CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
検索
検索語句
【活動報告】発達障害in広茶話会R1.6.14 [2019年06月26日(Wed)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。  

6月14日広市民センターの4階にある広協働センターの会議室で行いました、発達障害のお子さんを育てている保護者の茶話会を行いました。

【編集済】発達障害広2 R1.6.jpg
参加して下さった方からは、「よい話が沢山聞けました」「子育てについて話せて良かった」とご感想をいただきました。

【編集済】発達障害広R1.6..jpg
少人数で開催しておりますので、安心していらしてくださいね! 




☆らぽーるのホームページには、活動のお知らせ、NPO法人の詳細などが掲載されています。
イベントへのお申込みフォームもございますので、宜しければご覧になってくださいね!  
【活動報告】発達障害DVD学習会R1.6.21 [2019年06月24日(Mon)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。  


昨日(6月21日)に行いました、発達障害DVD学習会の様子をご報告させて頂きます。
※DVD発売元に許可を頂き開催しています。
【編集済】R1.6.21DVD学習会2 .jpg


さて、今回のDVDは発達障害の当事者(アスペルガー)の村上由美さんが、発達障害の専門家(言語聴覚士)として日頃関わっているお子さんのことや、ご自身の経験談をふまえて解りやすく「発達障害の人づきあい」についてお話をされていました。

人づきあいで必要となる言語=言葉についても、わかりやすくお話をされています。

ほ〜〜〜ぉと思う事や、なるほど〜〜と思うことなど
今回も沢山目からうろこがポロリと落ちました。

人と違っていることを理解する。

小さい子どもには理解することが難しいことだと思いますが、発達障害の子ども達は年齢が上がっても、自分が思っていることは人も同じように思っている。と理解(勘違い)していることが多いようです。

他者と自分の違いを定型発達の子どもと少し遅れて気づく発達障害の子もいるようですが、早めに他者と考えや思いが違うことを、知る(理解する)ことがコミュニケーション支援において大切なことかもしれないなぁ…と思いました。 
1{} R1.6.21DVD学習会1 .jpg



以下に頂いたご感想をご紹介させて頂きます(掲載許可のあるもののみ)

・「助けてもらったことに気づいていない、相手に合わせてもらっていることに気づいていない」そうだなと思いました。
「同調圧力」の少ない環境になればいいと思いました。


・発達障害の「困り感」「困難さ」が具体的で分かりやすかったです。
まずは、相手を知る、理解していくということで、どういう支援が必要か、また支援のポイントも分かりやすくて良い学びになりました。ありがとうございました。


・ライフステージによる変化に即した人間関係という所はささりました。
一つ一つクリエできたいたように思えていた事が、年を重ねる事で思い返す事になったり、さらに深く問題になったりと日々苦しく思える事がありました。
伝えても伝わらないもどかしさもあり、他者とのコミュニケーション能力をつけるにはやはり傷つきながらも経験しかないのかと思う。


参加して下さいました皆さま、ありがとうございました。


☆らぽーるのホームページには、活動のお知らせ、NPO法人の詳細などが掲載されています。
イベントへのお申込みフォームもございますので、宜しければご覧になってくださいね!
【活動報告】ファンタジーマネジメントから学ぶ会R1.6.15 [2019年06月20日(Thu)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。  


先週の土曜日(6月15日)に開催いたしました、「ファンタジーマネジメントから学ぶ会」のご報告をさせて頂きます。

この会は、小栗正幸先生のご著書「ファンタジーマネジメント」を学ぶための会です。

本には沢山書かれているのですが、小さい文字でびっしり濃い内容で書かれています。
(画像右側の本を使用しています)
af3aa325-s.jpg
 
それを保護者さんにも分かりやすく、先生の体験と本の内容を重ね合わせて、更にかみ砕いて教えてくださるのが東広島教育委員会スクールソーシャルワーカーでもあり、当法人の理事竹岡訓子先生です。

竹岡先生のご紹介はこちら

b0dcf2aa-s.jpg

小栗先生と竹岡先生、スペシャリストの先生お二人を通して、私たちが実践できることを身に付けることができる贅沢な会となっています。


2019.6.15ファンタジーマネジメント1.JPG

参加された方の掲載許可を頂いたご感想を掲載いたします。
参考になったところ、興味深いところ、実際の生活の中でどのように活かせたかなどをお聞きしています。 


・快か不快かというキーワードは、子供たちには入りやすいなど全くその通りだと感じられ、早速日常に取り入れてお互いが快になるようなやり取りを心がけようと思います。 

・肯定的なフィードバックに心がけてコミュニケーションに気を付けていたら信頼関係が築ける出来事があり今後も実践していこうと思います。

・道徳感覚で「よいこと・悪いこと」の判断がつきにくい子も「損得」で考えると理解しやすいこと、快と不快を具体的に言葉のやりとりで伝えるといいうのは是非やってみます。

・不安をぶつけることが多かったのに、なるべく快の言葉づけを練習のおかげで多少はできるようになりました。快のフィードバックがあるようになりました。 

・損得を考えさせるところ。

・学びがまだ体にしみついていない、頭では少しずつ解ってきたような気がするが行動になかなかでない。

・学べば学ぶほど奥が深いなと思いました。学び始めなので、これから沢山まなんでいけたらなと思います。 

・相手にとって「快」なことは、自分にとっても「快」という言葉が心に残りました。心がけたいです。自分に素直になって大きな歩幅で歩きたいです。  

・少し主人にゆっくり声掛けしています。時々早口でいうと「そんな風に言わんでも」と言われます。

・肯定的フィードバックが大切ということを再現できた。 

・肯定的な言葉は深い言葉じゃなくてもOKだと思います。朝の「カッコイイ」という言葉かけから親子の関係が改善しました! 
【修正済】2019.6.15ファンタジーマネジメント3.jpg


この毎回10名前後の参加を頂く、らぽーる一押しのイベント。
毎回毎回、とても深い内容の学びになっています。 

多忙な竹岡先生と会場の空き都合で毎月開催できないのがとても残念ですが・・・是非ご都合が合われる方は一度いらして下さいね。  



☆らぽーるのホームページには、活動のお知らせ、NPO法人の詳細などが掲載されています。
イベントへのお申込みフォームもございますので、宜しければご覧になってくださいね!  





【活動報告】発達障害小栗先生講演会R1.5.20その2 [2019年06月09日(Sun)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。  
【編集済】0520全体画像3.jpg

先月行われました小栗正幸先生の講演会のご報告の続きをさせて頂きます。
午前は講義型、午後は参加者さんからのご相談コーナーとなりました。
相談された方の心があたたたかくなるような返答をされた小栗先生がとてもステキでした。 

0520小栗先生2.JPG

頂いたご感想の残り半分は以下の通りです。


・子ども2人について少し話を聞いていただきました。他の家族の方が成人してからの悩みを話されていたのを聞いて、今ではなくもう少し先をみながら今を考えていけたらいいと思いました。

・恥ずかしくて話せませんでした福山市からなかなか遠いですが、次回福山も楽しみにしております。
※注 他団体さんが福山で小栗先生をお呼びになることを書かれています。

・先生のお話も皆さんのお話もとても良かったです。

・子どもの将来について大きな心で見ていこうと思えるようになりました。引きこもりはしていないのですが、発達障害があるので生きづらさを感じながら生活しているのを、思い悩むより、色々な情報を入れていきたいと思います。

・二次障害についてもう少しお話を聞きたいです。父親がおそらく知的より自閉症で二次障害のかたまりなので


・午後からは参加している人のケースを元に色々お話を具体的に聞けてよかったです。

・何度か先生の講演は聞いているので、また次もケースを交えてのお話をして頂けるとうれしいです。遠くから来た甲斐がありました。ありがとうございました。


・本人の言っていることに真正面からぶつからない。口癖たわいごとであると思うこととアドバイスをいただき、少し気持ちが楽になりました。悩みは私だけではないと知りよかったです。少し希望が見えてきました。


・こだわりにこちらが巻き込まれないようにすることがわかりよかった。家でもやってみます。自分のこだわりを捨てるようにしたいです。


7月に再度小栗先生がいらして下さいますので、平日の参加が難しい方は、是非そちらにいらしてくださいね!
チラシ.jpg
【活動報告】発達障害小栗正幸先生講演会R1.5.20その1 [2019年06月08日(Sat)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。  


先月行われました小栗正幸先生の講演会のご報告をさせて頂きます。
0520演題.JPG


小栗先生の講演会は今年度3回目になりますが、年3回同じ先生を迎えての講演会は、他所では見られないことです。

そして、午前午後1日かけて行う講演会も今回で2回目になりました。
1回目にも参加して下さった方、そして今回参加して下さった方など様々な方が参加して下さいました。

お忙しい中、ご参加くださいましてありがとうございました。

小栗先生、そして参加者の皆様のご協力があり、今回も暖かい雰囲気に満たされた会場となりました。
頂いたご感想の中から掲載許可を得ているものを2回に分けてにご紹介させて頂きます。

0520小栗先生1.JPG


・気持ちがわからない子への具体的な伝え方が今後役に立ちそうです。本人にそのことを純分に言語化してもらう→された人はイヤだと思うけどあなたは?→じゃああなたがされたらどう?→自分はイヤなんだ、他の人もそうなんだよ。と段階をふんで伝えるということ。目からうろこでした。

・不登校だからこそ人と関わらせた方がいいのだろうとばかり思っていましたが、知らないからこそ本人の不得意なことを取り組ませるところでした。ありがとうございました。

・先生の話を聞いているだけでも、気持ちが明るくなり、希望が持てます。講演して下さってありがとうございます。

個人的に質問して、自分としては社会的(世間的)にどう位置づけられるか(本人のこと)がわかってよかった。

・年齢的にではなく遅咲きの花と思いながら心の中で応援していつづけようと思う。

・理数系の小栗先生と理数系の息子の考え方が一致していて面白かったです。

・ですが感謝していることで息子も無言ながらいつか感謝できる事と思います。

・スクールソーシャルワーカーのスーパーバイザーの酒井先生から小栗先生の話をすすめられ、参加させて頂きよかったです。

・子どものこだわりに「こだわらない」や傾聴や受容がこだわっていることになっていることなど、見方がかわりました。また、ご本を読ませて頂いたりお話をきかせて頂ければと思います。


・「こだわり」にこだわらない。的外れを有効活用するなど名言が沢山あって、とても感激しました。とても勉強になりました。


・小栗先生の言葉にたくさん元気をいただきました。子どもと向き合うとき先生のことばを思い出しながら今日からまたぼちぼち応援してやろうと思います。ありがとうございました。

・具体的な対応を聞かせてもらえてよかったです。メタ認知のお話がよくわかりました。

・深刻な話を笑いに変えていく先生が素敵でした。


ありがとうございました。続きは次回に

とっても素晴らしい内容でした、7月に再度小栗先生の講演会がございますのでそちらにもいらしてくださいね!
チラシ.jpg
【活動報告】ペアレントトレーニング(親子のコミュニケーション)R1.5.30 [2019年06月02日(Sun)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。  


先週の木曜日30日に開催いたしました、ペアレントトレーニング「コミュニケーション講座」のご報告をさせて頂きます。

一般的な発達障害児を育てている保護者向けのペアレントトレーニングは多くの場合が連続して学んでいきます。 認知行動療法を用いている為、実際に学んだことを活かす、振り返りをする、これらがとても重要になってくるため連続したものが多いのですが、なかなか10回続けてくることが難しいおかあさんたちにも是非ペアトレを受けて頂きたいと思い、今回実施させて頂きました。

以前らぽーるでペアトレをお伝え(教えて)させて頂いていたので、私は内容をよく知っています。
今回のペアトレはそれらとは全く違った内容で進めていますが、親子にとってとても大切なコミュニケーションについてお伝えいたしました。


会場で実践をして、体感していただくことで、家に戻られても学んだこと体感をしたことを意識して、お子さんとの良い関係を作ることが出来ると信じています。

様子を写真に写すことが出来ませんでしたので、頂いたアンケート(ご感想)の画像をアップさせて頂きました。

ペアトレ感想 5月30日.jpg

・気づく部分が沢山ありました。
聞き流された時、聞き流す時は、つまんなかったりさみしかったです。
子どものそんな気分でいたのかと思うとさみしい思いをさせていたんだと思います。今からは子どもの話を聞いて相槌を上手に使いたいと思います。 
友人や知人にも聞き上手になりたいです。わかりやすかったです。


・今回も子どもの対応について勉強ができました。
これからはしっかりいかしていきたいです。


・いろんな子どもの気持ちが分かり、子供にやさしく話が聴けそうです。
いろんなタイプの子どもがいるのも分かりよかったです。
インリアルアプローチなどのコミュニケーションの取り方などすごくためになりました。
自分のこともよくわかりました。


・子どもが話しかけてきた時に、けっこう片手間に聞いたり、聞き流したりしていたなーと気づきました。
今日役割を交代してやってみて聞き流された時のさみしさ悲しさを体感できて良かったです。
子どもが話しかけてきた時には、きちんと向き合って良く聴いて今日習ったスキル(目線を合わせる、ほめる、労う、オウム返し・・・・)を心がけようと思いました。ありがとうございました。


・話かけてきたらしっかり聞き、その時の適切なアドバイスができるよう、まず自分の人生を楽しんで充実していこうと思います。


沢山の気づきを書いてくださってありがとうございました。

☆らぽーるのホームページには、活動のお知らせ、NPO法人の詳細などが掲載されています。
イベントへのお申込みフォームもございますので、宜しければご覧になってくださいね!  

【発達障害】大人の発達障害当事者茶話会 R1.5.26 [2019年06月01日(Sat)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。  


月に1度らぽーるでは、大人の発達障害(自己申告可)当事者さん向けの茶話会を開催しています。
そこには支援者さんは参加されません。

当事者による当事者のための当事者会をモットーにしています!

今回は、いつものスタッフが担当できないため、私(当事者)がピンチヒッターとして準備をさせて頂きました。

私自身、いつもはくれ協働センターで活動をしているので、何が何やら勝手がわからずモタモタしていたのですが・・・参加して下さった皆様にお手伝いをして頂き、無事なんとか初めての経験!終わることができました。

助けて頂き、ありがとうございました♪ 



らぽーる通信や小栗先生のチラシもお渡しして、しっかりと宣伝(笑)! 

画像はアンケートを書いて頂いている様子(手のみだけど(笑)です。

【修正済】5月大人当事者会.jpg
日曜日は、近いところ、遠いところから参加して下さり、ありがとうございました♪ 

どんなお話をしたのかは・・・ヒミツ♪です。
もしお聴きになりたい方は、是非一度参加されてみてくださいね! 


掲載の許可を頂いているご感想をご紹介いたします。
・今日は楽しかったです。ありがとうございました。

・沢山発言することはできなかったけれど、大事なところだけは発言することができたので良かった。


すみません・・ワタクシ喋りすぎましたかね(;^_^A 

また宜しかったら(気が向かれましたら)、参加してくださいね〜 ♪ 


☆らぽーるのホームページには、活動のお知らせ、NPO法人の詳細などが掲載されています。
イベントへのお申込みフォームもございますので、宜しければご覧になってくださいね!  


最後に宣伝です!
参加者募集中〜〜♪ 
チラシ.jpg