CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーるのお知らせ

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


【活動報告】ファンタジーマネジメントから学ぶ会 [2018年12月06日(Thu)]
こんにちはNPO法人らぽーるの長尾です。


第3回目の「ファンタジーマネジメントから学ぶ会」を11月24日に開催いたしました。
講師はらぽーるの理事でもあり東広島教育委員会スクールソーシャルワーカー、元保護司であり現在も広島少年院の篤志面接員もされています。

takeoka.t1.jpg


ファンタジーマネジメントはこちらのブログでも以前紹介させて頂いた小栗正幸先生のご本です。その本を用いて竹岡先生が経験されてこられた事例などを使われ私たちに教えてくださっています。


今回第3回目は、第1、2回目の復習を行いました。 
支援の必要なお子さんや指導の難しい子の多くは、メタ認知が不調(獲得できていない)なお子さんが多い。

このメタ認知とは、自分の感じ方や考え方を自分以外の目線で見つめなおすことができる高次な認知、また自分とは違う考えを持つ人がいるという事を想像する力のこと。 

メタ認知獲得をする阻害要因のひとつとして発達障害が関係しています。また発達障害のほかにも虐待経験があったり、うまくいかない経験を沢山しているとメタ認知は獲得しずらくなります。 

メタ認知の不調からコミュニケーションが不調になっていく。友達とのトラブルや関係の難しさなど、更には学校の先生との関係も作りにくくなる現象が起こるわけです。不登校などの原因になる可能性もあります。

takeoka.t2.jpg


今回の学ぶ会は参加者もいつもの半分程度だったため、それぞれの振り返りなども行い。深い学びの時間となりました。 

以下は頂いたご感想です。(掲載許可のあるもののみ) 

・自己紹介の練習で嬉しい言葉をもらってうれしかった。

・今回もより深い内容を理解して身につけていけるのでは?という気持ちにさせてもらいました。ありがとうございました。

・感覚って対移設なのですね。
相手を大切に思うことばをつたえていきたいです。

・自分のことをたなにあげてTVに文句ばかり言っているダンナ、うんざりします。うまく会話をつなげたいです。 

・以前リストカットをされる方とお友達でした。「リストカットは生きていることを確かめているんだよね」的はずしできていたのかなぁ。

・認知症のある方との会話が目標です。行動・言語に自分がまきこまれないことも目標です。 

来月は第4回目、12月22日(土)10時〜12時 くれ協働センター会議室にて開催します。 
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1410869
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

らぽーるさんの画像
http://blog.canpan.info/rapport/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rapport/index2_0.xml