CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年12月 | Main | 2019年02月 »
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
こまつ座「どうぶつ会議」で歌った[2019年01月31日(Thu)]

DSCN9856_000-A.JPG

◆こまつ座「どうぶつ会議」を観る(こまつ座第125回公演)。「飛ぶ教室」で知られるドイツの作家、エーリッヒ・ケストナーの作品を井上ひさしが音楽劇に仕立てたものだ。

約半世紀ぶりの上演ということだが、ちょうどケストナー生誕120年でもある。
演出は田中麻衣子

原作は1949年。第2次大戦後まもなくだが、再び戦争だ食糧危機だ難民だと、世界をダメにするしか能がない大人の人間たちから子どもたちを守るために動物たちが立ち上がる物語。

会場にあった池田香代子訳の「動物会議」を求めた。
すでに岩波の子どもの本シリーズの一冊(光吉夏弥・訳)や、絵がモノクロだが高橋健二のかなり自由な訳によるものもあるけれど、池田訳は大きめの絵本であり、たくさん描き込まれた動物たちを存分に楽しめる。
そのあとがきによれば、この絵本の原案をもたらしたのはイェラ・レープマン(レップマン)だという。国際児童図書評議会(IBBY)を立ち上げた女性である。絵はケストナー作品ではおなじみのヴァルター・トリアー。

ケストナー動物会議池田訳.jpg
ケストナー「動物会議」(池田香代子・訳、岩波書店、1999年)

*******

◆井上ひさし版音楽劇「どうぶつ会議」はメッセージをストレートに打ち出し、昔子どもであった大人たちを歌に載せて「ひょっこりひょうたん島」的世界に連れ去っていく。

◆隣の席の、当方と余り変わらない年かさの男性が何度も歌に合わせて歌った。2度目か3度目の来場なのでは、と思われた。

動物たちと人間の大人たちとの交渉が始まる前に〈動物憲章〉の歌を観客たちも練習した。動物たちを応援するためにである。平日とて年配の方が多い観客たちも「子ども」として厚遇していただいたわけである。
この時も隣の男性はノッていて、ステージでお手本が唄われるときからもう口ずさみ始めていた。観客たちの番になると一層大きな声で歌うのだが、音は旋律をハズしている……と思いきや、違った。ハズれているのだが、フレーズの終わりではハモっているのだった。
こうした才に恵まれた人は尊敬してしまう。うらやましい限りである。

動物憲章の唄(3番まであるが、その1番だけ掲げる)
1.
ちいさいちいさい ぼうふらも
おおきいおおきい マンモスも
かわいいかわいい ひなどりも
こわいこわい 毒フグも
そして人間も―― (*ここは10拍分伸ばす、と指南があった)
せまい地球にしがみついている仲間さ


音楽は国広和毅
「動物憲章の唄」は音程の上がり下がりはあまりない。
最近小学生のリコーダー演奏を聞かせてもらった時に気づいたことだが、3年生くらいだと左手だけで大体のメロディーを演奏できる曲が選ばれているようだった(右手はたまに必要な程度)。
「動物憲章の唄」もそのように作られているのではないかな、と思った。
ぜひぜひ子どもたちにこの唄が口ずさまれ演奏されて、昔子どもだった人間たちもそれに美しく染まっていきますように。

◆忘れてならないのがネコの郵便屋さんを演じた池谷のぶえの歌声。最初につややかな魅力をたっぷり振りまいて、それに浸っていたいと思わせるあたりでチャチャが入ることを繰り返すという仕立てになっているので、彼女の歌声を聞くためにだけまた劇場に来る人もいるだろうな。
隣席のあのオジさん、また来るかも。

また来られない自分は、幸い手に入った「贋作女優 池谷のぶえ」(えんぶ、2018年)を心遣りとすることにして帰路に就いた。
 
贋作女優池谷のぶえ.jpg


◆象のオスカール役の上山竜治へのファンからのプレゼントがロビーを飾っていたのでその画像も紹介。

DSCN9853-A.jpg

*初台の新国立劇場・小劇場で2月3日まで。


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml