CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

鳥取『らっきょうの花』へようこそ!

 じっとして居られない、忘れ物が多い、片付けられない、遅刻が多い、人とうまく付き合えない、頭はいいのにお勉強や仕事が上手くいかない、学校や会社に行きたいのに行けない・・・。
 そんな日常に『困っている子・大人』や、『発達障がい』を抱える方は居ませんか?

 私達はそんな『困り感を抱える子を支援する親の会』です。


【2月19日研修会】満席となりました [2017年02月18日(Sat)]
2月19日(日)開催の【サポートツール全国キャラバン2016「教材教具研修会」in鳥取】
お陰様で「満員御礼」となりました。


まだまだ残雪の多い鳥取市です。
皆様、交通事情等、十分にお気を付けてお越し下さいませ。
明日、お待ちしております。

新日本海新聞
http://www.nnn.co.jp/odekake/detail.html?eid=41001

ブログ
http://blog.canpan.info/rakkyou87/archive/144
残席が10名を切りました [2017年02月08日(Wed)]
2月19日(日)開催の【サポートツール全国キャラバン2016「教材教具研修会」in鳥取】
お陰様で、お申し込み多数により、残席が10名を切りました。
お早めのお申し込みをお待ちしております。

イベント新日本海新聞
http://www.nnn.co.jp/odekake/detail.html?eid=41001

ハートブログ
http://blog.canpan.info/rakkyou87/archive/144
日本海新聞様に取材頂きました [2014年11月28日(Fri)]
 日本海新聞様に本会を取材頂きました。
―――――

はぐくむ−子育て王国の今 第6部「つながる」(2)
http://www.nnn.co.jp/news/141126/20141126007.html

Scan0004.jpg


かわいい「困り感」を話せる場

 「子どもの特性に合った勉強法を見つけて」「否定ではなく肯定的な言葉で伝えること」−。今月、鳥取市内で開かれた「困り感を抱える子を支援する親の会/らっきょうの花」の定例学習会。この日の題材は、発達障害の理解啓発や情報発信のために鳥取県が制作した啓発DVDと冊子だ。発達障害の種類や周りの接し方、育て方を分かりやすく追った内容に、うなずく保護者やメモを取る支援者の姿があった

かわいい心の内を話す

 自閉症などの広汎性発達障害やADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)などを含む発達障害は、脳機能の発達が関係する生まれつきの障害。落ち着きがないなどの症状があるが、適切な療育で社会に適応する能力を身につけられることが分かっている。

 同会は当事者として啓発DVDと冊子の制作に関わってきた。代表の斉藤里依さん(47)は「親の会が参画できたこと自体がうれしいし意義あることですよね」と喜んだ。

 斉藤さんが会を立ち上げたのは2007年。発達障害は外見で分かりづらく、「わがまま」などと誤解されることもある。「周りに悩みを話せる環境がない親もいる。少しでもしんどさが下ろせる場になれば」と思いを語る。

 斉藤さんの息子(23)には、文章は難解でも理解できるが文字を書くのは苦手という発達障害がある。診断名はアスペルガー症候群。最初はADHDと言われた。「診断名と子育てに振り回され、へとへとだった」

 ADHDに良いとされる育児を実践してもうまくいかず、「違うんじゃないか」と医師に訴えると怒られることもあった。斉藤さんはインターネットで同じような経験を持つ親を見つけ、心の内を吐き出す日々を送った。

 息子が9歳の時に県東部の親の会に入会。その後、息子が不登校になるなど苦しい時期も送ったが、周りの母親の支えもあって乗り越えた。発達障害を取り巻く法的環境整備を目指して奔走し、仲間は全国に。そんな中、全国LD親の会の鳥取県支部として、さまざまな「困り感」のある子や保護者を支援しようと同会を設立した。

かわいいほっとした

 現在会員は親や支援者約30人。月1回の定例学習会のほか、おしゃべり会もある。3年前から参加する母親は「ここに来るまではネットで情報を仕入れるしかなく、困ってもどこに行けばいいか分からなかった」と振り返る。病院にも、学校に勧められて初めて行った。「何が正しいか分からなくて…。ここで経験談を聞いて『大丈夫』って。ほっとしました」。自分の経験を発信する場にもなる。「教えてもらうだけじゃなくて自分の体験を伝えられる。つながれるのがいいですよね」

 県外にも同会を頼りにする親はいる。「子育て支援のつなぎ役だと思っている」と斉藤さん。「発達障害や困り感を抱える子と親がゆとりを持って子育てを楽しむことが大切。そのお手伝いができれば」
紹介いただきました! [2014年02月05日(Wed)]
 鳥取県「子育て王国とっとり」のホームページ内にある「集えとっとり子育て隊!」において、本会を紹介頂きました!

◆携帯からはこちら。
【下にスクロールしてください】
http://www.kosodate-ohkoku-tottori.net/kosodateinfo/m/w/kosodatetai

◆PCからはこちら
http://www.kosodate-ohkoku-tottori.net/kosodateinfo/kosodatetai_3.html

http___www.kosodate-ohkoku-tottori.net_kosodateinfo_kosodatetai.jpg
本日のおしゃべり会のご案内&イベント告知! [2013年10月23日(Wed)]
本日、13時〜、さわやか会館3階において、おしゃべり会を行います。
飛び入り参加大歓迎。
子育てに不安を抱えるお母さん、息抜きに来ませんか?

◆おしゃべり会詳細(Facebook)

さて、「LD、ディスレクシアを知ろう、学ぼう!」もいよいよ、今週末に近づいて来ました。
26日(土)13時〜、さざんか会館5階にて開催します。
申し込み不要、手話通訳も付きますので、お気軽にご参加下さい。

◆日本海新聞様がイベントの記事を書いて下さいました。
ありがとうございます!!

http://www.nnn.co.jp/odekake/detail.html?eid=20186

ただ、台風が心配です。
場合によっては、危険防止のため中止のお知らせをさせて頂かざるを得ない場合がございます。
天候不良が著しい場合は、当日の朝8時には発表させて頂きますので、本ブログ、またはFacebookのチェックをよろしくお願いいたします。
はじめまして [2013年09月01日(Sun)]
 本会は、LD(学習障害)、ADHD、アスペルガー障害等の広汎性発達障害、また診断は無くても不登校や不適応行動で苦しんでいる子ども達、そして、家庭や学校・社会で「ちょっと個性的」と思われている『困り感を抱える子ども達を支援する親の会』です。
 
 『NPO法人 全国LD親の会』に所属する団体でもあります。

 発達障害は「先天的なハンディキャップなので、ずっと発達しない」のではなく、発達のしかたに生まれつき凸凹がある障害です。人間は、時代背景、その国の文化、社会状況、家庭環境、教育など、多様な外的要因に影響を受けながら、一生かけて発達していく生物であり、発達障害の人も同様であると考えていいでしょう。つまり、成長とともに改善されていく課題もあり、必ずしも不変的なハンディキャップとは言い切れないのです。もちろん個人差はありますが、「障害だから治らない」という先入観は、成長の可能性を狭めてしまいます。周囲が彼らの凸凹のある発達のしかたを理解しサポートすることにより、「ハンディキャップになるのを防ぐ可能性がある」という視点をもつことは重要です。        
発達障害情報センターHPより)

私たちはLDをひろくとらえていきたいと思っています。
LDのための支援で伸びる子は私たちの仲間です。


 子どもの悩み、一緒に考えていきませんか?

8月「保護者おしゃべり会」のご案内 [2013年08月26日(Mon)]
  申し込み不要。遅刻・早退OK♪

『気になる』『困り感を抱える』子どもの保護者であれば、どなたでも参加できます。
温かい飲み物を飲みながら、まったり過ごしたり、普段はなかなか語れない本音トークしませんか?

かわいい日 時:8月28日(水)13時〜15時

かわいい場 所:さわやか会館3階 第2研修室

かわいい参加費:100円(非会員のみ)

イベントfacebook
 https://www.facebook.com/events/472008939562247/

※大変申し訳ありませんが、当事者である保護者意外の方はご遠慮ください。
 招待させて頂いている支援者の皆様、保護者様へ周知いただけると大変有難いです。
7月13日の申込みを締め切りました [2013年07月08日(Mon)]
 7月13日(土)開催の『知的・発達障がいのある人と社会をつなぐトラブル・シューター養成セミナー【基礎】』は、お陰さまで、申込みが定員に達しましたので、申込みを締め切らせて頂きます。
 誠にありがとうございました。

 申込み頂いた皆様、13日にお目に掛かれますことを楽しみにしております。
知的・発達障がいのある人と社会をつなぐ<トラブル・シューター>養成セミナー【基礎】 [2013年06月06日(Thu)]
 触法や被疑者として扱われる知的障害・発達障害のある人の支援する≪知的障がい・発達障がいのある人のためのトラブル・シューター≫養成セミナー【基礎バージョン】を開催します。

参加希望の方は、7月8日(月)までに"facebook、または、メール メール rakkyou87@yahoo.co.jp を下さい。

イベントfacebook
  https://www.facebook.com/#!/events/137712403089943/

チラシ2013.7.13【TS養成講座】.jpg


チラシ2013.7.13【TS養成講座】裏.jpg


かわいいチラシのダウンロードはこちらから
  チラシ2013.7.13【TS養成講座】.pdf

「共生社会を創る愛の基金」(裏面参照)では、触法や被疑者として扱われる知的障害・発達障害のある人の支援を進めております。その研究のひとつが、地域で起こる社会的トラブルなどを本人とともに解決したり未然に防いだりするための新たな人材養成です。金銭的トラブル、性的犯罪の問題解決のために、弁護士を使いこなし行政も活用する。また警察・検察の取り調べの立会い、適切な刑事手続きを支援するかもしれない。それでも徹底して本人に寄り添える骨太の人材、≪トラブル・シューター(TS)≫、地域のもめ事解決屋の養成を目的としています。

★日時:平成25年7月13日(土) 10:00〜17:00(9:40受付開始)
★会場:鳥取市障害者福祉センターさわやか会館3階         

●内容:障害のある人の触法を予防し未然に防ぐための新たな人材養成
―共生社会に向けた《トラブル・シューター(TS)》の必要性と役割

●参加費:無料 ●定員:60名
 
●対象:障害者の相談支援に従事している方・弁護士・支援者・市町村職員・全国組織の親の会に所属する保護者など

●講師:堀江まゆみ≪白梅学園大学≫、桝屋二郎≪関東医療少年院 精神科医≫
原田豊≪県立精神保健福祉センター長 精神科医≫、鳥取県地域生活定着支援センター、他

10:00〜11:00【研修1】TSはなぜ必要か、刑事手続きの中で私たちは何がやれるか(堀江)
11:00〜12:30【研修2】医療・心理から触法の人たちの支援を考える(桝屋) 
;どうして触法が起こってしまうのか、支援があれば起こらなかったことは?
13:30〜13:50 鳥取TSネットーなぜTS研修を開催したか、鳥取の課題から(原田)
13:50〜15:10【研修3】福祉の立場から触法の人の支援実践を考える(鳥取県地域生活定着支援センター)
15:30〜16:20【研修4】グループディスカッション(堀江、他)
16:20〜17:00 全体討議;鳥取でこれから何をしていくべきか(堀江)

●主催: 共生社会を創る愛の基金コア研究班
    困り感を抱える子を支援する親の会/らっきょうの花
●協力: NPO法人PandA−J

●後援(順不同、申請中含む):
 鳥取県、鳥取保護観察所、鳥取県地域生活定着支援センター、(社)とっとり東部権利擁護支援センター、鳥取県保護司会連合会、(社)鳥取県手をつなぐ育成会、NPO法人鳥取県自閉症協会、NPO法人鳥取ダルク、鳥取アディクション連絡会 

かわいい共生社会を創る愛の基金コア研究班
 http://www.airinkai.or.jp/ainokikin/research.html

かわいいNPO法人PandA−J
 http://www.panda-j.com/
6月定例学習会のお知らせ [2013年06月06日(Thu)]
 参加希望の方は、6月14日(土)までに"facebook、または、メール メール rakkyou87@yahoo.co.jp を下さい。

イベントfacebook
https://www.facebook.com/#!/events/137712403089943/

 昨年のこの時期、マルチメディアデイジーやデイジー教科書について学習しました。
 今回はそこから発展し、学校外での図書利用、特に県立図書館ではどういったアクセシビリティなサービスがあるのかを学びます。県立図書館は発達障がいの書籍が豊富なだけではなく、障がい者サービスも充実。支援機器やサービスを上手に利用することで、図書館の利用の達人となって、我が子と共に読書を楽しんじゃいましょう♪

かわいい日時:6月17日(月)夜6時45分受付開始
       〜 夜8時45分まで(時間厳守で!お願いします!!)

かわいい場 所:鳥取駅南『さわやか会館』3階 第1研修室 

かわいい内容(19時 〜 20時45分)
  @『県立図書館のハートフルサービスについて』
    お話 藤井美華子先生(鳥取県立図書館司書)

  A座談会
    助言 原田豊先生(県立精神保健福祉センター所長)
       藤井美華子先生(鳥取県立図書館司書)  

かわいい参加費:500円(非会員のみ)

るんるん詳しくは、下記案内チラシをご覧ください。

2013.6.17.定例学習会・表.pdf

2013.6.17.定例学習会・裏.pdf
| 次へ
お世話になっている皆様、他いろいろ(リンク集)
http://blog.canpan.info/rakkyou87/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/rakkyou87/index2_0.xml