CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
山口市内で活動するアレルギーっ子の母親主体の団体です。
月に1回座談会や調理実習を通して、情報交換や仲間づくりの場を提供しています。
アレルギーの有無にかかわらず参加できます。関心のある方は気軽に定例会にご参加ください。
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

アレルギーっ子の会 ぽれぽれさんの画像
リンク集
検索
検索語句
タグクラウド
http://blog.canpan.info/pore2/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/pore2/index2_0.xml
9月定例会レポート すこやかもみじ [2016年10月18日(Tue)]
9月定例会は27日におしゃべり会を行いました。
参加者は会員さん3名、非会員さん1名の4名でした。

人数も少なく、お友達同士での参加もあり、ゆったりと、お子さんたちの可愛さに癒されながらのおしゃべり会でした。

アレルギーが発覚して間もないと、わからないことだらけで不安がいっぱい。
でも同じような体験をしている人からのアドバイスは本当に助かりますよね。
仲間がいるってホントに心強いなと感じることができました。

夏休みに行った旅行のお話も。
最近は宿泊先などに食物アレルギーがありますと問い合わせると、対応してくれるところが多くなってきました。
対応といってもさまざまです。
すごく勉強をさえれていて丁寧にきめ細かく対応してもらえる施設。
お話していてあまり理解されていないなと感じる施設もあります・・・
ちゃんと伝えないといけないところ、どこまで確認が必要なのか。実際の経験を聞くととても参考になります。

会員さんが広島の「すこやかもみじ」を持ってきてくださったので、みんなでいただきました。
にしき堂さんのこの「すこやかもみじ」
7大アレルゲン対応なんです!!
2016.9ぽれぽれ写真4.jpg 2016.9ぽれぽれ写真3.jpg
米粉でできた生地はもちもちとしていて、中の餡もやさしい甘さでとっても美味しくて。
アレルギーでなくてもまた食べたくなる美味しさでしたよ。
にしき堂さんの直営店か、ネットでの販売のみだそうなので、なかなかすぐには買えなかったりするのですが、広島への出張や旅行のお土産にリクエストしたくなりますよね。
会員さんは岡山への旅行の帰りに広島でわざわざインターを降りて購入されたそうです。
もみじまんじゅう、お土産でいただくことが多いけど、食べさせてあげる事できなくて、あきらめていたけど、食べられるなんて!
お客さんからの声で作られた商品のようです。みんなで一緒に食べたいという思いをかなえていただけてほんとうにありがたいですね。
にしき堂HPすこやかもみじ



Posted by 田辺 at 09:42
4月定例会 ポリ袋クッキング [2016年05月13日(Fri)]
4月定例会レポートです。
4月28日(木)湯田地域交流センター調理室で行いました。
参加者は会員さん5名。
転勤で県外にお引越しされていた方がこの春、県内に帰って来られて久々の参加(*^_^*)
今回はみんなその当時からのメンバーだったので、それぞれに近況報告などしながら楽しくクッキングしていきました。

今回は3月の広島での防災フェスタで教えていただいたポリ袋炊飯をみんなでやってみよう!
という事で、ご飯だけでなくいろいろなメニューに挑戦してみました。
また、2月の展示の時に石井食品さんにいただいたいっしょがいいねシリーズのレトルト食品を使って簡単なアレンジ調理も。

ポリ袋クッキングは、災害時に少ない水で調理ができまた洗い物も最小限。
少量ずつ個別に調理できるのでアレルギー対応の物も作りやすい。
カセットコンロと鍋とポリ袋と食材があれば簡単に調理ができます。

今回のメニューは
 ポリ袋クッキング 
  ご飯(水)(緑茶)(野菜ジュース)
  ツナ缶とキャベツの蒸し物
  カレーフォー
  煮りんご
  ハッシュドポーク(レトルト活用 ブラウンソース)
  白菜ロール甘酢煮(レトルト活用 甘酢ソース)
 レトルト活用
  ハッシュドポーク
  ポリ袋のご飯を使って混ぜご飯(チキンライスの素、かしわめしの素)
かしわめし.jpgチキンライス.jpgブラウンソース.jpg甘酢ソース.jpg

という事で、
ご飯もお水の量を変えてみたり、水がなくてもお茶やジュースでもできるという事で挑戦。
災害時、水は貴重なものなので米は洗わず使います。
ハッシュドポークはフライパンでの調理とポリ袋調理の2バージョン。
白菜のロール煮は、もともとはフライパンで作るレシピでしたが、ポリ袋でも作れるんじゃない?? ってポリ袋で。
カレーフォーは広島での防災フェスタで炊き出しで作ったメニューですが、同じ食材でポリ袋で挑戦。
と、いろいろ挑戦してみました。
材料をポリ袋に入れたら袋の上からグシャグシャと手で混ぜて空気を抜いてクルクルっと袋をねじり上の方で硬くくくります。
そして沸騰したお湯の中へ投入。
2016.4ぽれぽれ2.jpg 2016.4ぽれぽれ4.jpg
2016.4ぽれぽれ7.jpg
弱火で30分。で出来上がり♪♪
2016.4ぽれぽれ9.jpg 2016.4ぽれぽれ5.jpg
 カレーフォー
 米粉の麺でもポリ袋でできました
2016.4ぽれぽれ8.jpg
 ハッシュドポーク
 左がフライパン調理、右がポリ袋調理
 ポリ袋は野菜の水分がでて少しさらさらしていますが薄味で美味しかったです
2016.4ぽれぽれ10.jpg 2016.4ぽれぽれ11.jpg 2016.4ぽれぽれ12.jpg 2016.4ぽれぽれ13.jpg
ご飯はお水の量の違いで硬さを確認。
お茶でもお茶の香りのほんのりの美味しいご飯に。
野菜ジュースはドロッとしてたぶん水分が足りないようでした。コンソメとか入れたらチキンライス風とか、コンソメ、ベーコンなど入れるとリゾット風になるかも。
ポリ袋で挑戦した白菜ロールはレトルトの甘酢ソースもお湯で一緒に温めてかけてみました。
りんごは砂糖なしでもあまくて美味しい!

いろいろ挑戦してみましたが、どれも簡単でおいしく。
防災フェスタでは、ご飯は美味しく炊けているかではなく、食べられるかが重要。と言われてました。
今回は食器に移して食べましたが、食器も洗わなくていいようにポリ袋を開けたらそのまま器に開いて食べると洗い物もなくてよいそうです。

またレトルトの活用では、賞味期限の短いレトルトなどは普段から食べながら備蓄するローリングストック法をするためにいろんな簡単アレンジができるといいなと思い挑戦してみました。
石井食品さんのHPにアレンジレシピも掲載されてますよ。今回も簡単レシピをいろいろ教えていただきました。

「ポリ袋クッキング」「パッククッキング」などで検索するといろいろなレシピや作り方が出てきます。アレルゲンにあった食材でぜひ一度いろいろ試してみてください。
Posted by 田辺 at 16:57