CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年12月 | Main | 2019年02月 »
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ムンクの月光[2019年01月21日(Mon)]

◆今回のムンク展がその全生涯を鳥瞰できるように工夫されていたために幾つか気づくことがあった。

その一つとして月の光がある。
それもシンボリックな意味をこめて若い時代の作品から繰り返し画面に登場する。

古い順にいくつか挙げておく(いずれも「ムンク展」図録より)

190118ムンク[神秘の浜辺](1897年)_0002.jpg
ムンク「神秘の浜辺」 (1897年)
◆木版による作品である。
満月とその光りが海に反射しているように見えるが、水平線近くの盃状の反射が遠近感をもって岸辺に届いてくるという水平方向を表現するのではなく、空中に光る燭台が垂直方向に浮かんでいるように見える。

◆28年後の「生命のダンス」では、人物群の間に分け入るように画面の左上に月とその反射が描き込まれている。

190118ムンク[生命のダンス](1925年)_0003.jpg
「生命のダンス」 (1925年)


◆最晩年(70歳)の油彩「浜辺にいる二人の女」にも、黄色い満月と水面への反射が描き込まれている。若かりし頃に繰り返し制作した同題の版画作品と同じ構図・構成である。

ムンク「浜辺にいる二人の女」(1933-35年).jpg
「浜辺にいる二人の女」(1933-35年)

◆図録解説は月を女性、長く伸びた光の反射を男性性と説明し、全体としての形は十字架を想起させると記す。
神秘的なものの顕現はしばしば水の上に浮かぶものとして示されるから、月からこちらに届く光の方向性よりは輝きを放つものが宙に浮かんで何ごとかを啓示する、ということが暗示的に表現されているのかも知れない。

◆それにしても繰り返し現れるこの月光は、海の上だけに現れるのではない。
下の作品のように、森の木々の向こうに垂直方向の光の帯として描かれたものすらあるのだ。

ムンク「森の吸血鬼」(1916-18年).jpg
「森の吸血鬼」(1916-18年)

◆森の向こうには他の絵と同様に海があるのかも知れないが、月を背にしている女の吸血鬼の肩から腕、手にいたるまで、月光そのものに変じたかのような黄色で描かれている。

◆昨日の「星月夜」(1922-24年)においては、中景に描かれた人物らしきものが、本体も影も青い色で表現されていた。それと吸血鬼の肌を染めた月光とを考え合わせてみるだけでも、さまざまな想像が動き出すように思う。




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml