CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年10月 | Main | 2018年12月 »
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「安保法制は憲法違反」の判決を求める署名提出[2018年11月29日(Thu)]

DSCN9239-A.jpg

本日、安保法制違憲訴訟第8回口頭弁論
開廷前に横浜地裁前で

今日もたくさんの傍聴者で横浜地裁101号法廷は熱気に包まれた

◆広島で生まれ育った原告Nさんの意見陳述は、小学校の社会見学で原爆資料館(現・平和資料館)見学から帰って来た夜の夢の記憶から始まった。
「助けて、助けて」と自分に追いすがる大勢の人たちが夢に出てきたのだという。

その後、神奈川で暮らすようになり、地元生協の「ひろしま子どもツアー」で10代の子どもたちと一緒に戦争・平和について学び直す中で、じぶんの中の「原爆」に向き合い直した、と述べた。
Nさんの陳述が終わると、傍聴席からあたたかな拍手が湧き起こった。

◆ツアーに参加した子どもたちの声を紹介しながら、ご自身にとっての10年に及ぶ「ひろしま子どもツアー」を総括したNさんのことばを抄録する。

平和が空気であるかのように育った子どもたちにとっては、当然、見るもの・聞くこと全てが衝撃的であり、「気持ち悪い、怖い」など吐露しながらも、最後には「戦争になったら絶対、声を上げて止める」「首相になって核兵器を無くす」等々、乾いた大地に水がしみ込んでいくような柔軟な感性で応えてくれました。
戦争とは殺し・殺されることであり、平和を構築していくには、史実をきちんと学び、原爆を語り継いでいくことの大切さが不可欠だと受けとめていました。「見て、聞いて、感じ、そして想像して考えることは、9条を守り、活かすことに繋がる」と私たちに教えてくれた「ヒロシマ」こそが平和の原点だと学んだ10年でもありました。



署名12,369筆提出

◆閉廷後、「安保法制は憲法違反」の判決を求める署名を裁判所に提出するというので、弁護士さんや他の原告の方々とともに書記官室に行き、12,369筆(!)もの署名の束が確かに手渡されるのを見届けることになった。裁判所での署名提出は初めての経験。

★署名は「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会が呼びかけているもので、今後もまとまりしだい裁判所に届けられる。
署名は県外在住の方も若い世代もOKなので、ぜひご協力を。

〔A〕ネット署名で

https://www.change.org/p/裁判所宛-安保法制は憲法違反-の判決を求めます

〔B〕署名用紙で(下記からダウンロードしてプリントして下さい)
https://drive.google.com/file/d/1R5eR-ac-lG7xpggc4SrKI7FC0gMNC094/view


DSCN9243.JPG
横浜地方裁判所近くに咲いていたツワブキ



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml