CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年08月 | Main | 2018年10月 »
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
祝 玉城新知事[2018年09月30日(Sun)]

◆台風24号が本土に向かって上陸という頃、ニュースは早くも沖縄県知事選の結果を伝えた。

【朝日】沖縄知事に玉城氏初当選 政権支援の佐喜真氏を破る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000048-asahi-pol

本土の政権は今度こそ襟を正して沖縄の声に耳を傾けずばなるまい。
アメリカ製武器購入の上得意として朝貢外交を続けることを即刻やめて、日米地位協定の改定に踏み出すこと。
それを皮切りとする自立した外交力が東アジアの安定と平和に寄与することを内外に知らしめること。

*******

会 話  山之口 貘

お国は? と女が言つた。
さて、僕の国はどこなんだか、とにかく僕は煙草に火をつけるんだが、刺青と蛇皮線などの連想を染めて、図案のような風俗をしてゐるあの僕の国か!
ずつとむかふ

ずつとむかふとは? と女が言つた。
それはずつとむかふ、日本列島の南端の一寸手前なんだが、頭上に豚をのせる女がゐるとか素足で歩くとかいふやうな、憂鬱な方角を習慣してゐるあの僕の国か!
南方

南方とは? と女が言つた。
南方は南方、濃藍の海に住んでゐるあの常夏の地帯、竜舌蘭と梯梧と阿旦とパパイヤなどの植物達が、白い季節を被つて寄り添ふてゐるんだが、あれは日本人ではないとか日本語は通じるかなどゝ
談し合ひながら、世間との既成概念達が寄留するあの僕の国か!
亜熱帯

アネツタイ! と女は言つた
亜熱帯なんだが、僕の女よ、目の前に見える亜熱帯が見えないのか! この僕のやうに、日本語の通じる日本人が、すなわち亜熱帯に生まれた僕らなんだと僕はおもふんだが、酋長だの土人だの唐手だの泡盛だのゝ同義語でも眺めるかのやうに、世間の偏見達が眺めるあの僕の国か!
赤道直下のあの近所


山之口貘『沖縄随筆集』「私の青年時代」によった(平凡社ライブラリー、2004年)。



合わせ鏡に映るものを視る[2018年09月29日(Sat)]

◆猛烈な台風に見舞われたが、明日は沖縄県知事選である。

◆石垣りんが沖縄を訪れた時の詩がある。


青い鏡   石垣 りん

雲の中を飛んでいたジェット機が
突然海の上に出ると
波にふちどられた小さな島が
眼下にひとつ現われ
次にまたひとつ姿を浮かべ。
やがて機首を下げ
沖縄本島へとすべり込んだ。

南部戦跡にある戦争資料館で見た
いびつの水筒
「振ってみて下さい」
と、そばに書いてあった。
乾ききった喉で
死んで行った人の口が
水筒の口をいまだに開けさせない。
振ると水の音がした。

ひめゆりの塔の洞窟も
司令部あとの岩窟も
暗く入口をとざしていた。
過去はみんな口をふさいでいた。

祖国復帰したけれど
住民は広い面積の基地を囲む
金網の外で暮らしていた。

青く光る海だった。

振り返ると沖縄は
合わせ鏡に映った
日本本土の島影に見えた。


*「やさしい言葉」所収(花神社、1984年)
伊藤比呂美編『石垣りん詩集』(岩波文庫、2015年)によった。

◆海や鏡が映し出すのは私たちの先人が生き、死んだ歴史であり、そのお陰をもって夢みることのできる未来以外であってはならない。


石垣りんのケンポー第二十五条[2018年09月28日(Fri)]

2018091513180三菱前般若純一郎「友情」2000.jpg
般若純一郎「友情」。横浜みなとみらい、三菱重工ビル前にて。

*******

石垣りんの単行本未収録詩篇からもうひとつ。

たそがれの光景   石垣 りん

私が三十年以上働いてきたのは
家族が最低の生活を営む
その保障のためでした。

私の持ち帰る月給が
ケンポーの役割を果たしてきたと
思っています。

でも第二十五条の全部ではありません。
月給袋が波間に浮かんだ小舟の
舟底のように薄くて。
不安な朝夕を流れ流れて。
戦火も飢餓もきりぬけました。

このちいさな舟に乗り合わせた人たちを
途中でおろして
どうして私が未来とか希望とかに向かって
船出することができたでしょう。
長い間漕ぎ続けましたが
文化的な暮しは
そんなやすらかな港は
どこにもありませんでした。

当然の権利、と人は言いますが。
力の強い人たちによって富もケンリも独占され
貧しく弱い者はその当然のものを
素手で勝ちとるほかない
さびしい季節に生まれました。

もういちど申します。
最低限度の生活を維持したいのが
私の願いでした。
国はそれを保障してくれたことがありません。
国とは何でありましょう。

おかしな話になりましたが
その単純さで
ケンポーは自分のものだと思っています。

望遠鏡の向こうで
第二十五条がたそがれてきました。
けれど引き返すことのできない目的地です。
もうひといきです。
私は働きます。
 


   (「とうきょう広報」増刊号、1974年)
 伊藤比呂美編『石垣りん詩集』(岩波文庫、2015年)によった。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

日本国憲法第二十五条  
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。




石垣りんの十二湖探訪[2018年09月27日(Thu)]

DSCN8574.JPG
モンキチョウが留まった花、花弁の数は花を見分ける決め手の一つだと思うので数えて帰った。
10枚。ネット上の色んな画像に当たると「キクイモ」らしい。
子どものみぎり見慣れたはずの「キクイモ」とは背丈その他感じが違う気がするのだが、とりあえず多数の意見に従っておく(主体性がないナ)。
異なるものに所によって同じ名前が冠せられていることはよくあることではあるが。

*******

◆だいぶ前に出た現代詩手帖特集版「石垣りん」がたまたま手に入った。
2005年に詩人が亡くなって間もなく出た追悼号で、自作朗読CDが付いている(もったいなくて未だ聴いていない、というより、どのように声に対したら良いのかが分からないので、肚が坐らない感じ)。

◆未刊詩篇の中に十二湖を訪れた時のものがあった。
いまは青森県深浦町ということになっているが、白神山地の懐。かつては岩崎村に属していたのではなかったか。高校1年のころ、その村出身の同級生がいた。彼は弘前市内に下宿して高校に通って来ていた。
詩にあるように弘前からも随分遠い村で、訪ねる機会はなかったものの、自分の中では懐かしく床しい村の名であり続けていた。実際に十二湖に行ったのは石垣りん同様に、一度きり。


消 息   石垣 りん

十二湖は 私に取って 遠いところだった。
青森県 弘前へ行ったとき
土地の人が車に乗せて 連れて行ってくれた。
岩木山のふもとをまわり
日本海沿いの道を 三時間近く走って。

晩秋 紅葉のさかりは 過ぎていた。
同行 二人の男性と 私と。

山路では 高い高い木の梢から
木の葉がしきりに降ってきた。
くるくると 独楽のように 落ちてくる葉
右に左に舞いながら 下りてくる 枯葉。
それを見上げて ひとりは どうしても蝶であると 着地
 する直前まで 言い張った。
さあっと 時雨が来て 三人を追い立て
次に晴れた。

いくつかの湖をめぐり
最後に 青湖という名の ほんの一抱えに見える 小さ
 い湖に出た。
水の底には 落葉の蒲団が敷かれていた。
水の面には 黄金色の魚が二匹
二十糎ほどの細い美しい姿で 浮かんでいた。
死んでいるのか と目を疑った。
ほとんど静止していた。
湖面の景色は そのまま 私の記憶に静止した。
帰途は 雷鳴とどしゃぶりの夜になった。

それから一年
東京に住む私の所に 弘前の人が訪ねて来た。
先日また 十二湖へ行ってきました
青湖には いましたよ あの 魚が。
やはり二匹でしたか。
ええ。
何という名の魚でしょう。
さあ こんどはすこし 泳いでいましたがね。

生きているのか と思った。

私も 生きています。
 (初出「現代詩手帖」1987年1月号)
 
◆最後の2行にギュッと心臓をつかまれる感じがある。
作者と湖の魚たちと読む者がそれぞれに生きて在ることを悟らされてハッとする。
さあっと降る時雨を受けて、かすかな身震いをするように、ともに区々たるいのちながら、秘めた矜恃をゆたかに湛えて、しかし凝結した魂そのもののように、みじろぎもせずに。

サギを見張るサギ[2018年09月26日(Wed)]

市民をサギ被害から守ってくれるアオサギ?

DSCN8497.JPG
◆10数メートルはあろうという高い木のてっぺんから、あたりを睥睨するアオサギ。

◆最近市民センタ―や図書館で見かける「なりすましサギ」撲滅の置きビラ、見やすいカラー印刷で霊験あらたかな気がして、数枚いただいてきた。

180926サギ撲滅パンフ.jpg

◆オレオレ詐欺・振り込め詐欺…と呼び名が追いつかないほど手口は次々と変貌しているらしいが、高齢者を主なターゲットに暗躍しているのは変わらない。
現に訪ねたお宅でアヤシイ電話が掛かってきた現場に出くわした。
ご主人の電話のやりとりを聞いて、応対し過ぎかなと思ったのでそのむね伝えた上で、ちょうど持ち合わせていたビラをお渡しした。

ビラには留守番電話に設定を、と撃退法も書いてある。
幸い留守電機能付きの電話だったので、ボタンを一押ししてもらって設定完了。

◆改めてビラを読み直すと、「ダマされないで」など、抽象的に心得を説くのではなく、「キャッシュカード」「ATM」など具体的なキーワードが例示され、「留守番電話が作動する前に取らないで!」など指示も実際的だ。

防犯対策も進化しつつあるわけだ。


ことしのかかし[2018年09月25日(Tue)]

2018年、秋の田の案山子たち

◆川向こう、横浜市泉区の天王森泉公園近くの田んぼに今年も案山子たちがお目見えした。

DSCN8561-A.jpg

DSCN8573.JPG
スケート靴を履いてポーズを決めた羽生結弦クン。

DSCN8549-A.jpg
張本クンは中国から日本に帰化した卓球一家のホープ。ショットを決めた時の「チョレイ!」の雄叫びが人気だそうだ。

DSCN8557-A.jpg
引退コンサートで有終の美を飾った歌姫・安室奈美恵も。
30日に迫った沖縄知事選。ここ湘南のオアシスからエールを送っているようだ。

DSCN8553-A.jpg
赤べこは米俵を背に首を振る。
地元・境川沿いの米作り農家の話では豊作とのことで、まずは安堵。

やはり案山子らしい案山子に目が向かう。

DSCN8559-A.jpg
野良着の上に羽織った蓑(みの)の間から出ベソがのぞいていて、地元の方が、そこをいじると両手の先の鳴子が鳴ってくれると教えてくれた。
ヘソを引っ張ってから押し戻すと確かに鳴子がカラコロと音を立てる。
凝った造りに感心しきり。
むろん、風を受けても鳴るそうだ。

鶴見正夫〈月は、ほんとにひとつだろうか〉[2018年09月24日(Mon)]

DSCN8527.JPG
秋彼岸、今年もたがえることなく彼岸花が黄金色の田んぼを彩る。

*******

◆中秋の名月である。雲に隠れかくれしながら中天に昇ったころおい、鶴見正夫の少年詩集を開いてみたら月の詩があった。
宇宙開発の中継地や希少資源の候補地として月は再び注目されつつあるそうだが、さて。

ぼくと月   鶴見 正夫

ニンゲンは
とうとう月をさらった、
さらった月にウサギはいなかった、
まして天女など。
それでも――
ニンゲンは月をさらって
おまつりさわぎをする。

ガリレオが
月のあばたを見てから数百年。
そのあいだに
戦争ずきなモノドモが
地球の争いだけにあきたりなくて
ちえをしぼって向かった月。

月にウサギはいなかった、
まして美しい天女など。
だからこそ――
ひとかたまりのモノドモは
月にも熱い火を散ちらしたがる。

ああ、こん夜は中秋のまん月、
地球から見るひとつの月。
ひとかたまりのモノドモが見る月と
そうでないニンゲンの見る月と。

月は、ほんとにひとつだろうか、
地球は、ほんとにひとつだろうか。
こよい、
三十数万キロの宇宙空間をへだてて、
だまりこくっている
ぼくと月。



鶴見正夫少年詩集『日本海の詩』所収(理論社、1984年)

鶴見正夫日本海の詩-A.jpg



自由・公平であることを求める詩人のことば[2018年09月23日(Sun)]

◆昨日の記事で文科省「EDU-Portニッポン」の一例、「サウジアラビアに日本型「道徳教育・ジェンダー教育」を売り込む、という奇天烈で傲慢なプランについて触れた。

ちょうど7月に、そのサウジの女性詩人のドキュメンタリーがあったのを思い出して見てみた。
日本の文部官僚も、大臣官房の面々、官民協働プラットフォーム幹事会メンバーも、番組を見て中東への無知と驕りを猛省し、プロジェクトを修正した方が良い。

「ベールの詩人〜声をあげたサウジ女性〜」というドイツ制作のドキュメンタリー(2017年)だ。
アラブ圏の人気番組「百万人の詩人」に初めて出場したヒジャブ姿の女性詩人が決勝まで進んでゆく。詩人の名はヒッサ・ヒラルという。サウジアラビアに住む、遊牧の民ベドウィン出身の女性。
当初は「レミア」というペンネームを用いていたが、ジャーナリストである夫の助言もあって本名で自作の詩を詠み、番組に出演した。

女性が旅に出ることも人前で発言することも厳しく戒める男性優位のイスラム社会に向けて、臆することなく自らの言葉で強烈なメッセージを詠み上げていく。

◆司会者に「女性の詩人が勝つ可能性は?」と訊かれて答える彼女の言葉が印象に残った。

女性だから優勝できたとなれば、それは公平とは言えないでしょう。
でも男性にしかチャンスがないならそれも不公平です。》


さらに言葉を次いだ。

《優勝に値する女性なら勝ち残るでしょう。》

人間としての誇りと信念にあふれたことばだ。


ヒッサ・ヒラルが番組で詠み上げた詩を一篇――

わが頼もしき詩よ
困難に立ち向かうたび
お前の魅力が批評家たちを驚嘆させる

わが頼もしき詩よ
困難に立ち向かうたび
お前の魅力が批評家たちを驚嘆させる

卑しい言葉を語らぬお前に
聴衆は威厳を感じ 満足する

日照りに苦しみ 感情が干上がるとき
私は言葉をもってお前の渇きを癒やす

恐怖と内なる暗闇に打ち勝て
人生を悔やんではならない



*******

★同ドキュメンタリーについては【NHK BS 世界のドキュメンタリー】
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180622


「道徳教育」売ります――文科省[2018年09月22日(Sat)]

◆21日、文部科学省の戸谷一夫事務次官、高橋道和・初等中等教育局長らが汚職事件により懲戒処分を受け、辞任した。
飲食接待の場には複数の国会議員も同席していたというが、彼らの責任はどうなるのか。報道は追及がない。

◆同じ日、文科省は「2018年度EDU-Port公認プロジェクト」なるものを公表した。
文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)
https://www.eduport.mext.go.jp/html/programs/pilot.html

日本型教育を海外展開させ、そのためのプラットフォームを通じて支援するという。
概要は下から閲覧できる。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/09/__icsFiles/afieldfile/2018/09/21/1409403_2.pdf

◆海外展開パイロット事業として公認されたプロジェクトは、コンソーシアム枠(主体の法人と協業する会社との共同事業)として2件(大阪教育大および大原学園)、各500万円の経費支援がある。
個別枠は10件が承認され、各200万円の経費支援がある。
これには信州大や福井大などの教育機関のほか、デジタル教材会社や通信添削教育を事業の柱とする会社も名を連ねている。

「Edu-Portニッポン」と名づけた推進事業の概要を見ると、次のような言葉が並んでいる。

☆新興国には日本型教育への膨大なニーズ +官邸外交により首脳レベルからの要請増加
☆海外展開を希望する教育機関・事業者の増加


日本型教育を商品として売り込もうという事業者の意気込みを官邸も積極的に応援するという構えのようだ。またぞろ首相案件として後押しがあり、水面下で〇いものが動くという構図ではないのか

◆事業として展開される以上、収益をあげることが期待されている。学びのシステムはデジタルを含むコンテンツ(教科書やドリル)、教授法、ネットワークまでがパッケージされた商品として扱われる。そのために国内教育機関での授業研究のノウハウや学習の定着度を測った子どもたちのデータが利用されるはずである。
利潤をあげる事業のために学校を利用すること、まかり間違えば、陰でトクする者がいるかもしれないことのために国立大や附属学校を動員することにならないか。

◆また、各国のニーズの例として、次のような記述があることにも首をかしげてしまう。

中東地域については《サウジアラビア:道徳教育・ジェンダー教育
…改革の動きがあるとはいえ、女性の扱われ方がおよそ異なる文化の国に対して、随分無頓着な書きぶりである。

そもそも、日本型教育において、伝えるに値する「道徳教育・ジェンダー教育」が確立しているとでもいうのであろうか。

中南米では《ブラジル:武道(規範意識)》
…日系人が多いことから柔道へのニーズがある、ということなのだろう。
しかし「規範意識」を移植できると考えているとしたら、それは傲慢な態度だ。

この2例はつまるところ、精神的価値への無理解から来る文化的侵略を構想していることに他ならない。

「規範意識」を持たせる「道徳教育」は、アベ政権下で執拗に画策されてきたものである。
中学生への「特別な教科」として道徳教育が2019年から、高校でも2022年度から新科目「公共」などを用いて道徳教育がなされようとしている。新学習指導要領に拠って個々人の内面を国家が支配するのと同じ手法を、他の国々に対しても行おうというのが「Edu-Port ニッポン」の実相なのではないか。

*******

◆かつて竹中郁は、次のような詩で経済優先・商売第一の国柄を諷刺した。


観光日本  竹中 郁

フジヤマ 売ります
ミヤジマ 売ります
ニッコウ 売ります
ニッポン どこでも売ります
ナルト アソ
みな 売ります
どうぞ どうぞ お越し下さい
わたし 揉み手をします
わたし 造り笑いします
お金もらいます
お金たくさん たくさん よろしい
ニッポン人 みな自動車かいます
ニッポン人 みなライター好き
ニッポン人 みな植木屋上手
ニッポン人 みな時花歌(はやりうた)うたいます
みな お辞儀します
みな みな おとなしいです はい


竹中郁『子ども闘牛士』(理論社、1985年)

◆こうした卑屈さは過去のものになったかもしれない。
《Edu-portニッポン》の説明には「諸外国から高い関心が示されている日本型教育」という惹句が踊る。
文科省の体たらくを脇に置いてさえ、面映ゆいというか、恥ずかしくないか。
教育という羽織の袖の下で、国も人の心も買えるさ、という本音が透けて見える。

使命の実現のために身命を捧げる宣教師なら、文化的背景の異なる国・社会に精神的な価値を伝え根付かせることが出来ると信じて疑わないだろう。
それ以外は、人を人と思わぬ覇権主義者に過ぎない。

うぬぼれが過ぎるというものだ。

竹中郁「夜の星」[2018年09月21日(Fri)]

竹中郁p120山内エリあて昭43年.jpg
竹中郁・画(1968年 孫・山内エリに宛てたハガキより)

夜の星   竹中 郁

日本の上に星がある
ガソリンの匂いのする星がある
訛りのひどい言葉つきの星がある
フォード自動車のひびきのする星がある
コカコラ色の星がある
電気冷蔵庫の唸りのこもった星がある
缶詰のごそごそを秘めた星がある
ガーゼとピンセットで掃除され
フォルマリンで消毒された星がある
原子放射能をふくむ星がある
なかに 目にもとまらぬ速さの星
突拍子もない軌道を走る星
ふかく ふかく
宇宙の谷底めがけて突込んでゆく星もみえる

日本の上には星がある
それが 冬の夜
毎夜 毎夜
重たい鎖のようにつらなってみえる


竹中郁少年詩集『子ども闘牛士』(理論社、1985年)

◆モダニズム詩人竹中郁(1904-82)は戦後間もなく、毎日新聞大阪本社にいた井上靖のすすめで児童詩誌『きりん』を発行。1950年からは毎月、大阪の「こども詩の会」に子どもたちが持ち寄った詩を批評し、指導に尽力した。『子ども闘牛士』は竹中の没後『きりん』を引き継いだ小宮山量平が敬愛の念をこめて編んだ詩集である。最初に掲げた画のように竹中自筆の絵はがきを挿画として多数収録し、愛情あふれる詩集となっている。
後掲のカバー絵の『子ども闘牛士』も竹中が描いたもの。

小宮山が創業した理論社は、〈詩の散歩道〉など少年詩集シリーズを多く世に送っている。

◆さて竹中の詩「夜の星」は《三いろの星――組詩のこころみ》と題する連作の一つだが、この「星」が、星条旗に象徴されるアメリカを指していることは明らかだ。
自動車や原子力、月ロケット、コカコーラや冷蔵庫など、息もつかせぬスピードでアメリカ文明に席巻されたこの国の頭上に光る星々。とりわけ冬の夜空にそれは重たい鎖としてつらなり光るのだと。

南シナ海に展開した海自の潜水艦の頭上にもそれは光っていたであろうか。

竹中郁少年詩集子ども闘牛士.jpg



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml