CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 成果物 | Main
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
佐藤大作
帰還 (03/17) 大塚
帰還 (03/17) 佐藤大作
お詫び (03/16) 大塚
お詫び (03/16) 大塚様
出発延期 (03/16) 大塚
出発延期 (03/16) 佐藤大作
力を合わせて (03/13) 永野里菜
力を合わせて (03/13) 佐藤大作
現地状況 (03/12) tabuchi
現地状況 (03/12)
水難救助犬試験が長野県地元紙3誌に掲載! [2015年09月03日(Thu)]

20150903101535.jpg20150903101604.jpg20150903173845.jpg

9月1日の水難救助犬試験の様子が、市民新聞、信濃毎日新聞、長野日報の3誌に掲載されました。
Posted by 大島かおり at 18:00 | 救助犬試験 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
IRO公認国際救助犬試験のご案内 [2014年03月12日(Wed)]

RDTA 第20回 IRO公認国際救助犬試験
(IROワールドチャンピオンシップ代表選考会)
を以下の通り開催致します。

日 時・・・ 2014年5月16日(金)・17日(土)・18日(日)
場 所・・・ 「第20回IRO公認国際救助犬試験会場」
        長野県諏訪郡富士見町堺12067・富士見高原リゾート
主 催・・・ NPO法人 救助犬訓練士協会(Rescue Dog Trainers’Association)
審査員・・・ IRO(国際救助犬連盟)より派遣の国外審査員2名(予定)
       ※審査員は、出場頭数によって変更があります。

《試験内容》
国際救助犬試験規定(IPO−R)に準ずる。(最終判断は審査員の権限による。)
●適性試験(RH-E)瓦礫
●瓦礫捜索(RH-T)A・B段階
※公開練習は有りません

申込締切・・・ 4月4日(金)必着  
        (出場料を添えて現金書留でお申し込み下さい。)

《出場資格等》 
●適性・・生後14ヶ月、A段階・・生後18ヶ月以上、B段階・・生後19ヶ月以上
●血統書有無に関らず健康状態が良好な狂犬病予防接種済の犬
●A段階試験はどなたでも受けられます。
●B段階受験はA段階合格犬のみです。
●A段階合格後、RDTA認定犬登録を希望される場合には、指導手、所有者ともにRDTAに入会が  必要です。(RDTA認定犬の登録料は3,000円(2年毎更新)となります。)
●1頭の出場犬には1名の指導手しか認められません。
●審査員は審査を中断する権限を持ちます。
●発情犬は、全ての審査終了後に審査を行ないます。
●会場内で発生した事故およびトラブルには主催者は責任を負いません。
●訓練手帳をお持ち下さい。
●頭数とスケジュールにより、再試験を行う可能性も有ります。
●IRO公認の試験になりますので、IRO本部に提出する申込書と当協会の申込書の2枚にご記入 下さい。(記入もれのないようお願いします。)
●救助犬試験では全受験犬に「個体識別義務化」(耳入墨またはマイクロチップ)が導入されました。受験犬は必ず耳入墨またはマイクロチップを施して受験してください。
●試験及び試験案内の内容は変更になる場合があります。

※尚、IROの会員の方で、本試験の総合点数を270点以上取得された方は、ワールドチャンピオンシップへの出場権が得られます。


お問い合わせ、お申込み、詳細等はメールにてお問い合わせください。
折り返し申込書などをメール添付でお送りさせて頂きます。

特非)救助犬訓練士協会事務局
hq@rdta.or.jp