CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main | 2019年08月 »
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ボルトン補佐官、白昼堂々の「営業」[2019年07月23日(Tue)]

DSCN1290クロバネツリアブ.JPG
クロバネツリアブ(黒翅吊虻)onヤブガラシ。

◆アブの仲間だろうと見当付けて検索してみたらようやく判明。
「吊り」という呼び名は、ホバリング(空中で停止)するためらしい。
三角翼の姿もステルス戦闘機に似ている、というより、人間の方がアブを真似た殺傷兵器をこしらえ1機当たり百数十億円で売りつけるというあこぎな商売を続けているわけだ。
虫たちの堅気の暮らしをこそ見習うべきだろうに。

*******

◆参院選のほとぼりもさめぬ22日、強硬な外交姿勢で知られるボルトン米大統領補佐官谷内国家安全保障局長、岩屋防衛相、河野外相と相次いで会談したとの記事。
イランに対抗する「有志連合」への日本の参加要請について具体的な話がなされたとみられている。

選挙戦の間はこれが争点化することを徹底的に避けたアベ政権が、「有志連合」への参加・協力、新安保法制を拡大解釈した自衛隊の海外派遣、それを絡めた9条改憲へと突き進む動きが歴々と目の前にある(なのに報道は、ひねもす茫漠・茫茫のまま恥じるところがない。タレントの闇営業問題にかまけている場合ではあるまい。それを報じるなら、吉本興業の教育界進出や、「万博」関連タイアップ事業等々をじっくり掘り下げるべきだろう)。

平和構築のための70年余の営々たる苦心をあっさり放棄し、国家衰亡の道をひた走っているとしか思えない。

【7月23日 Litera 記事】
安倍政権が参院選後にまた手のひら返し!
ひた隠しにしてきた“ホルムズ海峡への自衛隊派兵”を事実上決定

https://lite-ra.com/2019/07/post-4841.html


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml