CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年09月 | Main | 2018年11月 »
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
清岡卓行と上野[2018年10月11日(Thu)]

DSCN8660最上壽之「イロハニホヘト〜」-B.jpg
最上壽之(ひさゆき) 「イロハニホヘトチリヌルヲワカヨタレソツネナラムウヰノオクヤマケフコエテアサキユメミシヱヒモセスン」(1979年)
上野の東京都美術館の、正門ではない、右手横の入口にある。
材は富士大沢石。
*なお、説明プレートの題は「…ケフコテ…」とあったのを「…ケフコテ…」に改めておく。

*******

◆上野を訪れた日は3連休の最終日で、都美術館の上の階からは動物園に並ぶ子供連れの人々の列がよく見えた。

◆清岡卓行の詩集『ひとつの愛』は亡き妻をモデルとした詩群を含む。
その中に上野界隈を舞台に、出会いの前、空腹を抱えた青春期の散策と、20数年後の休日、病妻と幼子とともに歩いた一日とを対照させた一編がある。

上野  清岡 卓行

大学のすぐそばに下宿して
ときめく権威の講義を聴きに行かず
ひとりきりの部屋で 碁盤に
白と黒の石のトッカータを
うっとりと奏でてみたり
窓から見える 空襲のあとの
汚された空の舞台の かわらぬ青に
向日葵(ひまわり)と海星(ひとで)の
なまめかしいバレーを演出してみたり
そんな夢ばかり見ていた 学生の頃。
唾をのみこんであやす胃袋は
辞書を食べたいほど からっぽで
夢こそは現実。
古代のようにうすむらさきの夕ぐれに
池の端などを散歩しては
動物園帰りの 埃っぽく疲れた親子連れに
ふしぎな憐れみを覚えたものであった。
ぼくの胸に そのとき
浮かんでいた不遜の言葉
――創造のない家庭のみじめさ。

それから二十数年。
ぼくは ときたま
残酷な童話の動物園から
あるいは 沈黙の少し足りない音楽会から
病んだ妻や幼い子供と連れだって
広小路大通りなどを
夢の中のようにぶらぶらと
懐かしく歩いて帰るのである。
おお 現実こそは夢。
だるく底しれぬ平和の中の
残りの時間の狂おしさ。
休日の気ばらしにも疲れて ぼくたちは
横道の古風なそばやととんカツやで
眩しく明るい舞台にのぼったような
粋でたっぷりな食事をする。
ぼくは 家族の優しい視線の交錯で
透明な鳥籠などを作ろうとする。
ぼくの胸に そのとき
浮かんでいた不安の言葉
――家庭のない創造のみじめさ。


『ひとつの愛』 (講談社、1970年)所収。ここでは『清岡卓行全詩集』(思潮社、1985年)によった。


*******

◆冒頭の彫刻の作者・最上壽之氏が10月2日に逝去されたことを知った。
享年八十二。
横浜みなとみらい地区にある「モクモク・ワクワク・ヨコハマ・ヨーヨー」も氏の作品だった。
ステンレス製で全く異なる作風。横須賀生まれとのことだから、また作品に出会う機会があるだろう。

201809151320最上壽之「モクモク・ワクワク・ヨコハマ・ヨーヨー」1994.jpg
最上壽之「モクモク・ワクワク・ヨコハマ・ヨーヨー」(1994年)
*ランドマークタワーからクイーンズスクエアに渡る所にある。


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml