CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年01月 | Main | 2018年03月 »
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「北海道」命名150年[2018年02月07日(Wed)]

◆朝日新聞今日の夕刊、池澤夏樹の連載「終わりと始まり」は北海道について。

北海道という名が明治維新政府の太政官布告によって定められてから150年目となる。
命名者は幕末に蝦夷地を踏査した探検家・松浦武四郎。彼が提案した案のうち「北加伊道」の字遣いを変えて「北海道」となったそうだ。

◆池澤は、松浦が「北加伊道」とひねったのは「アイヌ語を痕跡でも残したいという松浦の意地ではなかったか」と推測する。
江戸時代にアイヌの人々を苦しめた松前藩の「場所請負制度」の撤廃を明治政府に訴えて容れられなかった松浦が開拓判官を辞任し位階も返上して二度と北海道に足を踏み入れなかったことに松浦の本意を汲み取っているのである。

そうした理解者がいないわけではなかったが、明治政府は戸籍法によってアイヌにも日本式の氏・名を強制し、1899年の北海道旧土人保護法によって「アイヌは旧土人という身分に押し込められた。」 *旧土人法の廃止はなんと1997年のことである。

◆その後の植民地・北海道の歴史を振り返って池澤の文章は沖縄戦に至る。

太平洋戦争の末期、沖縄は国内でほぼ唯一の地上戦の舞台となった。三ヶ月に亘(わた)る戦闘で二十万人以上が亡くなった。その大半が沖縄の民間人ならびに沖縄で徴兵された兵士だったのは当然として、他の地域から送り込まれた中で最も多くの死者を出したのが北海道だった。一万八百余名という数字は次位の福岡県の倍を上回る。
もともと北海道は軍事的な性格の濃い土地である。ソ連という仮想敵国を北に置いての経営だった。旭川は軍都と呼ばれたし、札幌の北海道神宮の大鳥居が北東を向いているのはロシアを睨(にら)んでのことと言われる。屯田兵もロシアを意識したものだったろう。
だから多くの北海道の兵が死地とわかっている沖縄へ送り込まれた。早い話が北海道人は命が安かった。

 *太字は当方。以下も同じ。

◆戦後はどうか? 命を安く扱う中央政府による植民地的北海道経営は現代にも色濃く残る。
国鉄分割民営化後のJR北海道の苦闘に触れ池澤は、次のように国の責務を問う。

現代の社会で交通権は基本的人権の一つではないのか。人々は駅があって鉄道が走っているからそこに移り住んだ。通勤、通学、通院の手段を保障することは国の責務ではないか。日本国憲法第二五条には「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」とある。
中央から見て僻遠(へきえん)の地も住民にとっては世界の真ん中なのだ。


まさしく。
「湘南のオアシス」というブログのタイトルをもって、観光化した「湘南」ではなくその奥、先日新築成った市役所界隈からは僻遠の地と自認するこの俣野の辺りも、高齢者にとって「足」の確保は最重要課題になっている(同列に語る話ではないと承知だが、課題に直面した身なら北海道の交通問題の切実さに少しは想像が届くだろう)。

明治150年讃歌に浮かれて僻遠の民の誇りを踏みつけていると、ジャガイモ、牛乳、北海道産米も手に入らず食糧危機に陥るのは必定で、平成の次の世はとうてい「治まる明(めい)よ」。

*******

明治維新が何だって?
時代劇の俳優たちより低い意識で
何の改革ができるもんか
  
 広津里香「異邦人」
より
  *詩は長嶋南子「花は散るもの 人は死ぬもの」(花神社、2016年)によった。

心の視力[2018年02月07日(Wed)]

大人になると、心の視力が落ちるのです。

                     木戸 沙奈


  『神奈川県福祉作文コンクール入選作品集』
   神奈川県共同募金会&神奈川県社会福祉協議会発行、2017年12月
      木戸紗奈「おっちゃんと私」より




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml