CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年03月 | Main | 2011年05月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
佐藤大作
帰還 (03/17) 大塚
帰還 (03/17) 佐藤大作
お詫び (03/16) 大塚
お詫び (03/16) 大塚様
出発延期 (03/16) 大塚
出発延期 (03/16) 佐藤大作
力を合わせて (03/13) 永野里菜
力を合わせて (03/13) 佐藤大作
現地状況 (03/12) tabuchi
現地状況 (03/12)
理事長からご報告 [2011年04月28日(Thu)]

2011年4月24日午後1時、我がRDTAを代表する名救助犬”ランディー号”が天国に旅立ちました。

ランディーは、この度の東日本大震災に3月12日より出動、宮城県名取市のベースキャンプから、亘理町、坂元町で捜索に当たりました。胸までつかる水の中、生存者を求め長時間過酷な任務を成し遂げて3月17日帰還いたしました。

翌週3月23日より体調を崩し入院、溶血に伴う血尿、貧血、黄疸がみられ、輸血その他あらゆる治療を受けました。獣医師の懸命の治療のお陰で4月中ごろには貧血や黄疸も少し収まり食欲やお腹の状態も良くなってきて明るい兆しを感じていましたが、4月24日容態が急変し午後1時永眠いたしました。

ランディーはジャーマンシェパードとしては、稀にみる温和な性格で小さな子どもからお年寄りまで多くの方々に愛されて、沢山のフアンを持っていました。その能力は、2007年日本代表として出場したオーストリア・アイゼンシュタッドの救助犬世界大会において発揮され、見事17位入賞を果たしました。 それまで低迷していた日本の救助犬関係者に希望の光を与えてくれました。数々の出動実績と福祉活動もランディーが我々に与え残してくれた大きな功績です。犬は人が育てるものと思いがちですが、名犬は人を育ててくれるのだと私はランディーから教わりました。

ランディーのパートナー村山健太は今や誰もが認める優秀な救助犬ハンドラーですが、彼はランディーと過ごした8年間で大きな経験と実績を積み上げる事が出来たと思います。私には教えてあげる事の出来ない挫折感や悔しさ、それを乗り越えた喜びと自信の全ては、彼がランディーと二人で掴んで培ったものだと思います。

ランディーとの思い出は尽きず、込み上げてくる哀しみはまさに大切な友を無くした思いです。彼の死は、RDTAにとっても、我々救助犬を愛する者すべてにとっても大きな損失と感じております。長年にわたり救助犬の活動にご理解とご支援をくださっている所有者の武内様を始め応援くださる皆様に感謝し、共にランディーの冥福を祈りたいと思います。

特定非営利活動法人救助犬訓練士協会 理事長 村瀬英博
Posted by 佐藤 大作 at 09:55 | コメント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ブログマガジンに紹介されました [2011年04月10日(Sun)]

日本財団ブログマガジンに
「凄惨な現場に救助犬も出動 宮城では老夫婦を救助」
と言うタイトルでご紹介いただきました。

今回、私どもRDTAが被災地に出動した報告を
早速マガジンにてご紹介くださいました。

日本財団様には日頃から私どもの活動にご理解をいただき、
助成金など多岐にわたりご支援を頂いています。
この場をお借りして御礼申し上げます。
Posted by 佐藤 大作 at 09:53 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
試験・セミナー中止のお知らせ [2011年04月06日(Wed)]

 かねてよりご案内申し上げております国際救助犬試験並びに救助犬トレーニングセミナーを中止せざるを得ない状況になりましたことをお知らせすると共に謹んでお詫び申し上げます。
 
 4月6日、国際救助犬連盟IROより、放射能汚染による人員の安全が保障されないこと、及びヨーロッパからの直行便が成田に入らないことなどを理由にセミナー講師、試験審査員全員の派遣を中止する旨、連絡が入りました。折りしも東北太平洋沖地震が未曾有の大災害をもたらし、復旧もまだままならない状況下ではありますが、今般の試験、並びにセミナーには、私どもの予想を超えるお申し込みをいただき、スタッフ一同この時期の開催は間違っていなかったと勇気付けられる思いで準備に当たっておりました。突然の連絡に開催の可能性を探るべく協議を重ねました。国内のIRO公認審判3名によるセミナー、試験の開催も検討いたしました。しかし国際試験としての意義を尊重し、真に残念ではございますが中止せざるを得ないとの結論に達しました。

 各位におかれましては、ご多忙の中日程をご都合いただいたにもかかわらず、このような結果になり大変申し訳ない事と存じますが、何卒事情ご賢察賜りご容赦くださいますようお願いもうしあげます。なお、既にお支払いいただいております参加料は急ぎ返金の手続きをとらせて頂きます。ご負担いただきました入金時の送金手数料などはご容赦くださいますようお願い申し上げます。
 
なおこの度の震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げると共に、被災された皆様の一日も早い復興を祈念いたします。


    特定非営利活動法人 救助犬訓練士協会(RDTA)
      理事長 村瀬 英博
Posted by 佐藤 大作 at 23:20 | ニュース | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)