ち帰り新しい支援の材料にしていこうと考えています。
旅行をサポートしていただいた椛謌黹cーリストさん、潟Cナホ観光さんありがとうございました。すいません


これから来月までの間に引き続く”社会見学旅行”の様子をリポートします。
posted by 古平福祉会れい明の里 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告

2011年10月10日

第36回ロードレース大会

第36回古平町ロードレース大会土砂降りのなか決行!!


今年の大会は昨年に引き続き町外からの参加申し込みが好調で、1,200人を超える参加者があった様子で、本会も授産関係施設2施設が、パン 食パン やシフォンケーキ、クッキーなど普段販売しているものに加え、”やきとり”や”おにぎり おにぎり ”、”焼きそば”や”ジュース”などの販売を手がけました。


今年は町からの依頼で、参加者向けの”豚汁"を1,300人分みっくすベジタで用意しました。まる
大会参加者の方たちには「豚汁・販売」ともに好評だったようでした。


前夜の天気予報では強い雨と所により雷となっていたので朝まで心配していました。朝曇ってはいましたが雨は降っておらず、何とか持ちそうだと喜んでいたところスタート直前からバケツをひっくり返したような強い雨と雷まで鳴り出してしまい、少し天候の回復を待って15qから順次スタートするも途中も繰り返し雨や雷鳴が続きました。(1度は眼の前に落ちたかのようなとても近くて大きい雷でした…。)困った


これにより健康と安全を考えて、残念ながら共働の家いこいの家きょうどうみっくすベジタの利用者さんたちの参加は急遽取りやめることとし、この日のために休んだ就労利用者や納得できないごく一部の元気な利用者さんのみ参加しました。笑顔

レースはなんとか無事に1時前には全員がゴールして、急遽、雨天時の休憩所となった”B&G古平海洋センター”内はものすごい人の数でごった返していました。


ですから今年も物品を中に運んでの”短期決戦”でした。力こぶ
鳥串・豚串 おでん 、やきそば 、おにぎり おにぎり (ゆめぴりかの新米)、ジュース類 ジョッキ 、焼きたてパン 食パン やシフォンケーキ・クッキーなど、「売れ残しはつくらない!!」と販売担当の所員さんたちは大きな声で”呼び込みメガホン をして今年も沢山のお客さんが訪れて「完売」させてくれました。拍手
あとで売上を計算したら、70,000円超だったそうです。まる
posted by 古平福祉会れい明の里 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告

2011年10月08日

擁壁等工事説明会

10月5日、8月の台風余波で、昨年夏の集中豪雨の時のように再び崩れかかった法面と、昨年から引き続きの年次計画での法面崩落防止の擁壁等工事に関して、指名競争入札参加業者の説明会が行われました。


今回は改修中の共働の家みっくすベジタの敷地内工事で、業者10社指名し6社参加して現地説明が行われました。もともと山肌に沿わせた形で建物が建てられているため長年の雨や雪解けによる建物周囲の地盤の様子は荒れやすく、毎年春先には排水溝などの補修を繰り返してきましたが、30周年の節目を迎えるにあたり数年前から計画的に少しずつ環境整備をしてきました。

地域交流ホーム裏手も昨年に引き続き、右手前の工事未着部分の確認です。



改修後の建物をしっかりと守るように周囲の土留めブロック擁壁と排水溝を整備します。



みっくすべジタ駐車場上段擁壁の亀裂が走った上部の土留めと排水溝を十分な状態に復旧させます。(こちらは先日、指名業者3社の見積り合わせで潟Aースビルド(小樽市)さんと契約済みです。)



こちらも昨年に引き続く左の工事未着部分の確認です。



このようにまだまだ数年は順次、施設環境や周囲の生活環境の整備に力を入れていかなければならない現状ですが、これにより格段と住み心地の良い「れい明の里」として生まれ変わっていくことになるでしょう。
posted by 古平福祉会れい明の里 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告

改修工事の進捗


先週末までの”共働の家”改修工事の今週の様子は次のとおりです。改修後の居住棟の様子が窺えます。工事の進捗もこの時点で6割を超えてきました。屋根板金や窓付け、左官工事も終わりいよいよ建物内部の木建工事が集中して行われています。力こぶ

〈南面から覆いが外れました!!〉




無落雪式の平らな屋根や明るい1階と対照的に黒やグレーで抑えた2階の外壁の様子がお分かりになると思います。これまでの”共働の家”とは大きく装いを変えましたが、新しい顔も以前からそこに在ったかのように落ち着いた感じで存在をアピールしています。
2階に新しく取り付けられた採光用の窓は吹き抜けになった廊下部分に念願の明るい光を取り込むことになります。まる

<南寮の海側から見た様子です。>



南寮の海側から見た様子です。外側以上に内部の間取りや新しいユニットの玄関口、窓の様子などが変更されています。2階にはあえて仲良し同士の二人部屋が設けられており、将来的にはご夫婦での利用も可能なように想定しました。

<山側(町道側)の面の様子です。>



反対に南寮から北寮に向かう山側(町道側)の面の様子です。ぐるりと巡らせたテラスの様子もはっきりと見て取れます。これまでの姿からはまるきりの大変身です!!

<正面玄関口の様子です。>


正面玄関口もイメージが新しくなりますが、先日は館名文字看板の位置決めを行いました。


着々と工事が進んでいるように見えますが、実は「女心と秋の空…」で青空澄んでいるのに急に暗くなりバケツをひっくり返したような土砂降りや強い風が続いたりと不安定な天気です。そのために工事関係者の皆さんは工程の遅れを取り戻そうと毎日頑張ってくれています。ありがとうございます。すいません

posted by 古平福祉会れい明の里 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告

2011年10月07日

ソフトボール大会結果

先日お知らせしました10月2日〈に上富良野で行われた北海道知的障がい福祉協会のソフトボール大会の試合結果です。笑顔
結果は前年に続く連覇はならなかったものの、見事に準優勝を獲得しました!!まる

〈戦い済んで誇らしげな表情の選手達〉


一回戦目は富良野市の古豪、北の峰学園と対戦、当日は生憎の雨模様で土砂降りのあとのぬかるんだ島津球場グラウンドで熱戦が繰り広げられました。2回裏に8点を入れ意気上がる古平マリンズの面々でした。4回表に2点返されるも頑張り抜き勝利を手にしました。野球



続く二回戦目は美唄市の強豪で宿敵のさわやかネットワークとの対戦、初回に3点入れられ裏に1点返すも、2回に2点追加され4回以降に3点とられて、8対1で惜しくも準優勝となりました。


健闘をたたえる表彰式の様子

参加した選手達は疲れもなんのその、来年に向けた闘志をメラメラ 炎 ちらつかせていました。笑い
posted by 古平福祉会れい明の里 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告

2011年10月02日

最近の古平

最近の古平はすっかり秋模様です。すすきの穂先も真っ白になり朝晩の寒さは一段と冬の訪れが近いことを示しています。古平川では今年も秋サケが帰って来ました。魚魚 例年のように古平橋の横の駐車帯には町外からたくさんの太公望たちが集まっています。車自動車


海岸縁の"旧国道"部分にはずらーっとお泊り組の車が並び、皆さん数日かけてサケ釣りを堪能していきます。


多い時は40台以上も車が停まっています。そのため町が設置している仮設トイレもフル回転ですが、今年からはここの清掃作業も就労継続B型事業所"きょうどう"が行っています。



古平橋は現在"改修中"です。見物のために橋の上では決して車を止めないようにしてください。〓




休みの日には、山の上では「れい明グラウンド」で全道障害者施設ソフトボール大会出場のための練習に汗を流す就労利用者の姿が…。大会連覇がかかっています。ウインク
(今年の大会は10月初めに富良野市でだったでしょうか!?)
posted by 古平福祉会れい明の里 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告

地域移行へ向けて

北海道の平成23年度入所施設事業転換促進交付金事業を受けて進められていた2か所の生活寮等のグループホーム改修工事竣工から1か月余り経ちました。建物内の什器備品などの準備が進められていましたがそれも整い、利用希望者に対する最終の意思確認と家族の了解取り付けも終了したため、先日、予定者たちのグループホーム内部見学が行われました。家

<はばたき寮>



<さつき寮>



法人本部会議室に集合して緊張した面持ちで説明を受ける利用希望者たち。質問などに答えた後は利用の意思をひとりひとりが確認書にサインして決めました。メモ


引き続き、そのあとに新装なったグループホームを見学に行き、自分が住む部屋の様子を興奮気味に確認していました。


さきに戻った人たちもいますが、残った人たちで「ハイ!!チーズ カメラ笑い

引っ越しがとっても待ち遠しいでーす!!


今回の2寮にもう1か所の生活寮"あざみ寮"を加えた3か所がグループホームに転換し、合計20名が制度利用を開始します。"共働の家"からは9名の利用者さんが地域生活に移行します。これが初めての機会という人もいれば、「2度目のチャンスだから失敗できないねっ…」とやる気を見せる人も…。
"共働の家"はこれにより10月から50名に減員となります。
posted by 古平福祉会れい明の里 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告

擁壁工事の様子

改修工事と同時期に進められている"共働の家"の南面に沿った道路側法面のブロック擁壁工事の様子はご覧のとおりです。

改修後の建物周囲の環境がこの擁壁や側溝整備によって大きく改善する予定です。これまでの施設の裏側のイメージから通年で利用できる表の顔に変わります。まる









冬にも積雪・落雪に関係なく道路として利用できそうです。雪


改修工事の進捗との関係で最終仕上げはまだ残されています。
posted by 古平福祉会れい明の里 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告