CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年02月 | Main | 2019年04月 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
卒業〜入学 師の声に耳を澄ます[2019年03月31日(Sun)]

DSCN0294_0000-A.JPG
藤沢市の鳥であるカワセミほかをあしらったレリーフ。
市民会館前の舗道にて。

*******

◆新年度を前に、県内の教職員の異動が朝刊の別刷りで届いた。地元小学校の校長先生の退職が録されてある。先般の卒業式が教師人生において教え子の旅立ちを見送る最後の式となったわけである。6年生たち数名ずつ順繰りに校長室で給食をともにする時間を持ったと話されていた。巣立つ子ら、見送る者それぞれに忘れがたいひとときとなったことと思う。

◆先日、高校時代の恩師である小田桐孫一先生(1911-1982)の声をYouTubeで発見した。録音テープ発見の記事を地元紙がアップしたもので、中に47年前――1972年の3月の我々の卒業式でのスピーチが含まれていた。
その後、スピーチ全部を収めたCDを同期の友人から送ってもらった。
録音発見を伝える地元紙「東奥日報」の記事も添えてあった。

★【2018/6/23 東奥日報ニュース】
伝説の名物校長 生前の音声テープ発見
https://www.youtube.com/watch?v=oz2tJvbVQ6A

◆CDの声は、18歳の我が耳に刻み込んだ記憶と重なりつつ、当時感じていたより遥かに若々しい声であることに驚いた。
必ず我々の先を歩いている人という絶対的な感じとのズレなのだろうが、当時60歳の恩師より齢が上になったにも関わらず、なお追いつくことはない、ということを確かめるために生きて来たような気がする。

今まさに壇上の師の声を聴く思いで涙、その日のスピーチを収めた随想集を久しぶりに繙いてまたまた涙…であった。

◆我々の卒業と時を同じくして恩師も退職の期を迎えていた。
スピーチは次のように始まっている。

〈チップス先生さようなら〉――イギリスの作家ジュームス・ヒルトンは、彼の書いた短編にこのような名前を付けました。この短編小説は、私(わたくし)がこれまでいくたびか読み返し、そのたびごとに心から笑い、またときには思わず涙を流したことのある作品であります。ここには永遠の教師像ともいうべきものが描かれてある。描かれたものではあっても、私は年来そういうものになりたいと願い、今その願い半ばにして、三十年になんなんとする学校生活を終ろうとしています。しかも、この学校の八十九年の歴史の古さとここに学ぶ生徒の若さとが、今日の日までよく私ごとき者を支えてくれました。去る身にとって、なんの悔いがありましょう。この上はただ、これからの私の人生の黄昏においてもなお、生のある限り、わが「心の故郷」のさらに栄あれと祈りながら、私自身、心してチップス先生の求めたる所を求めつづけたいものと願うのみであります。

◆芭蕉の〈古人の跡を求めず、古人の求めしところを求めよ〉をふまえた語、「先生の求めたる所を求めつづけたい」とは、薫陶を受けた者たち一人ひとりの胸に刻まれ、指針となった言葉でもあったはず。

このスピーチでは、チップスの生涯をたどりながら、第一次大戦で戦死した教え子たちの名を日曜礼拝のたびに読み上げるチップスの姿も朗読している。
日本の敗戦から丸四年におよぶ抑留体験を味わった人として、チップスの悲しみを通して戦争のむごさを我々に伝えずに済ますことは出来なかったのである。

◆卒業生への言葉はチップスの最後の言葉を受けて次のように締めくくられた。

私にも何千人もの子供たちがあった。今「その何千人もの子供たちの大合唱(コーラス)が、これまでに聞いたことのない壮大さと美しさと暖かい慰めとをもって」聞こえてくるような気がする。その大合唱(コーラス)隊の中に諸君ひとりひとりがいる。しかも諸君は今、私と一緒にこの学び舎を立ち去ろうとしているのである。
諸君はこれからヘラクレィトスのいわゆる「上への道」を辿ることになり、私は「下への道」を辿ることになる。それにしても、いわば同期生なのである。だから私は、ことにたぎり立つ思いを籠めて諸君に呼びかけたいのだ。諸君に呼びかけることは、私の教え子たち全部に呼びかけることであり、またわが母校の八十九年の歴史に呼びかけることになるのである。
教え子たちよ、人生の旅人たちよ。
十分に翼を張り、いかなる風雪にあおうともそれに耐えるようそれぞれ翼の付け根を固めよ。
俗物の教養がどのように世にはびころうとも、諸君ひとりひとり、「一隅を照らさんとする」高き志を立てて、思う存分羽ばたくがいい。
私は別れの袖の重き心を抑えながらそこまで見送ろう、諸君ひとりひとりの後ろ影が消えるまで。そしてやがて、私自身、瓢として浮雲(うきぐも)の若(ごと)くに、この門から立ち去るであろう。晩年のチップスのあとをなおも尋ねて行くために。
鏡ヶ丘の子供たちよ、さようなら。
 
(昭和47年3月)

「一隅を照らす」…「山家学生式」にある最澄の言葉。
*文字遣いは小田桐孫一随想集『鶏肋抄』(1972年)所収の「螢雪の辞(二)」に拠った。

◆高校の入学式における出会いから数えるとちょうど50年。時間の長さが果たして質の伴うものであったか、師の墨跡をながめながら自問する。

小田桐孫一[飄若浮雲又西去](鶏肋抄より)-A.jpg
〈飄若浮雲又西去 石心書〉…〈飄として浮雲のごとくまた西に去る〉、「石心」は小田桐孫一先生の号。(『鶏肋抄』中扉より。1972年発行)

*******

◆昨日と同じト・ジョンファン『満ち潮の時間』(ユン・ヨンシュク、田島安江 訳)から――


教師の祈り   ト・ジョンファン

天に放つために鳥たちを育てます
子どもたちが私たちを愛するようにしてください
あなたが私たちを愛するように
私たちが子どもたちを愛するように
子どもたちも私たちを愛するようにしてください

私たちがあなたにそうであるように
子どもたちが私たちを熱く信じ、従い
あなたたちが私たちにそうであるように
子どもたちを慈しみ、大事に思い
嘘偽りなく教えることの出来る力をお与えください
子どもたちがいるから、私たちがいるように
私たちがいるから
子どもたちが勇気と希望を持ち続けられるようにしてください
力強く飛べる羽ばたきを教え
世の中を正しく見る目を持てるようにし
やがて彼らが、空の向こうに飛んで行ったあとの
がらんとした風景を眺め
その風景を再び満たせることで
一生を捧げていきたいと思います
子どもたちがお互いを愛し合うときがくるまで
私たちを愛するようにしてください
私たちがもっともっと子どもたちを愛せるようにしてください


*1954年生まれの韓国の詩人もまた教職にあった。訳者の一人ユン・ヨンシュク氏は1953年生まれ。ともに当方と同世代だが、「戦後」ではない韓国の歴史を生き、そこに言葉を沿わせて子どもたちへのメッセージとしていることに感動を覚える。


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml