CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
【活動報告】DVD学習会アセスメントWISCを支援に活かすR1.9.27 [2019年10月08日(Tue)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。  



9月分の活動報告が大変遅れて、今月に入ってまとめてご報告をさせて頂いております。


9月29日にDVD学習会【アセスメントの結果を支援に活かす WISCーWを中心に】を開催いたしました。

講師は梅花大学心理子ども学部心理学科教授の伊丹昌一先生です。

こちらのDVDはジャパンライム株式会社さんから、NPO法人らぽーるが購入させて頂き、ジャパンライムさんにご許可を頂き、法人の中での勉強会で使用をさせて頂いております。

DVD.jpg



多くの方がご存じの通り障害名は同じでも、子ども大人一人一人の困り感は違います。
また支援の方法なども微妙に変わってきます。 
支援者が基本的なことを踏まえ(知っておいて)個別に関わって行くことの大切さを改めて実感いたしました。 

参加して下さった皆様からのご感想を記載いたします。

・アセスメント大切だと知りました。
1人1人に対応する大切さを知りました。


・具体的なWISC検査の話を聞けて、我が子の検査結果と合わせ理解することができました。
具体的な事例も参考になりました。


・まだまだわからないことばかりです。
「なんとなくわかった?!」レベルです。
1人では考えられない内容なので、学校や支援の方と協力して、どう支援していけば考えていきたいです。
とにかく実行⇒アセスメント⇒修正⇒実行 繰り返していきたいです。


・検査の解決だけでなく、子供の支援の考え方等も入っていたので非常にためになった。

・WISCの内容について、おおまかに理解できました。
下位検査の結果について、なかなか具体的にくわしい内容までは教えてもらえないと思いますが、わかれば支援に活かせることが学べました。



多くの方は、WISC検査のことはご存じですが、検査結果をどのように生かして行けばよいのか? なかなか難しく理解できないこともあるかと思います。
今回のDVD学習会で少しでも学び、理解されて生活に活かして言って頂ければ幸いです。


お忙しい中、参加して下さった皆様ありがとうございました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント