CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
人事を尽くしても神頼み(台風19号接近中)[2019年10月10日(Thu)]

DSCN8581.JPG

横浜天主堂跡に立つキリスト像(横浜市中区山下町。中華街の青龍門の近く)。
開国後の1862(文久2)年、日本近代最初の教会がこの地に献堂された。
現在の山手カトリック教会の前身にあたる由。

*******

ドラッグストア、スーパー、どこも朝から列をなしていた

◆朝、開店したばかりのドラッグストアに行ったら、水もパンもすでにほとんど売り切れ。レジには年配の女性たちの姿がたくさん並んでいた。
台風再襲来に備えた買い溜めのようだ。
昼に寄ったスーパーもなかなかの混みようで、トイレットペーパーが品薄。
こちらとしては水ℓ6本の箱入りがあればと思って足を運んだのだが、見当たらない。
ボトルのひしゃげた「富士山天然水」2ℓが一本残っていただけ。

◆311の大震災後はさておいて、1973年冬のオイルショックが似たような世情だったかと思うが、当時は水を買う、という習慣はなかったように思う。
トイレットペーパー争奪戦の方は学生寮暮らしだったので実体験はない。
銭湯の料金が連続して上がって行くので、週2回沸かす寮の風呂で我慢することにしたことぐらい(バキュームカーのアルバイトをした時は、さすがに別料金のシャンプー代も支払って銭湯を利用したが、くみ取りの匂いはしばらく鼻について閉口した)。

◆目下中心気圧915hPaという台風19号の凄まじさは先月の15号の比ではないようで、かの伊勢湾台風(何と895hPaだった由)に次ぐ猛烈さと書いた記事もあった。

TVで50m/sで窓が割れ部屋の物が吹き上げられる実験映像を見て、にわかに窓のことが気になりだした。それ以上の暴風が見舞うとなれば屋根が吹っ飛び、命の危険も現実となる。

思案の末、窓に養生テープを貼り(何カ所かは3.11後に貼ったのがそのまま残っている。その上に、隙間ないほどに緑色のテープを貼って行った。

さらに、雨戸がなく風当たりの強そうな窓は、コンパネを買って来てふさぐことにした。ブルーシートの買い足しを含め、ホームセンターに2往復。
ついでにLED懐中電灯も買い足す。これも手頃な値段のものは払底していた。
やはり懐中電灯を買いに来て、仕方なさそうにクリプトン球のものを手にレジに並んだ人が何人かいた。

◆モノが揃えば大丈夫、ということでないのは承知なのに、形が見えるものを手もとに置いてこれで一安心、と言いきかせないと収まらないのだろう。台風の姿は衛星画像で目の前にあるのに、正体はかえって見定めがたく感じられる不安がこの先続くことへの取りつくシマのなさというか。

台風との格闘に備えて体力を温存すべく、どの店でも品物をめぐる争奪戦こそ無かったけれども、
誰もが同じようなことを考えて同様の行動に駆り立てられてしまう神経消耗戦は静かに進行中のごとくだ。


リモコン液晶の寿命[2019年10月10日(Thu)]

DSCN1871クコ.JPG
クコ(枸杞)。実は朱く面長になる。

*******

◆エアコンのリモコンが壊れた。20年余り前に付けたものだからメーカーに在庫はもうないだろうが、エアコン本体は健在だ。
リモコンだけをネットで探したら、同じ型番の出品が20点ほど見つかった。
注文してわずか2日で到着。
電池を入れてスイッチを押すと無事始動させることが出来た。
支出648円ナリ。特別出費が続く中で大いに助かる。

◆液晶の寿命は一口に10年と言われていたが、実際は無論それより長持ちする。

数字を表示するだけの液晶パネルが発表されてからちょうど半世紀になる。
それが1969年の夏だったと記憶しているのは、シャープが試作品を出したという記事をラジオ製作の雑誌で読んだからだ。
最初は電卓のようにデジタル数字を表示できるだけだったのが、やがてあらゆる家電に組み込まれ、カラー液晶画面がブラウン管TVを駆逐するまでに成長して日の丸家電の先導役だった。

しかし今や主導権は海外製品へと移って、政府の肝いりで立ち上げたジャパンディスプレイ(JDI)も挽回に成功するどころか、外国企業にテコ入れを求める状態と聞く。原発輸出と並んで現政権の失敗例として記憶されるかも知れない。

◆栄枯盛衰の激しいものづくりの世界にあって、栄華はせいぜい30年、企業や国家の命脈もそれをやや凌駕する程度に過ぎない。
必要なのは記憶の意味ある継承ということになるだろうか。
初めての経験へと足を踏み出す勇気と謙虚さはそこから生まれるように思うのだが。
昔日の夢よもう一度、という安易さとは似て非なるもののはず。


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml