CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年03月 | Main | 2018年05月 »
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
田基地配備のオスプレイ横浜港に来たる[2018年04月03日(Tue)]

◆米軍田基地に配備されるオスプレイ5機が予定を大幅に早めて横浜港に入った。
昨年11月のトランプ米大統領の来日が田基地に降り立つことから始まったことと同様に、北朝鮮や中国に軍事的威力を見せつけることを狙っているだろう。

日本の自衛隊が導入を決めたオスプレイも木更津への配備が予定されているとのこと。首都空域はオスプレイが随意に飛び、不随意に墜落する恐怖のもとに置かれることになる。

★【日経:共同】4月3日19:04更新
オスプレイ横田基地に今夏配備 5機、今週後半到着
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28943360T00C18A4PP8000/

◆この記事の見出し、何とも悠長で他人事のような書きぶりだ。
TVを見た人は、輸送船が、中のオスプレイを全く見せないまま巨大な箱舟か棺のように「横浜ノースドック」(米軍の施設。横浜市神奈川区の)に向かう魁偉な姿に無気味なものを感じたのではないか。

毎日新聞の見出しも「オスプレイ 横田基地配備へ 5機運用、沖縄以外で国内初」というもので、いただけない。「沖縄以外で国内初」とは沖縄が日本国でないかのような書きぶりだ。せめて「本土初」だろう。「首都圏にもオスプレイ配備」でも生ぬるいくらいだ。

◆田空域が米軍の管制下にあること、すなわちこの国がアメリカの属国であることを端的に示しているのがオスプレイであり、横田基地で軍服姿で会見に臨んだトランプ大統領のパフォーマンスであった。その時間にこの国のトップは接待のためのゴルフ練習にいそしんでいた。
そればかりかその練習の「成果」がトランプ氏の冷笑で報いられるという悲しいまでのオチが付いていた。
首相の椅子など、かくもつらい憂き目をこらえてしがみつくほどの値打ちはあるまいに。

*******

空間について  天野 忠

金属も
疲労する。
空から
飛行機が落ちてくる。

もちろん
人間をや。
人の間から
人が落ちる。

空と
間が
残る―


 天野忠『長い夜の牧歌』(書肆山田、1987年)
 *〈老いについての50片〉と副題がある飄逸&しみじみの詩集。

天野忠長い夜の牧歌.jpg


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml