CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年10月 | Main | 2017年12月 »
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
善悪の標準[2017年11月05日(Sun)]

DSCN4328.JPG
◆鮮烈な赤い実をつけたソヨゴという木。
風に吹かれて葉が擦れる音が「ソヨゴ」の語源という。
最高裁向かい、国会図書館東側のゆるやかな坂道を憲政記念館に向かう所に新たに出来た合同庁舎に沿って植えられていた。
そのあたりはかつて社会文化会館があった所、すなわち旧社会党→社民党の本部だった場所だ。グレイの新庁舎は低層の、軽量鉄骨で建てたような暫定的なしつらえに見えた。
ソヨゴも地表を覆うように植えたタマリュウも未だ土になじんでいないようだ。

DSCN4332.JPG

◆もう少し進むと左手に国会見学用のバス駐車場と売店。登り切って左に折れると咢堂・尾崎行雄を記念する憲政記念館だ。

*******

善悪の碑

◆咢堂の誕生地に建つ「善悪之標準」の碑について以前触れた。
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/427


DSCN9237.JPG
「善悪之標準」の下には「世人乃幸福をます言行ハみな善事之をへらす言行ハみな悪事」という文字が続く。
これを含め尾崎咢堂翁五訓と呼ばれるものが伝えられている。

一、 人生の本舞台は常に将来にあり。
二、 すべての虚偽と迷信を廃し、科学的な合理主義を第一として判断せよ。
三、 すべての問題は力闘によらず、理闘によって解決せよ。
四、 世人の幸福を増す言行はみな善事なり、これを減らす言行はみな悪事なり、これぞ善悪の標準なり。
五、 戦争の絶滅を期し、世界連邦の設立に協力せよ。


「三」は、武力・腕力・金力などにモノを言わせるのでなく、筋目の明らかな普遍の理想をもって相手と堂々勝負すべし、という意味だろう。
武張ることなく米朝・日朝の対話の努力が必要な現在、よくよくかみしめたいことばだ。

DSCN9241-A.jpg
神奈川県相模原市緑区又野(その昔は津久井郡だった)にある咢堂記念館(2016年12月)。


武士武士と言うたかて[2017年11月05日(Sun)]

DSCN4405.JPG
通りかかった新宿西口地下のバラ展で。

「武士」と持ち上げられても…

◆【AFP=時事】によれば、トランプ大統領は米FOXニュースのインタビューで、「日本は武士の国だ。私は中国にも、それ以外に聞いている皆にも言っておく。北朝鮮とこのような事態が続くのを放置していると、日本との間で大問題を抱えることになる」と語ったそうな。
http://www.afpbb.com/articles/-/3149247

日本にとっては訪日前のリップ・サービスどころか、北朝鮮有事に直接動くのは日本だからね、とアゴでこき使うつもりを示唆したとしか受け取れまい。
実際このニュースは「トランプ大統領、対北朝鮮で日本が自ら動く可能性を中国に警告」という見出しで報じられている。
また、特に中国の名を挙げて注意を促しているが、これでは日中の軍事的緊張を促す効果しかないだろう。日中双方に迷惑千万な発言であるのは言うまでもない。

そもそも「武士」は今や映画の中にいるだけで、手にしているのは刀でなくゴルフクラブであるのを何としよう。

円生の落語「雁風呂」のシャレを思い出した。

「武士武士と言うたかてカツブシにもならんもんで」

*******

DSCN4393-A会長賞1等.jpg

◆冒頭のバラ展で出会ったみごとな花。
一等を受賞したのもむべなるかな。豊かな気品をたたえたバラだ。
惜しむらくは、命名「ファースト・レディ〇〇〇」と、恐れ多くも首相夫人の名が冠してあったこと。育苗者はいずれ献上つかまつる予定なのかもしれないが、M学園の名誉校長事件のように辞退ということになっては名花のかんばせに泥が付くと心配になった。再考を願いたいところだ。

| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml