CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年03月 | Main | 2019年05月 »
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
新元号狂騒[2019年04月01日(Mon)]

DSCN0414.JPG

◆新元号「令和」とか。またぞろ、スカだった。
万葉の梅花詠の詞書(ことばがき)が典拠というが、梅咲きにおう初春に発表するならいざ知らず、桜が盛りを迎えようというこの時期に選んだ元号としては完全に「旬」をハズした。
「懇談会」や最終決定に関わったメンバーの季節感の全き欠如を物語っている。
この国の古典から語を拾うというのは右派の意を迎えるためなのだと巷間言われていたが、それなら梅にまつわる言葉から選んだのは逆効果だろう。
梅を賞美するのは文華の咲き匂う中国の風習にならったものであるからだ。

◆典拠としたという「初春令月 気淑風和」自体、張衡(後漢)の「帰田賦」、「仲春令月 時和気清」に拠っているのだろうと諸氏がすでに指摘している。
(「令月」は二月を指すので、長衡の方にこれも二月の別称「仲春」が冠してあるのは自然だが、万葉の方が「初春」とあるのはあえて正月に置き換えたということだろう。梅の花はそちらの方がふさわしい。)
(なお、先行作品をふまえた修辞を「本歌取り」だと言っている人もいるが、これは不正確で、漢文に由来するものは「本説」(ほんぜつ)と言う。漢文や文章をふまえた歌は「本説歌」と呼び、先行和歌を踏まえて歌を詠むことが「本歌取り」。)

いずれにしても我が国の文化も政治の仕組みも中国を範として展開してきた長い歴史を改めて確認することとなった。

◆それよりも気になるのは「令」の一字だ。「令嬢」「令夫人」の熟語があるように、ここでは「良い」の意味を担わせたいようだが、「法令・命令・指令」のように「いいつけ」や「いましめ」の意味もある。さらに漢文で教わるところとして「令」の辞は「(〜せ)しむ」と使役の助字として働くことがある。「令和」だと「和せしむ」。

まさか、「政令」や「法令」で国民に号令して服従させたり、「勅令」「戒厳令」をもって民草を平伏させる魂胆ではあるまいね。

DSCN0420.JPG
*やはり、4月の第一日なら、桜でしょ。
あきつしま大和の国は南北に細長いゆえ、未だ固いつぼみだよ、という地方も多いけれど。




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml