CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
山口市内で活動するアレルギーっ子の母親主体の団体です。
月に1回座談会や調理実習を通して、情報交換や仲間づくりの場を提供しています。
アレルギーの有無にかかわらず参加できます。関心のある方は気軽に定例会にご参加ください。
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

アレルギーっ子の会 ぽれぽれさんの画像
リンク集
検索
検索語句
タグクラウド
http://blog.canpan.info/pore2/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/pore2/index2_0.xml
西日本豪雨災害でのアレルギー対応の現状と支援 [2018年07月25日(Wed)]
ぽれぽれではこれまでアレルギーっ子の防災についての取り組をしてきて、昨年12月にも京都で西日本の患者会が集まり防災についての勉強をしました。

その際に集まった7つの会の代表で繋がり、普段から情報交換や共有をしていましたが、この度の西日本豪雨災害でその中の三原市の「三原アレルギーの会ひだまり」の会員さんたちが被災されました。その後7つの会で情報を共有しながら支援について考え、行ってきました。

ひだまりのメンバーさんたちは被災されながらも、アレルギーで困っている人はいないか声をかけ、拠点を作るための働きかけをし、物資の仕分けなど懸命に活動をされています。

ぽれぽれでも他の会と連携し情報を共有しながら、必要なものをと、備蓄の中からと、会員さんから寄付を募りこれまでに三原の拠点へアレルギー対応の食品や衣類を届けました。
18-07-25-13-59-39-222_deco_20180725140020.jpg


防災について積極的に勉強し、活動されていた会の皆さんで備蓄もされていましたが、災害で浸水、停電、断水、流通の遮断、交通手段がなくなるなどの状況では備蓄も尽きてしまいます。
支給されるものもやはり水とパンなどで食べられるものがない。市の備蓄のアルファ化米ももうなくなり、会で備蓄していたアルファ化米をみんなで分け合ってしのぐしかないという状況があったようです。

小児アレルギー学会等も相談窓口を開設し、拠点を作り、物資の支援がありましたが、災害が起きて被害の実態が分かり、支援を必要な人、状況が分かるまでにも時間がかかり、支援が実際に届くには時間がかかります。

三原のアレルギーについて取材された記事

私たちぽれぽれのような小さな会の力は小さく限界があります。
一緒に活動している大阪の「LFA食物アレルギーと共に生きる会」さんが支援の寄付の窓口を作ってくださいました。
ぽれぽれの会員からの寄付もここに合わせて、必要な支援をしていきます。
寄付のご協力をいただける方は、LFAさんのHPからお願いいたします。
LFAさんHP
支援の状況などもHPで報告してくださっています。

三原市だけではなく、広島市、東広島市、尾道市、竹原市からもSOSの連絡があったようです。
まだまだ、支援があることを知らない人、声を上げてない人もいるかと思います。
三原市には市社会福祉協議会内にアレルギー対応物資があります。
 ●問合せ先 0848-67-6061

また、広島のNPO法人ヘルスケアプロジェクト・チームアレルギーさんでも窓口を設けています。
 ●TEL 082-278-0180
 チームアレルギーHP

必要な人に情報が届き、必要な支援ができたらと思います。


今回は被災された方と直接連絡を取り合い、いろいろな動きを体験し、いろいろな課題やこれからやらなければいけないことがたくさんあることに気付きました。
難しいこともたくさんあり、どのようにしていけるかまだ分からないこともたくさんですが、これから考えていきたいです。


Posted by 田辺 at 11:36
西日本広域豪雨災害 アレルギー相談窓口について [2018年07月12日(Thu)]
この度の西日本での豪雨災害で被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

山口県でも被害がありました。
また、お隣の広島、福岡、岡山、愛媛など近隣の県でも大きな被害が出ています。自然災害の怖さを改めて感じました。

ぽれぽれのブログを見てくださっているアレルギーっ子のご家族の皆さん、被害はありませんでしたか?

アレルギーでお困りのかたは日本小児アレルギー学会が相談窓口を開設しています。
困っていること、
食べられる物や薬がない…
ぜんそくや皮膚症状が悪化してしまった…
など、

支援のルートが少しずつ整えられているようです。
ぜひ声を上げて、相談してください。

日本小児アレルギー学会HP

小児アレルギー学会相談窓口.png
日本小児アレルギー学会FBより

災害時の子供のアレルギー疾患対応ポスター
poster.pdf
Screenshot_20180712-145150_20180712145213.png

災害時の子供のアレルギー疾患対応パンフレット
171106_災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット.pdf

お知り合いで困っている方がいらっしゃったらお伝えください。
必要な人に情報が届きますように。
Posted by 田辺 at 15:01
アレルギーほっとサロン開催してます [2018年02月24日(Sat)]
15時くらいまで、さぽらんてで展示とほっとサロンやってます。
ぜひのぞいてみてください!!
Posted by 田辺 at 11:25
「県民活動きらめき賞」をいただきました [2017年12月02日(Sat)]
ご報告が遅くなりましたが、
10月17日に秋吉台国際芸術村で行われました、きらめきジョイントフォーラムにて
山口きらめき財団様より理事長賞の「県民活動きらめき賞」をいただきました。

この賞はボランティア活動、NPO活動、コミュニティ活動など自主的・主体的な県民活動を行い、県民活動の振興に貢献した団体や個人を表彰するものだそうです。


ぽれぽれ表彰写真.jpg

細々と活動を続けてきた会ですが、このような形でこれまでの活動を認めていただき、たいへん嬉しく思います。また、支えていただいた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも、アレルギーに悩むお母さん達に「ぽれぽれがあって良かった!」と言っていただけるような活動を続けていけたらと思います。

Posted by 田辺 at 00:21
展示中です! アレルギー週間展示〜アレルギーっ子の防災〜  [2017年02月15日(Wed)]
アレルギー週間の展示を今年も「アレルギーっ子の防災」をテーマに、さぽらんてで2月13日(月)から23日(木)まで行っています。
(水曜日休み)

13日に定例会を兼ねて、
今年度の活動を振り返りながら展示をしていきました。
なかなか定例会に参加できない会員さんも多いので、お久しぶりの再会もあり。
それぞれの近況報告や、最近の悩みなどおしゃべりしながら進めていきました。
今年の展示はこんな感じ。
2017.2ぽれぽれ写真2.jpg 2017.2ぽれぽれ写真4.jpg
2017.2ぽれぽれ写真5.jpg 2017.2ぽれぽれ写真3.jpg

バタバタしてあまり時間がなかったのですが、お昼にはアレルギー対応の非常食などの試食もしてみました。
今回試食してみたのは給救カレーのSN食品さんの新商品の根菜汁と、大潟村あきたこまち生産者協会さんのお米ぱすたをコーンスープに入れて。
2017.2ぽれぽれ展示.jpg 2017.2ぽれぽれ写真jpg.jpg

根菜汁はお出汁の味が優しく、野菜も小さめに切ってあって小さいお子さんでも食べやすそう。
お米パスタは、ゆでなくてもお湯で3分でもどせるってところがお手軽で。コーンスープの中に入れただけで完成。
まずは、「うちの子でも食べられるかな。」とみなさん表示をしっかり確認。
非常時の備えとしても、忙しくて時間のない時でも、こうして食べられるものが備えてあると心強いですよね。
それから、2月の定例会に岩国市にある旭酒造の方から、獺祭のお米で作っているライスミルクがお米と水だけで作られている、アレルギーフリーの商品という事でご紹介いただきました。
2017.2ぽれぽれ写真6.jpg
乳や大豆にアレルギーがあって、牛乳や豆乳が飲めない…。料理やお菓子作りに代わりに使えるものがないかな。という時にライスミルクいろいろ使えそうですよね♪
今回もライスミルクを提供していただき、みんなで試飲しながら、いろんなアイデアが浮かんできました。

18日(土)にはさぽらんてで「アレルギーほっとサロン」という事でぽれぽれスタッフ、会員や展示をみにきてくださった方といろいろお話したり、アレルギー対応の非常食などの試食などもいろいろできたらと思っています。ライスミルクもありますよ。
アレルギーに関する資料、レシピ集、アレルギー対応食品等のパンフレットなどもありますので、ぜひお気軽にのぞいてみてください!!

アレルギーほっとサロン
 ●2月18日(土) 10時〜15時
 ●山口市市民活動支援センターさぽらんて
 ※天候や体調などにより開催できない場合は当日このブログでお知らせします。ご確認ください。

展示は23日(木)まで行っています。(水曜休)
※18日以外はぽれぽれスタッフは常駐しません。

2017.2.png
ぽれぽれに関するお問い合わせは

市民活動センターさぽらんて(083-901-1166)
ご伝言いただけましたら、後日こちらからご連絡いたします。(水曜休)

または、
E-mail pore2yamaguchi@gmail.com
Posted by 田辺 at 12:04
アレルギー週間の集い2017 IN長門〜子供のアレルギーについて考えよう〜  [2017年02月15日(Wed)]
2月20日はアレルギーの日です。
そしてその前後1週間をアレルギー週間と定め、アレルギーに関する各種啓蒙活動が行われます。
今年は山口県では長門市で日本アレルギー協会主催のアレルギー週間行事が行われます。

「アレルギー週間の集い2017 IN 長門」
  〜子供のアレルギーについて考えよう〜 

   2月25日(土)14:00〜16:00
   長門市の地域医療連携支援センター研修室(長門市応急診療所併設)

詳しくはこちら→アレルギー週間の集い2017in長門.pdf
アレルギー週間の集い2017.jpg


食物アレルギー、喘息、スキンケアについて。
県内のアレルギー専門医や小児アレルギーエデュケーターという専門の資格をお持ちの看護士さんのお話です。
なかなかない機会です。
お子さんのアレルギーで悩んでいる方。
幼稚園、保育園、学校の先生方。
地域の方。
アレルギーに関心のある方。
ぜひお話聞いてみてください!!

事前に申し込みをするとこどものアレルギーについて相談できるようですよ。

 
Posted by 田辺 at 11:23
山口市防災講演会のおしらせ [2016年10月19日(Wed)]
山口市防災講演会・ミニシンポジウムのお知らせです。

今年度、市民活動支援センターさぽらんてで開催された「さぽカフェ」のテーマは
『特別な配慮を必要とする人への災害時支援を考える』
という事で、5月、6月に行われたさぽカフェに参加してきました。
その中で見えてきた課題を知ってもらいたい。という事で生まれた企画です。
東日本大震災を経験された防災士さんのお話と
その後、「思いやりでつくる避難所のカタチ」というミニシンポジウムも行われます。
アレルギー、発達障害、腎臓病など見た目ではわからないけれど非常時に配慮を要する方たちにかかわる市民団体も参加して、防災について考える時間になります。
ぽれぽれもアレルギーについて知っていただき、災害時の不安についてお話をさせていただくことになりました。
子供がアレルギーで災害時食べられるものがなかったらどうしたらいいんだろう…
アレルギーっ子を連れての避難所生活ってできるんだろうか…
そんな不安を持つ当事者である私たちは、あらためて防災について考え備えるきっかけになるといいなと思いますし、周囲の人、自治会の方、自主防災組織の方などに知っていただくことで非常時に理解をしてもらえることになると思います。
周りの知ってもらいたい人にぜひ声をかけてください。
防災に興味のある方ならどなたでも参加できます。

 『思いやりでつくる地域防災〜防災力=地域力』
  講師:防災士 佐藤 一男 氏 
  日時:11月20日(日)9:30〜12:00
  場所:パルトピアやまぐち大ホール
  参加費:無料
12016.10ぽれぽれ.jpg 2016.10ぽれぽれ2.jpg
地域防災チラシ.pdf
10月定例会は、シンポジウムに備えて、アレルギーっ子の防災について考えてみようと思っています。
10月28日(金)の予定です。
詳しくはまたお知らせしますね。


Posted by 田辺 at 15:58
アレルギーに配慮した 防災フェスタのお知らせ [2016年02月29日(Mon)]
大切な「いのち」を守るため。みんなで考えよう
防災フェスタ in Hiroshima

3月6日(日)広島県東広島市でアレルギーに配慮した防災フェスタが行われます。
詳しくはこちら
防災フェスタ写真@.jpg
防災フェスタ.pdf

防災フェスタ写真A.jpg
食物アレルギーに配慮した防災フェスタ案内.docx

ぽれぽれも参加しています東海・関西・中国地域アレルギー防災ネットワークの第3回目の会議に合わせて今年はこんなイベントが行われます。
主催されるのはぽれぽれでも以前交流会をさせていただいた「チームアレルギー」のHPを運営されているNPO法人ヘルスケアプロジェクトさんです。

食物アレルギーに配慮した炊き出しの工夫や被災者の体験を聞き、災害時に知っておくべきことを学べる機会です。
アレルギーっ子でも食べられる炊き出し、災害時に備えて防災士のお話し、サバイバル体験、防災クイズ、アレルギー対応スイーツマルシェなど盛りだくさんです。
ちょっと遠いですが、興味のある方はぜひ!!
Posted by 田辺 at 23:58
アレルギー週間展示 展示中です [2016年02月18日(Thu)]
2月20日はアレルギーの日です。
そしてその前後1週間をアレルギー週間と定め、アレルギーに関する各種啓蒙活動が行われます。
山口でも日本アレルギー協会主催のアレルギー週間行事が行われます。今年度は
「アレルギー週間の集い2016 in 周南」〜子供のアレルギーについて考えよう〜
 2月21日(日)14:00〜16:00
周南市の徳山中央病院で行われるようです。
 詳しくはこちら


ぽれぽれでも毎年行っていますアレルギー週間の展示を今年もさぽらんてで2月15日(月)から25日(木)午前中まで行っています。
(水曜日休み)

15日には定例会もかねて、さぽらんてで展示作業を行いました。
会員さん6名。そしてはじめてぽれぽれをたずねて来られた方が2名。

お久しぶりの参加の方が多くて、作業をしながらもおしゃべりが止まりません(^O^)
子供がアレルギーでという事だけのつながりですが、ここでしかわかってもらえない話。ここでなら共感してもらえる話がたくさんで。話は尽きません。

展示はこんな様子です。
ぽれぽれ2016.2.jpg .2ぽれぽれ2016.2.jpg


ぽれぽれの活動の紹介やアレルギーっ子の防災に関してアレルギー対応の非常食のサンプルもメーカーさんからいただき展示させていただいています。

その他アレルギー対応の商品やお店情報、口コミ情報など。

中国新聞さんから取材をしていただき、17日朝刊に掲載していただきました。
ぽれぽれ2016.2新聞.jpg


20日(土)にはさぽらんてにて「アレルギーっ子ほっとサロン」とし、ぽれぽれスタッフがおりますので、会員さん、会員でない方も。アレルギーの有無を問わずどなたでも。
アレルギーについて普段から気になってることとか、防災についてでも。
いろいろお話できたらと思います(*^_^*)

アレルギー対応の非常食の試食会も行います。
非常食って準備しててもなかなか試食してみる機会ってないですよね。
気が付いたら期限が過ぎてたりもするし。
非常時にはじめて口にするより、アレルギーっ子にとっては、食べても大丈夫かなって試してみるのも必要かなって思います。
また期限の少し短いレトルト食品などはローリングストック法(定期的に食べて食べた分を買い足し備蓄していく方法。食べながら備えるため賞味期限の短いレトルト食品なども非常食として扱えます)で備えておくと、普段から食べているものが災害時の食卓に並び、安心して食事を採ることができるはずです。

みんなでおしゃべりしながらいろいろ考えてみませんか?

お気軽に覗いてみてくださいね♪

アレルギーっ子ほっとサロン
 日時 2月20日(土) 10時〜13時
 場所 山口市市民活動センターさぽらんて
 山口市道場門前1-2-19
※天候不良などにより開催できない場合はブログでお知らせさせていただきます

ぽれぽれ2015.2.gif
ぽれぽれに関するお問い合わせは

市民活動センターさぽらんて(083-901-1166)
ご伝言いただけましたら、後日こちらからご連絡いたします。(水曜休)

または、
E-mail pore2yamaguchi@gmail.com





Posted by 田辺 at 10:10
「アレルギーっ子の防災」読売新聞さんに掲載していただきました [2016年01月07日(Thu)]
新しい年が始まりました。
今年もぽれぽれをよろしくお願いいたします。

先日、1月5日の読売新聞でぽれぽれの防災についてをとりあげていただきました。
お正月からの「食卓新景」という特集記事で、食をめぐる地域の動きについて取材されているということで、12月の定例会で記者さんも交えていろいろお話をさせていただきました。

きっかけは一昨年のアレルギー防災会議で教えていただいた27品目対応の「救給カレー」を山口市防災課危機管理課の担当者さんにご紹介したところ、昨年3月より市の備蓄としてとりいれていただくことができた。という昨年のブログ記事のようでした。

アレルギーと防災
結びつかない方も多いと思いますが、食物アレルギーがあると常に食事の心配があり、日常のおうちでの食事ができないという事が起こり得る災害時に、どうしたらいいんだろう。
当事者の私たちはしっかり備えを考える。
そして周りの方へもアレルギーの事を理解をしていただける、関心をもっていただけるきっかけになれば嬉しいです。

ぽれぽれ読売新聞記事.jpg


Posted by 田辺 at 10:50
| 次へ