CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年02月 | Main | 2019年04月 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
耕す犂先に耳を澄ませ[2019年03月17日(Sun)]

◆朝、窓を開けたらウグイスのさえずりが聞こえた。
今年初めて聞く。


DSCN0334.JPG
イタドリハムシ。
大きさも飛び方もテントウムシに似るが、斑紋の形が独特。面長な胴に触角も長いなど、異なるところが多い。



*******


目に接ぎ木されて   パウル・ツェラン


目に接ぎ木されて
いるのだ お前の目に、森に道を示した小枝が――
眼差に兄弟姉妹のように結びつけられて、
それは あの黒い、
あの芽をふく。

空一杯に 瞼が この春のために張られる。
瞼一杯に 空が広がる、
その下で、あの芽に守られて、
永遠である者が 耕している、
主が。

その犂先に耳を澄ませ、耳を澄ませ。
耳を澄ませ――それは軋んでいる
あの固く、あの明るい、
あの太古の涙のうえで。


『敷居から敷居へ』(1955年)の〈取り替わる鍵で〉の一篇。
『改訂新版 パウル・ツェラン全詩集』中村朝子・訳(青土社、2012年)より。

★友より「おみ漬け」(と説明してくれた)――年来手ずから育てている野菜を細かに刻んだ漬けものを頂戴した。
夕餉に豊かさの加わる一品。
犂をふるい種を蒔き、育て、刈り入れる。
食する我らもまた太古からの営みに推参し、その恵みに浴すること。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml