CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」のブログへようこそ!!

ホームページはこちら↓↓
     http://www.tochigi-vnpo.net/


ホームページでは・・・

ぴかぴか(新しい)ぽ・ぽ・らのイベント講座情報や県内・県外のボランティアやNPOに関する情報、助成金情報も検索できます!

封筒月2回発行しているメールマガジン「ぽ・ぽ・ら通信」の読者募集中です!!
メルマガ登録はこちらからどうぞ

  
一般社団法人栃木県経営者協会主催「協働事例にみる社会(地域)貢献セミナー」 [2019年02月21日(Thu)]
2月13日(水)、一般社団法人栃木県経営者協会 地域環境委員会主催の
「協働事例にみる社会(地域)貢献セミナー」
栃木県及びとちぎボランティアNPОセンターぽぽらが、後援として協力いたしました。

セミナー内容は、
・協働による県政の推進
 栃木県県民生活部県民協働推進室長による講演
・協働のもたらすもの
 とちぎボランティアNPОセンターぽぽらより講演いたしました。
・協働事例発表
 鹿沼自動車教習所×NPО法人CCVとの協働についての講演
 古河機械金属株式会社×NPО法人足尾に緑を育てる会との協働についての講演

栃木県内で、企業とNPО等との協働が進んできていることを、
経営者の皆さまに知っていただける機会をいただきました。

一般社団法人栃木県経営者協会様、ありがとうございました。
52005814_2230171507196977_2828998918111494144_o.jpg
52702775_2230183773862417_6300595862204579840_o.jpg52053781_2230183520529109_9072626042044153856_o.jpg52703793_2230183680529093_322887145867968512_o.jpg52082316_2230184000529061_4010606539353096192_o.jpg
本日もいちごのアクリルたわしの寄付をいただきました♪ [2019年02月21日(Thu)]
先日のワークショップに参加された方からいちごのアクリルたわし20個をご寄付いただきました。

落ち着いた色味のいちごも登場で、ルリちゃんもご満悦です。

どうもありがとうございます♪
----------------------------------------------------------------------------
ぽぽらでは、「とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト」として、国体の際に本県を訪れる方々にプレゼントするための、手編みのアクリルたわしを、県民の皆様から募集しています。
手仕事から始めるボランティア。
あなたもいちごを編んで、エコとおもてなしのハートを届けてみませんか?
いちご編みワークショップも開催しています。
次回ワークショップは、2月23日(土)13:30から。
詳しくは、こちらをご覧ください。編み図も載せてあります。
https://www.tochigi-vnpo.net/db/topics/file/20190213122048.pdf

20190221たわし寄付.JPG
いちごのアクリルたわしの寄附感謝 [2019年02月20日(Wed)]
今朝、有志のAさんから、沢山の「いちごのアクリルたわし」を寄附していただきました。
これから忙しくなるからその前に~と、そのお気持ちが嬉しいです。
ありがとうございます。

ぽぽらでは、 「とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト」として、
国体の際に本県を訪れる方々にプレゼントするための、手編みのアクリルたわしを、
県民の皆様から募集しています。

手仕事から始めるボランティア。
あなたもいちごを編んで、エコとおもてなしのハートを届けてみませんか?

いちご編みワークショップも開催しています。
次回ワークショップは、2月23日(土)13:30から。
詳しくは、こちらをご覧ください。編み図も載せてあります。
https://www.tochigi-vnpo.net/db/topics/file/20190213122048.pdf
いちご寄附るりちゃん.jpg

「いちごのアクリルたわし」の寄附が100個を超えました! [2019年02月13日(Wed)]
ぽ・ぽ・らでは、昨日、6名のご参加をいただいて「いちご編みワークショップ〜とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト〜」を開催しました。
編み物が初めての方もがんばって、ご自分の「いちごのアクリルたわし」を完成させました。
すると、今朝、参加者のAさんから、いちごたわしを10個寄附していただきました。
ワークショップ参加の翌日までに10個とは、素晴らしい!
おかげさまで、県民の皆様からのたわしの寄附は、100個を超えました。ご賛同ありがとうございます!

また、次回の「いちご編みワークショップ」は次のとおりですので、ご案内します。

材料と道具は事務局で用意しますので、当日は手ぶらで直接会場までお越しください。
お車の方は、県庁地下駐車場に停めてください。駐車券を事務局までお持ちください。(2時間まで無料)
・日時:2019年2月23日(土)13:30〜15:00
・場所:とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」2階 交流広場
・定員:10名
・参加費:100円

いちごたわしを編んで、国体の際に栃木県を訪れる方に、エコとおもてなしのハートを届けてみませんか?
皆様のご参加をお待ちしています♪

○ワークショップの詳細&編み図はこちら↓
https://tochigi-vnpo.net/db/topics/file/20190213122048.pdf
たわし寄附10.jpgDSC02039.JPG
「日光市在宅介護オアシス支援施設あおぞら」の皆さんが来所されました [2019年02月07日(Thu)]
本日午前中、「いちご一会ボランティアプロジェクト」の内容を詳しく知りたいと、12名の皆さんが「ぽぽら」に来所されました。
スタッフから、プロジェクトの趣旨(※)や、今年度試行的に実施している「いちご編みワークショップ」について説明させていただきました。

※「とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト」とは?
「いちごのアクリルたわし」を編んで、2022年度に開催される「いちご一会とちぎ国体」の際に、本県を訪れる方々を「おもてなしの心」で一緒に温かくお迎えしましょう。
 「とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト」は、県民の皆様から手編みのいちごを寄附していただき、国体開催時に来訪者にお渡しして、本県の思い出とともに持ち帰っていただくプロジェクトです。

皆さん、手仕事のボランティアに意欲的で、「いちごのアクリルたわし」の編み方を実際に見せてほしいということになり、スタッフが編み方を実演。
すると、持参されたかぎ針で、慣れた手つきでたわしを編み始められ、急遽のワークショップとなりました。
今後、手芸部でたわしを編んで寄附してくださるそうです。急がなくて良いので、皆さんで楽しく活動していただければと思います。
ご訪問大変ありがとうございました。

○2月開催の「ワークショップ」はこちら↓
https://www.tochigi-vnpo.net/db/topics/topics_data.php?code=673
あおぞら1.JPGあおぞら2.JPG
「いちご編みワークショップ」2月開催のお知らせ 〜とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト〜 [2019年02月02日(Sat)]
○「とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト」とは?
「いちごのアクリルたわし」を編んで、2022年度に開催される「いちご一会とちぎ国体」の際に、本県を訪れる方々を「おもてなしの心」で一緒に温かくお迎えしましょう。
 「とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト」は、県民の皆様から手編みのいちごを寄附していただき、
 国体開催時に来訪者にお渡しして、本県の思い出とともに持ち帰っていただくプロジェクトです。

○「ワークショップ」参加方法
 「いちごのアクリルたわし」の編み方を、講師がやさしく教えます。
あなただけの「いちご」を編んで、エコと思いやりのハートを届けてみませんか?
材料と道具は事務局で用意しますので、当日は手ぶらで直接会場までお越しください。
お車の方は、県庁地下駐車場に停めてください。駐車券を事務局までお持ちください。(2時間まで無料)
・日 時:@2019年2月12日(火)、A23日(土)各日とも13:30〜15:00
・場 所:とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」2階 交流広場
・定 員:各日とも10名
・参加費:100円

○問合せ先:とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」
 〒320−0032 宇都宮市昭和2−2−7
 TEL:028-623-3455  
 FAX:028-623-3465
201902WS.pdf
20181125_185216.jpg1548499916495.jpg
休館日のぽ・ぽ・らのおしごと:中間支援センタースタッフ研修を実施しました [2019年01月29日(Tue)]
休館日は、スタッフ皆が顔を合わせられる貴重な日です。
先週の休館日に日光市において、市民活動支援センター未設置の市と既存のセンター
合同でスタッフ研修を行いました。

DSC03345.JPG

DSC03366.JPG


研修では、相談を「『受ける』のではなく、『受け止める』」ことの重要性についての説明がありました。

「受け止める」とは、ただ相談を受けるのではなく相手の抱える課題が何なのか把握し、伴走支援することを指します。

そして、相手のニーズに合致したものをきちんと「求め」、必要な情報、人材、活動の場を探し出します。

次に必要な要素が、情報などを「集める」こと。
団体が発行する情報誌やマスメディアの情報だけでなく、人脈により一番正確で活きた情報を把握することが大切です。
そして、それらの情報をつなぎ合わせ、コーディネートし、活用していく力が中間支援センタースタッフには求められます。

また、相談応対の際は、相談内容を傾聴するだけでなく、姿勢やしぐさ、表情、声の調子などの変化などから、相談者の主訴を理解することが必要です。

相談内容を複数のスタッフで共有することにより、「一人の経験を複数人の『出来る』に変えることが可能です。

最後に、センターが抱える課題やこれから想定される課題についてのワークショップを行いました。

DSC03388.JPG

こうして複数の市民活動支援センターで交流し合うことにより、お互いによりよいセンター運営を目指しています。
いちご編みワークショップ開催報告〜とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト〜 [2019年01月26日(Sat)]
ぽ・ぽ・ら開館15周年記念、「いちご王国とちぎプロモーション」協賛事業の一環で、
本日午後、とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」2階交流広場にて、
2022とちぎ国体に向けた、「手仕事で始めるボランティア:いちごのアクリルたわしづくり」のワークショップを行いました。

今にも雪が降りだしそうな寒空の中、数名の方が楽しく参加してくれました。
編み物が初めての方もいらっしゃって、まずは毛糸とかぎ針の持ち方から・・・
くさり編み、細編み、長編みとステップアップ。
一方、少し前から始めたHさん(男性)は、初めての「マイいちご」が完成!
その達成感は格別です。

ぽ・ぽ・らでは、今後も毎月、いちご編みワークショップを開催する予定です。
開催については、ぽ・ぽ・らホームページやメルマガ、SNS等でお知らせいたします。

○「とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト」とは?
「いちごのアクリルたわし」を編んで、2022年度に開催される「いちご一会とちぎ国体」の際に、
本県を訪れる方々を「おもてなしの心」で一緒に温かくお迎えしましょう。
「とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト」は、県民の皆様から手編みのいちごを寄附していただき、
国体開催時に来訪者にお渡しして、本県の思い出とともに持ち帰っていただくプロジェクトです。

あなたも、いちごたわしを編んで、国体の際に栃木県を訪れる方々に、
エコとおもてなしのハートを届けてみませんか?
1548499916495.jpg20181125_185216.jpg49896835_2210247202522741_3900083390010884096_n.jpg
企業とNPO等との協働取材 [2019年01月26日(Sat)]
企業とNPOとの協働が1年以上継続的に実施されている現場を取材させていただきました。
昨年、株式会社マルハの社員の方から「本業を活かした協働ができそうなNPOはありますか?」との相談をいただき、
NPO法人ニッポン・アクティブライフ・クラブ(以下ナルク栃木)と引き合わせた経緯があります。
株式会社マルハは、栃木県宇都宮市に本社があり、ショッピングセンターや病院などの清掃を行うビルメンテナンス業をしている企業です。
ナルク栃木は、会員である高齢者のひとり暮らしの方の家事支援などを行っています。会員様との信頼関係を築いていることがあります。
協働内容:ナルク栃木の会員宅に株式会社マルハの社員が無償で清掃を月1〜2回程度行っています。

毎月無償で会員宅にて1〜2時間程度清掃を継続的に実施していることから、会員様から株式会社マルハの方の評判が広がり、有償の仕事の依頼もいただくことにつながっているようです。
また、ナルク栃木の会員の方から、個人宅に定期的に仕事をお願いできないかとの提案もありました。
当初、株式会社マルハでは個人宅の清掃は実施していませんでしたが、社長に相談すると、高齢者の方が困っているのならと、受けることになったようです。

協働が継続して1年間続いていることをどう思いますか?と伺ってみました。
株式会社マルハ社長が地域の方々のためにと思う気持ちと、従業員が社会貢献をしたいとの気持ちが重なっていることが、継続できたことの大きな要因かと思います。
また、「企業として大人数でかかわると負担となってしまいますが、1人~2人くらいの少人数であれば、無理なく行うことができ1年間続けられたのかなと思います。」とコメントいただきました。

今まで企業やNPOの協働マッチング事業を推進してきましたが、協働の継続は、お互いに負担にならない程度に無理なく続けてみる。このことにより、企業、NPO双方にとってお互いにメリットが生まれ、さらには地域にも貢献できる。Win-Win-Winが生まれてくるのだと、取材をして感じることができました。

訪問先の会員様にもインタビューさせていただきました。
「株式会社マルハさんには、本当に丁寧に清掃いただき助かっています。介護保険ではやってもらえないことがやっていただけるのは大変助かっています。話相手にもなってもらっているのですよ。」と話していました。
掃除終了後、テレビの調子が悪いので少し見てほしいとの依頼もあり、電源を抜き差ししたらすぐに改善されました。
高齢者の一人暮らしにとって小さなことで頼めないことも、快く引き受けてくれる株式会社マルハの職員さんが素晴らしいと感じました。
株式会社マルハ×ナルク栃木は、今後も無理なく協働を続けていきたいと話していました。
今後も継続的に見守っていきたいと思います。
50583655_2215988168615311_3031359016681865216_n.jpg50829492_2215988231948638_4929531495460110336_o.jpg50654744_2215988301948631_4185929526737371136_o.jpg
いちごのアクリルたわしの寄附ありがとうございました! [2019年01月24日(Thu)]
ぽ・ぽ・らでは、 「とちぎ国体 いちご一会ボランティアプロジェクト」を実施中ですが、
本日、有志のMさんたちから、いちごのアクリルたわしを70個寄附していただきました。
なんと、1週間で編んでくださったそうです。ご賛同ありがとうございます!たわし寄附50.jpg

また、ぽ・ぽ・らでは、以下のとおり、いちご編みワークショップも開催しますので、
ご案内いたします。

材料と道具は事務局で用意しますので、当日は手ぶらで直接会場までお越しください。
お車の方は、県庁地下駐車場に停めてください。駐車券を事務局までお持ちください。(2時間まで無料)
・日時:2019年1月26日(土)13:30〜15:00
・場所:とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」2階 交流広場
・定員:10名
・参加費:100円
いちごたわしを編んで、国体の際に栃木県を訪れる方に、エコとおもてなしのハートを届けてみませんか?
皆様のご参加をお待ちしています♪

ワークショップの詳細&編み図はこちら↓
https://tochigi-vnpo.net/db/topics/file/20190110153051.pdf
| 次へ