CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年05月 | Main | 2018年07月 »
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
子どもたちに恥ずかしくない政治と社会を[2018年06月10日(Sun)]

雨の国会前、幾そたび


DSCN7376-A.JPG

◆時々強く降る雨もものかは、国会正門前にはアベ政権退陣を求める2万7000人もの人々が集まった。

DSCN7377-A.JPG

◆スピーチ前半は野党の人々。
福山哲郎衆院議員(立憲民主)は「もうええかげんにせえよ、たいがいにせにゃあかんで。子どもでもこんなことしたらあかんと分かるで。」と地元のことばで文書改竄・虚偽答弁が続く、これ以下はないというほどひどい政治状況を批判。
続く小池晃参院議員も誰も責任を取ろうとしないアベ政権を徹底批判した。

◆沖縄から山城博治さんは「我々は戦争の時代は望まない。原発の脅威、差別、戦争のない時代をつくって行きたい」と訴え、鎌田慧さんは日の丸・君が代、国定教科書に向かう教育に象徴される民主主義破壊に抗して、80,90になっても闘うと「老人」の誓いを宣言した。
佐藤学さん(安保関連法に反対する学者の会)は「今やアジアの平和の脅威は、戦争する国に邁進する安倍首相そのものではないでしょうか。」と、2日後に迫った米朝会談の帰趨に注目。
海渡雄一弁護士は、アベ政権が成立を強行した特定秘密保護法と共謀罪について、未だ一つとして実際に立件されたものが無いことは、これに反対する国民の声の力が大きいとしながらも、これらの悪法こそ戦争を支える法律であり、その廃止を引き続き求めることが必要、と呼びかけた。

*******

◆被団協の事務局次長である児玉三智子さんのスピーチも感銘を与えるものだった。
国民学校二年生だった7歳で被爆。父に背負われて帰宅する道々目撃した地獄図は今も鮮明だ。
抜粋で書き起こしておく。

原爆は人として死ぬ事も人間らしく生きる事も許さなかった。
……自分だけが生き延びてしまったという罪悪感、脳裏に焼き付いたままのあの日の地獄の光景、音、声、においを抱きながらその後の生活苦、世間の偏見・差別と闘わなければなりませんでした。
被爆者の苦しみは深く、今も続くものです。73年が経った今でもあの日が消えることはありません。
わたくしも、両親、娘、弟二人を次々と亡くしました。
悔しさと悲しさでいっぱいです。

……私たち被爆者は私たちが味わった地獄の苦しみを世界の誰にも再び味わわせてはならないと、再び被爆者をつくるな!核戦争を起こすな、核兵器無くせ!と国の内外に原爆被害の実相を語り続けてきました。……2017年7月国連会議に於いて核兵器禁止条約の採択として結んだのです。核兵器廃絶への扉がやっと開き、うれしく喜び合いました。
ですが、唯一の被曝国の日本政府が賛成しないことは被爆者として怒りを覚えます。

……核兵器廃絶までの道のりは未だ未だ困難なことがありますが、被爆者は訴えます。
ここに参集されたすべての皆様、青い地球を守るのか、破滅の道を選ぶのか、私たちはいま、岐路に居ます。核兵器の廃絶なしに世界の人類の命と安全を守ることはできません。
被爆者国際署名を広げに広げ核兵器のない世界を実現しましょう。
あの日瞬時に命を奪われた被爆者は憲法9条になった、と私は思っております。

惨禍を繰り返してはなりません。
世界に誇れる憲法9条を輝かせ、命と平和を守りましょう。
皆さん、ともに力を尽くしましょう。


★Youtubeに集会の全体がアップされている。
上の文字起こしもそれに基づいた。投稿者に御礼申し上げたい。
https://www.youtube.com/watch?v=b3hIR2FGR2k


DSCN7381-a.jpg

DSCN7374.JPG


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml