CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年07月 | Main | 2019年09月 »
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
淺井裕介「いのちの木」[2019年08月31日(Sat)]

淺井裕介「いのちの木」

DSCN1482-X.jpg

◆開館30年を迎えた横浜美術館淺井裕介「いのちの木」を堪能した。
TV等の紹介で大作を仕上げたことが紹介されていたが、足を運ぶ機会が訪れず、もう会期は終了していたと思い原三渓展を目当てに出かけてみたら何と、「いのちの木」は未だ観られるようになっていた。

彼の作品との出会いはいつも幸運な偶然による。
最初は箱根の彫刻の森美術館においてであったが、今回の展示スペースはカーブした壁面ぐるりを生かして観る者を包み込む感じがある。

観る者も、四角い展示室とは全く異なる歩き方で作品を観ていくことになる。
歩みを緩めたり立ち止まったり、またフッと先に目を向けて進んだり。
動きに合わせて変化する呼吸がからだを流れる血脈と即いたり離れたりするのを無意識に受け止めながら、生きものたちの誕生に立ち会い、我々の記憶もこの世界に生まれ出る以前までさかのぼって行くような気分になる。

[いのちの木]DSCN1485-A.jpg

◆シャガールなど同館収蔵の作品40点ほどを壁面やフロアのあちこちに配してあり、それら先行作品へのオマージュの意味も込められているという。
その中に浜田知明の版画「幼きキリスト」もあった。二重の嬉しい出会い。

何になるのかいまだ分明でないが、まごうことなく様々な萌芽を自らに蔵し、すでに若葉を見せているものなど、生成の姿があちこちにある。

DSCN1491-Y.jpg

DSCN1489-Z.jpg


*ロビーには制作の様子を早送りで見られるビデオが置いてあった。その画面から。
「いのちの木」メイキングビデオよりDSCN1498_0000.JPG

◆「いのちの木」が見られる横浜美術館コレクション展は明日9月1日までのようだが、ミュージアムショップには淺井裕介作品集「この場所でつくる」(求龍堂、2016年)が置いてあった。
インスタレーションと呼ばれる制作物なので展観が終われば作品は姿を消す。
2011〜15年までの彼の仕事をこうした本で見られるのはありがたい。

***

これまでの関連記事
彫刻の森「淺井裕介−絵の種 土の旅」
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/194

田窪恭治「林檎の礼拝堂」
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/198

アートが足もとにある学び舎
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/227

校門への坂がアートのプロムナードに
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/532




かながわ安保法制違憲訴訟、9月5日に第10回口頭弁論[2019年08月30日(Fri)]

DSCN9904ペンタスと地裁.JPG
ペンタスの花の向こうに横浜地裁

*******

お知らせ

かながわ安保法制違憲訴訟
第10回口頭弁論


とき:2019年9月5日(木) 11:00開廷
ところ:横浜地裁 101号法廷

 みなとみらい線・日本大通り駅A番出口より歩1分
 市営地下鉄・JR関内駅より歩10分
 
集合時間 10:00 横浜地裁正面入り口(↑上の写真 日本大通側)

 所持品検査は10:25頃までに済ませてください。
 傍聴抽選受付締切は10:40頃です。余裕をもってご参集ください。

◆今回の口頭弁論期日では、10月31日に尋問を行う原告、証人が正式に決定されます。
10月31日には、午前+午後の一日をかけて原告本人と証人への尋問が行われます。
原告本人と憲法・外交・軍事の各分野の専門家である証人とが直接法廷で述べる機会を実現した点で、全国の安保法制違憲訴訟の中でも特に注目されている裁判の、大事な山場です。

口頭弁論終了後、11:45〜13:00の予定で
裁判報告集会を行います。
ところ:波止場会館(地裁から徒歩6分)



三ツ目の桐の木[2019年08月29日(Thu)]

◆あす金曜日はペットボトル回収の日だ。来週の金曜日はカンの回収、という風に隔週でリサイクル可能なものの回収日が決められている。
プラスチックは毎週回収で水曜となっている。45リットル袋一つは必ず溜まる。ゴミの中で最もかさばるのがプラスチックである。

◆土木事務所による境川の土手の草刈り作業が続いているが、その結果、ポイ捨てのペットボトルやカン、ビンの類いが姿を現した。作業の人たち、草は持ち帰るが出て来たゴミはそのまま放置して帰ってしまうのが常である。土手の保全が主目的で、ゴミ問題は業務外ということなのか、フに落ちない。
雨の翌日、思い切って回収することにした。

集めるのに2時間、洗って分別するのに2時間あまり、午後半日を要した。
トラックの往来が多い土手沿いの道で、これまで注意喚起の表示を何種類か設置してみたが効果の乏しい場所である。我が家からは北東、艮(うしとら)の方角、つまり鬼門に当たるのが良くないのかも知れない。

始末に困るのは中味が入っているやつで、特にアルミの缶コーヒーのキャップ付きは吸い殻入れに重宝なのだろう。水分を含んだタバコの吸い殻が大量に入っていることが多い。
洗浄には山からの水の落ち口を利用するが、時間はかかる。ヤブ蚊の襲来に備えて蚊取り線香と虫除けスプレー&殺虫スプレーも用意して万全を期した結果、刺されること殆ど無く夕飯時にどうにか洗浄と分別を終えた。

本日の収穫はペットボトル45、カン97、ビン51の計193本ナリ。
ビンは殆どが栄養ドリンクの小瓶。黄色い液を胃に流し込んでわが身にむち打つ姿がしのばれるものの、でもやっぱり捨てたその先を想像して欲しいと切に願う。

DSCN9911.JPG

近くに立っている桐の木。
幹の中央に三ツ目があるように見える。
ポイ捨てから川を守れかし、と畏み畏み拝(おろが)み奉ることにするか。


プリーモ・レーヴィ「生き残り」[2019年08月28日(Wed)]

◆今日、8月28日の朝日新聞「文芸時評」、小野正嗣〈戦争を刻むには〉と題して苛酷な体験を「文学」として記録した3人を取り上げている。
アンネ・フランクアレクシエーヴィチ、そしてプリーモ・レーヴィである。

◆苛酷な体験が他者に共有されるためには〈文学〉が必要であり、その好例として、アウシュヴィッツを生きぬいたレーヴィの『これが人間か』(竹山博英訳、朝日選書。*旧題「アウシュヴィッツは終わらない」)を取り上げている。

さらに、最近出た同じ訳者による『プリーモ・レーヴィ全詩集』(岩波書店)の中から「生き残り」という詩を紹介している。

その全体を写しておく。


生き残り  プリーモ・レーヴィ(竹山博英 訳)

あの時から(シンス ゼン) 、予期せぬ時に(アト アン アンサートゥン アワー)
あの刑罰が戻ってくる、
そして話を聞いてくれるものが見つからないなら
心臓が焼け焦げる、胸の中で。
仲間の顔がまた見える
夜明けの光に照らされて、蒼白で
セメントの粉で灰色に染まり
霧の中で見分けもつかず
不安な夢でもう死の色に染めあげられている。
夜は顎を動かす
夢という重い石に押しつぶされて
ありもしない蕪をかみながら。
「下がれ、ここから立ち退け。溺れたものたちよ、
出て行け。私はだれの地位も奪わなかったし、
いかなるもののパンも横取りしなかった、
私の代わりに死んだものなどいない。
だれ一人として。
だからおまえたちの霧の中に帰れ。
私が悪いわけではない、もし私が生きていて、呼吸をし、
食べ、飲み、眠り、服を着ているにしても」
               1984年2月4日


◆この詩に胸をつかまれたという小野は次のように記す。

誰の「パンも横取りしなかった」し、「私の代わりに死んだものなどいない」にもかかわらず、つまり収容所という地獄のなかで必死に〈人間〉たろうと全力を尽くしたレーヴィでさえ、自分は誰かの命を犠牲にすることで生き延びたのではないか、と罪悪感に苛まれていたのだ。

「もし私が生きていて、呼吸をし、食べ、飲み、眠り、服を着ているにしても」とは、苛酷な体験をくぐり抜けた者の、「生きてここにいる」という実感から限りなく遠い、己の遺品の残欠を眺めているような戦後の「生」を表現しているだろう。

現実にあったことだと到底思えない体験は、人間から言葉を奪う。
地獄から生還した者たちの多くが黙して語らない理由はそのためだったろうと推測する。
それゆえに、後に生まれた者たちは想像によって肉迫するしかない。

そう書きながら、この8月にBSで放送された映画『野火』(大岡昇平原作。塚本晋也監督・主演、2014年。日本公開は2015年)の主人公・田村一等兵の懊悩を思い出している。

一方で「表現の不自由展・その後」をめぐる黒岩祐治神奈川県知事の「(少女像は)表現の自由を逸脱している。もし同じことが神奈川県であったとしたら、私は開催を認めない」という発言や、柴山昌彦文科相の「演説に対して大声でヤジる権利は保障されない」とする発言の乱暴さに憤りを覚えてもいる。(*発言は、ともに8月27日)

二人ながら、「息するための空気」は権力者が与えるもので、人間を窒息させ、くびり殺すことはいとも簡単だ、と言い放っているに等しいからである。

人間を人間たらしめている想像力とその表現、すなわち人間の尊厳を、唾棄し憎悪を向けたことばと言うしかない。



小田雅彦「抗う」[2019年08月26日(Mon)]

DSCN1475.JPG
サルスベリ(百日紅)の花。
白も赤も一斉に咲いているが、花の形は同じというわけではなさそうに見えた。
果たしてどうだろう。

*******


抗う   小田雅彦

足場を求めて
彼があせれば
ねばい糸がからみかかる
どこを手さぐり
平衡をとりもどすのか
力は 彼から引きぬかれて
周りが次第にせばまり
からくりの裏がのぞきかける

それを冷やかに見つめたまま
抜けようともがくのだが
ああ 彼は吸いよせられていく
罠のなかに
重心をつかれて
彼が叫べば
彼の肉の袋は響きかえす
その震えを彼は空ろな眼で支えとめる



小田雅彦遺稿詩集&アンソロジー『刻(とき)をあゆむ』(ミヤオパブリッシング、2019年)より

*小田雅彦(1918-1990)は1941年から作家・火野葦平の秘書として勤める一方、戦後、詩誌「鵬」を創刊して共同編集者として活躍ののち、「NOTOS」「九州詩人」に参加、1961年には丸山豊の主宰する詩誌「火」に参加して詩人として活動を続けた。
1944年に結婚した夫人・吉木幸子も詩人として活躍した。(子息・小田勝彦氏の「発行に寄せて」による。)

◆表現の自由、日韓外交の駆け引きに翻弄される人々、香港や台湾をめぐる中国の動き、強権を弄ぶ為政者たち……問題だらけの「ねばい糸」に絡め取られまいとしてあげる叫びが切実でないはずはない。
しかし、それと対照的に、事態に巻き込まれている己の肉体を見つめる眼はいよいよ醒めていて。



市民もスタッフも大事にしない林・横浜市長[2019年08月25日(Sun)]

DSCN1511-A.jpg
クレス・オルデンバーグ「反転Q」(1978年 横浜美術館蔵)

*******

林文子横浜市長がカジノ誘致に踏み切ることを表明した。8月22日の記者会見では市民への裏切りではないか、との質問が相次いだ。
2017年7月の市長選ではカジノ誘致について「白紙だ」とすることで市民および各界の支持を取り付け、以後も同様に言い続けてきたのだから、「裏切り」・「市民へのだまし討ちではないか」と鋭く追及されるのは当然だ。

1時間半に及んだ会見のあと、市長室に戻った林市長はブチきれたのだろう、すりガラスの向こうで思いっきり会見資料を放り投げて部下をアタフタさせるさまをTVカメラがとらえていた(24日TBSテレビ「報道特集」)。

だいぶ前にも引用したが、天野忠の「文字」という詩を、今回は林市長に進呈したい。

***

文字    天野忠

文字は大事にせねばならない。
文字こそ私たちの命をあらわすものだから。
書かれた文字の上をまたいではならない。
たとえ印刷された文字の上でも
踏んづけて通ることは乱暴至極である。
むかしの人は
びっくりする程文字を大事にした。
泉鏡花という明治の文豪は
指で空中に書いた文字でさえ
きれいに消す真似をして清めた。
十分に消したかどうか
もう一度空中をたしかめたという。

お判りか。
 


天野忠『掌の上の灰』 (編集工房ノア、1982年)より。 

***

◆林市長は、少子高齢化対策への財源のほか、水道管や市庁舎、学校など老朽化したインフラ整備の必要も説いていた。さりながらそれは今急に出来した問題ではない。渡りに舟とIR構想に飛びつくほか能がなかったことを物語っていないか。
誘致に反対する市民との面会も拒絶した市長の目には何が映っているのだろう。

もひとつ、これも再登板の天野忠の詩――


空間について   天野忠

金属も
疲労する。
空から
飛行機が落ちてくる。

もちろん
人間をや。
人の間から
人が落ちる。

空と
間が
残る―


天野忠『長い夜の牧歌』(書肆山田、1987年)より。





塹壕のなかで[2019年08月24日(Sat)]

DSCN9883.JPG

切り岸の上に2つの碑が並んで建っていたので、上って確かめてみると、どちらも1905年3月に日露戦争で没した人たちを悼む碑であった。
さらに上ったところにテッポウユリが咲いていた。

*******

夢うつつに   ウンガレッティ (河島英昭 訳)

(はずか)しめられた夜にぼくは立合っている

空は撃ち抜かれた
刺繍みたいに
一斉射撃で
兵士たちは
みな隠れた
壕のなかに
殻にこもった蝸牛(かたつむり)みたいに

遠くで
悲しみに打ちひしがれた
石工たちが
ふるさとの小道の
火成岩の
石畳を叩いている
見えはしない
聞こえてくるのだ
それが夢うつつに

 1916年8月6日、第四高地の塹壕で


岩波文庫『ウンガレッティ全詩集』(2018年)より。
*原訳書は筑摩書房、1988年。

◆ジュゼッペ・ウンガレッティ(Giuseppe Ungaretti, 1888-1970)が第一次世界大戦に従軍したおりの詩。
砲火の間に垣間見えたアレクサンドリアの光景だという。

〈せかいはすてきとしること〉[2019年08月22日(Thu)]

DSCN1449ウイキョウ.JPG
ウイキョウ(茴香)の花。
ハーブとして用いる葉はオカヒジキのように細く、すでにあらかた採集されていた。

*******

おさけのみになるほうほう  江國香織

すてきなよっぱらいをみること
ゆかいはすてきとしること
からだをおんがくでみたすこと
せかいはすてきとしること


『パンプルムース!』(講談社、2005年)より。
江國の詩にいわさきちひろの絵を取り合わせた詩画集。

◆4つの「おさけのみになるほうほう」のうち、1行目だけは「すてきなよっぱらい」に出会うことが必要で、いわば他力本願だが、あとは自分の気の持ちよう次第、というわけだから、下戸もりっぱに「すてきなよっぱらい」になれる。

2行目の「かい」の「ゆ」一字を変えただけで「かいはすてき」とたちまち変貌する。
スィングする音楽にのせて手品師が繰り出す不思議みたいに。


秋空にハチ[2019年08月22日(Thu)]

DSCN9892-A.jpg

◆イネの花が咲きそうな田んぼを案山子が見守っていた。
左上の空を背景にしてトンボが2匹映っている。虫たちの天下でもある。

◆夕刻、庭木の剪定を試みたら槇の木あたりに巣ができていたらしい、数匹のアシナガバチが姿を現し、一匹が左の二の腕を攻撃。医者に行くハメになった。
おととい部屋に侵入した一匹を駆除したばかりであり、それへの報復と思えば激痛も甘受するほかない。

安静にしててくださいよ、と医者の話。
毒が回って気分が悪くなったら救急車しかない、とオドされる。
極楽の蓮池からの蜘蛛の糸は垂れてくるのか来ないのか、急に気になりだしたが、これは痛みが和らいで余裕が出てきた証拠でもある。

この時期、蜂に刺されて駆け込む患者さんは少なくないとの話。
蜂たちからすれば、それぞれに理由あっての必死の抵抗ということになる。



いつでも直し得る人生[2019年08月20日(Tue)]

DSCN9863.JPG
クサギの白い花。秋には赤いガクの真ん中に黒っぽいまん丸の実をつけるはず。
※クサギの実の方は下記記事参照
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/670

*******


靴の修理屋で   ト・ジョンファン(都鍾煥)

街角の靴の修理屋の椅子に
彼女は苦菜(にがな)のように座っている
白い顔に秋の日差しがかかり
その中のひとすじが笑くぼの陰に
隠れる
彼女が長いこと歩いたり立ったりしている間
彼女のからだを支え 少しずつ
削り取られた靴底を眺めながら彼女は
恥ずかしそうに微笑む
フランスメーカーの垂れ幕を掲げた大型ショッピングモールの
屋上駐車場からは
大量に買い込んだ荷物を乗せた車が次々と降りてきて
靴の修理屋をチラチラみながら
走り去る
人間も物も壊れたらすぐに捨てられ
新しいものがいつでも 大量に客を待っている時代
壊れたものを直すことを知っている二十歳そこそこの彼女
いつでも壊れ得る人生を
直して再び使えることを知っている彼女が
からだを動かすたびに 風に乗ってハッカの香りが届く


ト・ジョンファン(都鍾煥)詩集『満ち潮の時間』(ユン・ヨンシュク+田島安江 編訳。書肆侃々房、2017年)より。

◆部屋の壁紙の一部を手すさびで貼り直した一日、久しぶりに手に取ったト・ジョンファンの詩集で上の一編に出会った。

終わりから3行目、「いつでも壊れ得る人生」というのは、相応の時間を生きて来た者なら誰しも経験し得ることだろう。しかし「壊れた人生」だって「直して再び使える」ということを誰もが知っているわけではない。
この年若い靴の修理屋は、靴の持ち主の生のありようを手で受け止めながら、靴が再び彼の人生を支えられるよう、心を込めて立ち働いている。
その姿を間近に見守る靴の主は、生きる力が再び身内に湧き始めたことを感じているのだ。

【参考】ト・ジョンファンの詩「蔦」 [2019年3月30日の記事】
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1183


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml