CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 予定 | Main | 成果物»
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
佐藤大作
帰還 (03/17) 大塚
帰還 (03/17) 佐藤大作
お詫び (03/16) 大塚
お詫び (03/16) 大塚様
出発延期 (03/16) 大塚
出発延期 (03/16) 佐藤大作
力を合わせて (03/13) 永野里菜
力を合わせて (03/13) 佐藤大作
現地状況 (03/12) tabuchi
現地状況 (03/12)
理事長からご報告 [2011年04月28日(Thu)]

2011年4月24日午後1時、我がRDTAを代表する名救助犬”ランディー号”が天国に旅立ちました。

ランディーは、この度の東日本大震災に3月12日より出動、宮城県名取市のベースキャンプから、亘理町、坂元町で捜索に当たりました。胸までつかる水の中、生存者を求め長時間過酷な任務を成し遂げて3月17日帰還いたしました。

翌週3月23日より体調を崩し入院、溶血に伴う血尿、貧血、黄疸がみられ、輸血その他あらゆる治療を受けました。獣医師の懸命の治療のお陰で4月中ごろには貧血や黄疸も少し収まり食欲やお腹の状態も良くなってきて明るい兆しを感じていましたが、4月24日容態が急変し午後1時永眠いたしました。

ランディーはジャーマンシェパードとしては、稀にみる温和な性格で小さな子どもからお年寄りまで多くの方々に愛されて、沢山のフアンを持っていました。その能力は、2007年日本代表として出場したオーストリア・アイゼンシュタッドの救助犬世界大会において発揮され、見事17位入賞を果たしました。 それまで低迷していた日本の救助犬関係者に希望の光を与えてくれました。数々の出動実績と福祉活動もランディーが我々に与え残してくれた大きな功績です。犬は人が育てるものと思いがちですが、名犬は人を育ててくれるのだと私はランディーから教わりました。

ランディーのパートナー村山健太は今や誰もが認める優秀な救助犬ハンドラーですが、彼はランディーと過ごした8年間で大きな経験と実績を積み上げる事が出来たと思います。私には教えてあげる事の出来ない挫折感や悔しさ、それを乗り越えた喜びと自信の全ては、彼がランディーと二人で掴んで培ったものだと思います。

ランディーとの思い出は尽きず、込み上げてくる哀しみはまさに大切な友を無くした思いです。彼の死は、RDTAにとっても、我々救助犬を愛する者すべてにとっても大きな損失と感じております。長年にわたり救助犬の活動にご理解とご支援をくださっている所有者の武内様を始め応援くださる皆様に感謝し、共にランディーの冥福を祈りたいと思います。

特定非営利活動法人救助犬訓練士協会 理事長 村瀬英博
Posted by 佐藤 大作 at 09:55 | コメント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
お礼 [2011年03月20日(Sun)]

東北地方太平洋沖地震に係わる一連の書き込みに対し、
数多くの方々に呼応いただき、
皆様のサイト、ブログ、twitter、あるいは
facebook、mixiに代表されるSNSなどを通じて
「救助犬が頑張っています」などの書き込みや
私ども特定非営利活動法人救助犬訓練士協会RDTAへ
リンクを張っていただくなどのご支援を頂きました。

おかげさまで、当ブログは多くの方々にご訪問いただき、
「救助犬」が、海外のみならず国内でも数多く活躍している。
という認知に繋がったものと確信しております。
これも皆様のご支援の賜物です。
ありがとうございます。
この場を借りて御礼申し上げます。

私どもRDTAも含め救助犬育成団体の殆どは
皆様からのご寄付や助成金など、
あるいは大勢のボランティアの方々によって
支えられ運営しております。

これからも救助犬の普及育成に努め、
有事の際にはいち早く出動し、救助の助けとなるよう、
精進してまいりますので、
ご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
Posted by 佐藤 大作 at 10:27 | コメント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
お詫び [2011年03月16日(Wed)]

読者の皆様へ

今回の東北関東大震災関連の私の書き込みが、
不確定な情報により結果二転三転し、
皆様に混乱を招く元になってしまいました。

現地情報を、そしてRDTA救助隊の情報を、
少しでも皆様にお伝えできれば、
と思い情報提供を続けておりますが、
情報交錯する中、希望的観測も含めて書き込みをした為に、
要らぬ心配をお掛けしてしまいました。

各位にご迷惑をお掛けしましたことを
この場をお借りしてお詫び申し上げます。
申し訳ございません。

今日の帰還予定もまだ不確定ですが、
希望を持って待ちましょう。

なお、このブログの書き込みをしております
私、佐藤大作は後方支援ボランティアで、
RDTAの神奈川事務局ではなく
長野県諏訪郡富士見町から情報を発信しています。
RDTA公式ブログでありますが、
緊急時のため私個人の判断で書き込みをしています。
私の元で不足する情報、または誤った情報などございましたら、
RDTA事務局宛hq@rdta.or.jpにメールをお願いします。
      
      佐藤大作
Posted by 佐藤 大作 at 09:51 | コメント | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
備え [2011年03月06日(Sun)]

NZ地震の捜索終了が伝えられました。
思うような成果を上げられず、
落胆する捜索隊や関係者の方々の様子が
TVに映し出されていました。
皆さんの無念は想像に難くないでしょう。

今回、私たち救助犬訓練士協会RDTAとしては、
捜索に直接携わる事は出来ませんでしたが、
「有事への備え」としての訓練を、
図らずも実践する事が出来ました。

世界の何処で災害が発生するか、予想は困難です。
NPOボランティア団体として「捜索・救助」を謳っています、
「その時」への備えを怠る事は出来ません。
これからも犬の能力を信じ、犬との協働を模索し、
訓練を続けてまいります。

今回の地震で命を落とされた皆様のご冥福をお祈りし、
被災された皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。
救助に当たられた皆様おご苦労様でした。

今回の一連の書き込みに呼応して
ツイッター、ブログ、SNSなどで発言してくださった皆様、
ありがとうございます。
皆様の応援が私共の活動の支えです。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
Posted by 佐藤 大作 at 09:37 | コメント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
嬉しい知らせ [2011年02月25日(Fri)]

ニュージーランド・クライストチャーチでは
今も懸命に救助作業が続けられています。
生存が絶望視される報道もあります。

そんな中、NZ在住の友人から嬉しいニュースが届けられました。

 今日お昼にラジオで救助犬が生存者を発見し、
 無事救出されたと言ってました、
 救助犬ってすごいですね!

うん!救助犬て凄いんだぜぃっ!!

まだ希望を捨ててはいけません。
現地では小雨が降っているとニュースは伝えていました。
瓦礫が水を吸って重くなり、除去作業が困難になると・・・

しかし幸い、NZは今割合に暖かい季節です。
場合によっては、この雨が水分補給につながり、
脱水症状を緩和して生きる力を与えてくれるかもしれません。

頑張れ救助隊。
生存者の皆さん、待っていてね。
遠く日本の地から声援を送ろうではありませんか。
Posted by 佐藤 大作 at 09:03 | コメント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
生きていてほしい [2011年02月24日(Thu)]

ニュースなどで既知の方も多いと思いますが、
日本からの国際緊急援助隊も捜索を開始しています。
警視庁の警備犬も救助犬として3頭が参加しましたね。

日本だけでなくオーストラリアはじめ
各国の救助隊が活躍しています。
一刻も早く生存者の方々が救出されるのを、
ただただ祈るばかりです。

そして、警視庁の警備犬も
折角救助犬として現場に投入されたわけですから、
活躍し、成果を挙げてくれることを、
同じ救助犬を応援する身として期待せずには居られません。

がんばれ!救助隊。
急げ!犬たち。
みんな、生きるんだ!今助けが向かっているぞっ!
生きていれば、犬も機械も生体反応をきっと見つけ出す!
Posted by 佐藤 大作 at 10:17 | コメント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
中国四川省地震への対応 [2008年05月20日(Tue)]

5月12日に起こりました中国四川省大地震に対し、RDTAでは韓国のIRO加盟団体である韓国サムソンチームからの呼びかけで出動準備をしておりましたが、韓国赤十字から中国赤十字を通して中国政府にたいし、サムソンが出していた民間での出動申請が拒否されたため、当会の出動準備態勢も解除となりました。震災で亡くなられた多くの方々に対し、謹んで哀悼の意を表します。  2008.5.20 RDTA