CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
山口市内で活動するアレルギーっ子の母親主体の団体です。
月に1回座談会や調理実習を通して、情報交換や仲間づくりの場を提供しています。
アレルギーの有無にかかわらず参加できます。関心のある方は気軽に定例会にご参加ください。
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

アレルギーっ子の会 ぽれぽれさんの画像
リンク集
検索
検索語句
タグクラウド
http://blog.canpan.info/pore2/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/pore2/index2_0.xml
11月定例会リポート 味噌作り [2014年12月20日(Sat)]
11月定例会は11月20日、湯田地域交流センター調理室で味噌作りを行いました。

ぽれぽれ毎年恒例になった味噌作り。

私にとっては今年で4回目の味噌作り。
初めての時は、用意する大豆の量に本当に作れるんだろうか…って不安になったり。
大豆のゆで加減がわからず、結局まだ固くて茹でなおしたり…
やっぱり手作りって大変(+_+)って思ったりしたのですが。

できあがった手作りの味噌を食べてみて、もう市販の味噌は使えないってくらい美味しくて。家族にも大好評。
4回目の今年はだいぶ慣れてきて、もうお家で一人でもできるかな。っても思うのですが。
そこはやっぱり、ぽれぽれのみんなと一緒におしゃべりしながら楽しく作るからこそ、より美味しいお味噌が出来るのかなって(*^_^*)

毎年同じように作ったつもりでも、大豆の違いや、茹で加減、つぶし方、混ぜ方…出来上がってみるとちょっと違う味。

今年はどんなお味噌になってるかなって。
今から5月が楽しみです(*^_^*)

2014ぽれぽれ味噌2.jpg 2014ぽれぽれ味噌3.jpg

2014ぽれぽれ味噌4.jpg


2014ぽれぽれ味噌5.jpg 2014ぽれぽれ味噌6.jpg

味噌作りの作業をしている間に、みんなが持ち寄った野菜で会員さんがいろんなおかずを作ってくれてました。
昨年作った味噌を使ったお味噌汁。
すべて野菜だけ、調味料もシンプルで簡単な調理法ですが、野菜の味がしっかり活きた美味しいお昼ご飯の完成!!
みんなでおしゃべりしながら美味しくいただきました。




Posted by 田辺 at 00:27
味噌作り レポート [2014年01月10日(Fri)]
12月16日(月)、湯田地域交流センターで大人11人、子供8人で行いました。

ぽれぽれでの味噌作りが恒例になって何年にもなります。

「味噌を自分の手で作る」なんて、初めての人にはとてもハードルが高く感じられます。私もそうでした。
でも、みんなで作る場があると、なんだか気持ちも軽く、ちょっとやってみようかな、という気になります。

やってみると作業は単純です。
2013味噌2.jpg 2013味噌1.jpg
2013味噌4.jpg 2013味噌3.jpg
しっかり柔らかく茹でた大豆を潰し、塩と麹とよく混ぜ合わせ、消毒した容器に詰めていくだけです。
そのまま半年くらい寝かせると世界でひとつだけの味噌になります。
2013味噌5.jpg

手作り味噌は本当に美味しいです。
こんなに美味しいなんて、まさに手前みそ。なんでこんなに美味しいか・・・
自分の手の菌がしっかり入るから?みんなと作るから?思いが込められてるから?材料にこだわるから?

理由はたくさん考えられます。

日本人の生活には欠かせない麹菌と発酵食品。最強の組み合わせを今年もまたたくさんの仲間と仕込むことができました。

ぽれぽれの味噌作りには、毎年初めて作る方が参加されます。新しい発見、食生活の見直し、多くの気付きを得て、リピーターがたくさん。

そしてぽれぽれの味噌作りには美味しいお昼ご飯が名物です。野菜をひとり1種類持ち寄り、具だくさんのお味噌汁を中心に持ち寄った食材でごちそうが並びます。
2013味噌7.jpg 2013味噌6.jpg

食材を見てメニューをその場で考えるWさんの手際と愛情御膳にみんな舌鼓。

もうひとつ、忘れてはならないのが、絶品米麹を提供してくださる、阿東の吉松さんの存在です。
地域にこういう素敵な方がいてくださるから、私たちの美味しい味噌が育つのです。

アレルギーっ子にいいものは、万人にいいはず。日本が誇る味噌もそのひとつです。

五月の蔵出しが楽しみ。来年の味噌作りも今から楽しみです。
Posted by 田辺 at 14:45
11月おしゃべり会レポート [2013年11月21日(Thu)]
11月19日(火)、湯田地域交流センターで、座談会を行いました。
大人9名、子供6名の参加でした。

今回は、いつもは子供がいてゆっくり話せないママさんのために、託児付きで行いました。
お菓子に、日東ベストのフレンズスイーツの国産さつまいもと栗のタルトとガトーショコラを試食しました。

病院の情報交換から始まり、離乳食の話、負荷試験の話、肌荒れのこと、予防接種のこと、ぽれぽれの存在意義、ステロイドのこと、食べられるようになった!、食べられなかった‥、食べさせることの不安‥などなど、今回も話題の絶えない座談会となりました。

11月おしゃべり会1.jpg おしゃべり会2.jpg

やはり、病院選びは皆さん、悩まれるようですね。
いろんな先生がいて、治療方針はそれぞれ違います。
大切なのは、『自分に合うかどうか』これにつきます。
ぽれぽれでも、いろんな病院や先生の名前が飛び交います。
それが絶対ということはないので、情報だけはたくさんもらって、あとは自分で選んでくださいね。
たくさんの選択肢、逃げ道はあります。
いいとこ取りして、いきましょう♪


以下、参加者からの感想です。

 ◎悩んでいるのは自分だけじゃないし、自分はましな方だと思えた。

 ◎自分の精神が安定した。

 ◎皆さんが工夫しているのがわかって、勉強になった。

 ◎皆さんの経験談が聞けてよかった。

 ◎話が新鮮で、心強く思えた。

 ◎子供がいなかったので、ゆっくり話ができてよかった。お菓子もおいしかった。

 ◎年追う毎に悩みは変わっていく。これからも、このように話せる場を作っていきたい。

--------------------------------------------------------------------------------

12月の定例会は味噌作りですが、麹の数の関係で、会員限定とさせて頂きます。

ごめんなさい(>_<)

1月は調理実習を予定しています。

またこのブログでお知らせしますね。お楽しみに♪



Posted by 田辺 at 12:58
マクロビ料理教室レポート [2013年10月30日(Wed)]
10月定例会レポートです。

10月28日(月)湯田地域交流センターにて「マクロビ料理教室」をしました。

大人13名、子ども6名の参加でした。

初めに、マクロビオティックで大切な身土不二、一物全体、季節のものをとるということを伝えました。

まず、基本である玄米の炊き方、昆布だしのふのり入り味噌汁、食養である小豆昆布、青菜の磯辺和え、きな粉おはぎの五品の作り方を説明して、デモンストレーションを行いました。
マクロビ1.jpg


皆が熱心に調理法を見ながら疑問点については、活発に質問も出ていました。その都度、説明をしながら行い、活気のある料理教室となりました。
マクロビ2.jpg マクロビ4.jpg

マクロビ5.jpg


食後は、それぞれの食材の持つ効能の説明などを行いましたが、皆さん熱心にメモをとっていました。

マクロビ3.jpg

「玄米はパサパサして美味しくないと思っていましたが、こんなに美味しかったんですね。」
「素朴な日本の伝統食ですが、素材の味が生きていて美味しかった。素材の味を生かして食べる大切さが分かって良かった。」
「玄米がもちもちして美味しかった。子どもも良く食べた。味もシンプルで噛むごとに美味しかった。味噌汁もとてもまろやかなお味だった。」
「マクロビ料理を食べると体がスッキリする。」
と感想をいただきました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なかなかブログでの定例会のお知らせができずにいましたが、11月定例会は「おしゃべり会」です。
11月19日を予定しています。

周りに相談できる人がいなくて…こんな時どうしたら…一人で抱えず、ぽれぽれでみんなでおしゃべりしませんか。共感できる人がいる、話をするだけで心が軽くなるそんな場所でありたいなぁ。

詳細はまたこのブログでお知らせします。



Posted by 田辺 at 23:34
秋の酵素ジュース作り レポート [2013年09月20日(Fri)]
9月定例会レポートです。

9月5日(木)湯田地域交流センターにて「秋の酵素ジュース作り」をしました。
大人12名、子ども6名の参加でした。

初めに、1週間前に仕込んであった酵素ジュースを濾して、皆で試飲しました。皆さん「美味しい!」と大好評でした。

次に皆で持ち寄った野菜や果物をワイワイ話しをしながら楽しく刻んでいきました。
ぽれぽれ 酵素ジュース 1.jpg

持ち寄ったのは、大根、人参、きゅうり、小松菜、キャベツ、レタス、蓮根、梨、葡萄、柚子などです。
酵素1.jpg 酵素2.jpg
酵素3.jpg

海の物である昆布も混ぜて、砂糖と野菜を交互に入れていき、最後に塩をひとつまみふり入れ出来上がりました。

最後に、ご飯と自然食の味噌汁ときゅうりの漬物をいただきながら、皆で情報交換をしました。
酵素4.jpg 酵素5.jpg

以下、皆さんからの感想です。

・とても美味しい酵素ジュースが出来て大満足です。また家でも作りたいと思います。

・飲むと満腹感があって、なかなかお腹がすかないので痩せそうな気がします。あと、お通じもよくなったと感じます。

・お味も美味しく、家族の健康のためにも、また作ってみようと思いました。



Posted by 田辺 at 23:34
7月おしゃべり会 [2013年08月17日(Sat)]
7月臨時定例会レポートです。

7月18日(木)、湯田地域交流センターで、おしゃべり会を開きました。

大人8名、子供5名の参加でした。

特にテーマなどは決めず、日頃の悩みや思っていることなど、自由気ままにおしゃべりしました♪

9時半から始めた会は、あっという間に13時!
たくさんお話しました。

新しい方も2組みえて、「周りにアトピーやアレルギーの話をできる人がなかなかいない」と聞きました。

アレルギーっ子の会ぽれぽれは、会員にならなくても、誰でも参加できます♪
9月からは、酵素ジュース作りや、味噌作り、マクロビなどの調理実習を予定しています。
興味のある定例会には、気軽にご参加下さい☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月は定例会はお休みです。

9月定例会は「秋の酵素ジュース作り」です。
9月5日に予定しています。
詳しくはまたこのブログでお知らせしますね。

Posted by 田辺 at 15:29
7月定例会レポート [2013年08月01日(Thu)]
7月の定例会は7月9日湯田地域交流センターで大人9人、子供4人でおこないました。

「日本人の薬膳・食養生」という題で、中医薬膳指導員の肩書をお持ちのすろーふーどねっと・和の白木美和さんに薬膳のお話をしていただきました。

薬膳と聞いて、まず思い浮かべるのが、中国料理、位の知識しかなかった私ですが、”食は大薬!薬は中薬”日々の食事で未病(健康管理)が大切、と、改めて食事が体を作ることを考えさせられました。

参加者の方々も、様々な質問をしつつ、季節ごとに食べたらよいもの、食べ合わせについてなど、熱心に聞かれていました。

白木さん1.jpg

お昼には白木さんお手製のお惣菜、デザートをいただきつつ、和やかに食事を楽しみました。

白木さん2.jpg

以下、参加者の感想です。
・白木さんのお話、知らないことばかりで、新しい世界を知ったような気がします。今調子が悪いので、体が元気になる食物を調べて取りたいと思います。

・お昼ご飯がとてもおいしくて、ぜいたくな時間を過ごせました。白木さんの家族がうらやましかったです!

・白木さんに教えてもらったわらび餅も家族に大好評で毎日作ってます。手作りって面倒なのかと思ってたけど、簡単でおいしいってすごいです。

・家事が苦手なので、簡単に手作りできるものをまた教えてもらいたいと思いました。

・今までは色々な野菜をとって自分なりに満足していたのですが、野菜の持っている効能や自然界との関係性を知り改めて食や文化に興味を持ちました。
そして昔の方の知恵や感性って凄いなぁっと思ったり。
保存食なども簡単にできて尚且つ美味しかったので家でも作ろうと思います。

・白木さんの薬膳のお話はとても勉強になりました。陰陽五行についても良く理解できました。
お料理もすべてが自然の優しい味で美味しくて感動しました。
これからの生活に生かしていきたいと思います。

Posted by 田辺 at 00:52
ひらひらさんとの交流会 [2013年06月28日(Fri)]
6月定例会レポートです。

6月19日(水)「平川子育てつどいの広場 ひらひら」にて、「気になるアレルギーのおはなし会」を行いました。
ぽれぽれからの参加者大人4名、子供1名。ひらひらからの参加者大人5名、子供7名でした。

「アレルギーっ子の会ぽれぽれ」について説明した後、自己紹介をして、それぞれ悩んでいること、聞きたいことなど、手作りのおやつを食べながら、座談会形式で話しました。
ひらひら2 (2).JPG  ひらひら2.jpg
皆さんの参考になればと、アレルギーに関する本やレシピ本、普段使っている食料品やおやつなど展示しました。

今回食べてもらったおやつ
 ・GOPANで作った米粉パン
    白米、米粉、砂糖、塩、菜種油、ドライイースト、
 ・手作り米粉クッキー (プレーン、ココア、抹茶)
    米粉、菜種油、きび砂糖、純ココア、抹茶
ひらひら おやつ.jpg

●参加者からの感想
・今、一番知りたい内容だった。病院の先生のおはなしだけでなく、実際に子育て中のママさん達のリアルな声、情報をもらえてほんとうによかった。対応食など幅が広がった。
・自分と同じように悩んでいる方と交流でき安心した。経験談は心強い。
・周りにアレルギーについて相談する相手がいないので、いろいろお話が聴けて良かった。
・アレルギーにがあっても使える商品や購入場所など、知ることができて良かった。
・他のお母さん達も悩みながら、自分でいろいろ調べながら日々頑張っていらっしゃるのがわかり、励みになった。

●担当者の感想
離乳食の事、母乳の事、どのように治療していくべきか、何から聞けばよいのかも分からない…切実に悩まれていました。
私たちぽれぽれメンバーは、医師でもなければ、アレルギーの専門家でもありません。
皆さんと同じ普通の母親です。
ただ、少しだけ経験と知識はあります。
その上で、経験談を話したり、アドバイスをしたりしました。
アレルギーはアレルゲンはもちろん、程度や治るスピードなど、一人一人違います。
治療法も一つじゃなくて、いろいろな考えの先生がいます。
食事や肌の調子は毎日の事だから、お母さんの負担はとっても大きいです。
わたしもまだわからないことだらけだし、悩みも尽きません。
アレルギーのことについてガッツリ話せる場って、なかなかないと思うのです。
話したり、聞いたりすることで、心が少しすっきりして、まだ頑張ろうと思えます。
この会に来てくださったお母さん達にとっても、少しは息抜きの時間になったでしょうか…?
まだ話したりなかったり、また悩んだりした時は、ぜひ「ぽれぽれ」にも参加してみてくださいね。

今回このような会を企画してくださったひらひらの担当者様、ありがとうございました!!   
Posted by 田辺 at 23:42
自然農法のお抹茶と季節のお花で癒しの時間を過ごそう [2013年06月21日(Fri)]
5月定例会レポートです。

5月30日(木)湯田地域交流センターで大人13名、子供5名(託児)の参加でした。

日々子育てを頑張っておられるお母さん達に癒しの時間を提供できればいいなとの思いから毎年させてもらって今年で5回目になります。
CA3J0373.JPG

今年もMOA食育ボランティアかがやきライフの方々がお世話くださり、岡田式健康法として日常生活に四季の自然美を楽しんだり、美術品の鑑賞、茶の湯、生け花、芸能、音楽など身近に芸術を楽しんでもらうことで、人間の五感を刺激し、自律神経のバランスが安定し心身の健康を増進していく健康法を体験してもらいました。

●茶の湯体験
 貸出し茶道具の美術品を鑑賞してもらったり、自然農法のお抹茶とオーガニックの手作り和菓子で一服してもらいました。心地よい緊張感を感じつつも、お茶のいい香りや旨み成分テアニンというアミノ酸にはリラックス効果もあり、作法にこだわらず楽しんでもらいました。
CA3J0381.JPG CA3J0380.JPG
●いけ花体験
 空き缶で季節を感じるリサイクル花器を簡単に工作してもらい、好きな花を選んで眺めたり、めでたりしながら楽しんでもらいました。
CA3J0376.JPG CA3J0384.JPG

参加者の感想
 ・日常生活から少し離れてゆったりとした時間が過ごせました。茶道具にも触れられ、勉強になった。
 ・頭も心も満足感でドーパミンいっぱいになった。
 ・お抹茶とお菓子がとても美味しかった。
 ・きれいな花に触れられ気持ちにゆとりができた。
 ・お花のある生活にあこがれ楽しかった。
 ・お花をめでたり、お花の気持ちに寄り添うことで心が豊かになった。

担当者の感想
 初めてお茶やいけ花を体験される方もおられ、お母さんたちに喜んでもらえてとてもうれしく思いました。自然美を感じるお花には身近に私たちの心を明るくしてくれたり、気持ちを前向きにして元気をくれます。
 食卓や玄関先にお花を飾って楽しく子育てをしていきましょう!

Posted by 田辺 at 10:59
4月定例会 みんなどうしてる? [2013年05月24日(Fri)]
4月定例会レポートです。
4月23日湯田地域交流センターで大人10人、子供6人の参加でした。

新年度初めての定例会。今回は座談会という事で、普段から気になってること、新しい環境になって出てきた不安や疑問などなど、みんなどうしてる??っていろいろおしゃべりしました。

今回は初めて参加される方が3名いらっしゃったので、まずは簡単に自己紹介。
気になること、悩んでることも話してもらいました。

8か月〜2歳くらいまでのアレっ子ママさんが多かったので、アレルギーの血液検査はいつころからできるの?病院はどこに行ってる?離乳食はどうしたら…。などなど。

幼稚園や小学生のママ達にとっては自分たちも通ってきた道。
いろいろ悩んで手探りで進んで来たり。
「私はこうしてたよ。」とか「ここの病院はこんな感じ。」とか。みんなそれぞれの体験を思い返しながらいろんな情報が出てきます。

普段はなかなか理解してもらえなかったり、共感してもらえなかったり。アレっ子育児の中では孤独でへこんじゃうことも多いけど。こうやってみんなで話して共感しあえる、話をすることで少しでも心が軽くなれる。こんな場所が必要だなぁ。ってあらためて感じました。

ぽれぽれでは座談会だけでなく、調理実習など会員のやりたいことやってみたいことをみんなで考え企画して行っています。いろんな作業をしながら調理をしながらでもいつもみんなそれぞれに相談し合ったり、情報交換し合ったりしながら楽しんでいます。

ぽれぽれいちご寒天.jpg

今回はおやつに参加者のアレルゲン(卵、乳、小麦、大豆、米など)の入っていない
いちご寒天とかぼちゃボーロを作ってみました。レシピはクックパッドから。
クックパッドはアレルギーでも大丈夫なレシピもたくさんあって便利ですよ^_^


以下、参加者の感想です。

・私の周りにアレルギーやアトピーについてお話できる人が居なかったので、アレルギーの話が聞けたり、お話を聞いてもらえて嬉しかったです。
そして、いろいろと教えて頂き、すごく勉強になりました。
あと、[大きくなるにつれて、お肌も治ってきたよ]の言葉に、すごく勇気を貰いました。
これからも参加させて頂きたいと思いました

・いろんなお話が聞けてよかったと思います まだまだ知らないことがたくさんあるなと思いました。
また色々な話を聞けるといいなと思います
アレルギーのことだけでなく、体にいい話も、何か皆さん知ってそうなので、聞いてみたいと思いました

・新しく来た人の悩みを聞いて、上の子にアレルギーがあるとわかった時に、自分も同じように悩んでいたことを思い出しました。
あの頃は、ぽれぽれの存在も知らず、一人で悩んでいたので、とても辛かったです。
改めて、ぽれぽれの存在に感謝し、なくなってはいけないと思いました!
今回病院の情報を聞けたので、しばらくほおっておいていた上の子を、連れて行ってみようかなと思いました。

・アレルギーに悩む人が集える場はやはり必要だと思いました。
子供が小さくて、何を食べさせていいのか?悩む時期。幼稚園や保育園で給食やおやつに悩む時期。解除に悩む時期。
子供が成長して、行動範囲が広くなってからの対応。
子供の成長とともに、抱える問題もかわっていくのだと改めて感じる会でした。
Posted by 田辺 at 11:49
| 次へ