CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年01月 | Main | 2019年03月 »
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
画家・堀文子さん逝く[2019年02月08日(Fri)]

◆日本画家の堀文子さんがこの5日に亡くなったと報じられた。謹んでご冥福を祈ります。

*******

◆東京生まれだが、大磯に暮らし始めたのは1967年というから、一世紀に及ぶ人生の半分余りを大磯町民であり続けた。
この間、軽井沢やイタリア・トスカーナ地方のアレッツオのアトリエを往き来して制作を続けたとのこと。「一所不住」の生き方を貫き、〈群れない、慣れない、頼らない〉を信条としたと聞く。

本屋で別冊『太陽』(平凡社、2018年11月発行)の堀文子特集が目に入った。
ページを繰って驚いた。
昼のTVで一部だけ見た「徹子の部屋」に飾ってあった絵が載っていたからだ。
「アフガンの女王」と題する、黒柳徹子がモデルの作品。
車椅子の堀と黒柳がこの絵の前で撮った写真も載っている。

堀文子アフガンの女王.jpg
アフガンの女王(2003年)

◆別冊『太陽』の特集号は〈日本のこころ〉というシリーズの一冊だが、中に紹介されている堀の世界は、作品・生き方ともに、到底そのような狭い枠に収まるものではないことが分かる。

これまで見た堀の作品たちと、手もとにある画文集の印象から、花や山を描いた画家、という先入観があったのだが完全に一新された。

◆2016年秋に平塚市美術館が湘南ゆかりの日本画家たちとして創画会ゆかりの画家たちを紹介していた。訪れた時は、堀のお弟子さんに当たる日本画家が解説を加えながら観て回るイベントがあり、若い画学生たちとともに貴重な話を聴くことができたのだが、堀の作品の前で話したエピソードが印象的だった。

さる展覧会の打ち上げでのこと、女性陣が男性たちに酒をついで回ろうとするのを堀が制止したというのだ。
会社のつきあいの席ならいざ知らず、絵を描こうとする人間がそうしたことをすべきではない、という理由だったと思う。
毅然と独立独歩の生き方を貫いた人なのだな、と感銘を受けた記憶がある。

◆大変な行動の人でもある。
2000年、幻のブルー・ポピーを一目見ようとネパールに出かけた話は知られている。

幻の花 ブルーポピー 2001年.jpg
幻の花 ブルーポピー(2001年)

◆別冊『太陽』は、2014年、安保法制強行採決の折に堀が新聞に寄せた投稿を載せている。
1936年、二・二六事件で銃剣を喉に突きつけられた恐怖を味わい、1945年には兄と弟の戦死を体験した者として声をあげずにはいられなかったのだ。

その全文を引いておく。

政府の暴走止めよう  画家 堀 文子 95 (神奈川県大磯町)

国民に相談もなく、十分な説明もせず瞬く間に特定秘密保護法を衆参両院ともに通過させた現政権の独断を私は許しません。
無謀な戦争を企て、何百万の兵士と国民の命を奪い、全国の都市を焼き、歴史が残した貴重な文化遺産を灰燼(かいじん)に帰した第二次世界大戦の苦痛。その過ちの末、私たちが得た平和憲法は、日本人の血と命から生まれた世界史に残る戦争放棄の誓いでした。
日本が軍事行動を起こすため、政府は平和憲法を改正したいが、国民の同意を得るのは難しい。そのことを知った与党は、平和を装いながら特定秘密保護法をつくりました。「国益のため」と本心を隠し、反逆者の名目で反対意見を抹殺するため、この法をつくったと思います。
平和を望む者を罪人にしてしまうかもしれないこの悪法は、かつての治安維持法そのものです。この法のために国民の反戦意見は抹殺され、戦争の地獄への道連れにされたのです。オリンピックに血道をあげさせ、国民を享楽的にさせた当時の国情と今の世相があまりにも似ているのに私は戦慄(せんりつ)を覚えます。
日本は再び危険な野望に向けて暴走を始めたように思えてなりません。今こそ国民が一致団結して危険な法の粉砕を図らなければ、後世に禍根を残します。今なら入口に戻り、路線を変えられます。
自民党の暴走を止めるのは、今を生きる国民の務めであり、責任です。
危急存亡のとき、国の暴走を許さぬ賢い日本人になる必要があるとつくづく思います。

 ★東京新聞 2014年1月9日 投稿欄「ミラー」から

*作品、新聞記事はいずれも〈別冊『太陽』100歳記念 堀文子 群れない、慣れない、頼らない〉(平凡社、2018年)から


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml