CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 古井戸に耳傾ける | Main | 〈わるくないな まるは〉 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
きみたちのあし音は[2018年07月28日(Sat)]

DSCN7857木村賢太郎七つの餅B1968小学館ビル-A.jpg

木村賢太郎「七つの餅B」(1968年)。
色合いも肌理も異なる石を磨き上げて、起き上がりこぼしかトーテムポールのように積み上げた形が面白い。
神田神保町の小学館ビル前で。

◆台風の直撃が懸念されたが、一橋講堂(学術総合センター)で開かれたOECD/Japanセミナー「OECDからみる日本の教育政策」を聴く(主催:文科省&OECD)。

OECDのPISA(学習到達度調査)ショック以来、世界に伍していくためにカリキュラムから授業法までいかに改善するか必死に取り組んで来た文科省だが、今回はOECDから日本の教育政策に対するレビューが公表されたことをふまえて、その紹介と日本の教育政策の課題や取り組みの現状が基調報告およびテーマ別セッションとして報告された。

◆基調報告の中でアンドレアス・シュライヒャーOECD教育・スキル局長が、日本の教育にあっては批判的思考が弱く、自己規制は強いと特徴をあげたあとに、「日本のように全人格的教育」を行っている国は少ない、と述べたことに注意が向いた。
薫陶とか陶冶ということばがきらいではない民族としてふだん意識しないことの指摘である。

小中での「教科」としての道徳や、高校の新科目「公共」などでの道徳教育強化の動きを意識してのコメントであるかは不明だが、氏が「一歩下がって森の全体を見ることも必要」「教育とは何かを考えることが重要」と述べたのは、部分に拘泥することなく大きなデザインを描出しながら、地に足を着け根源的(ラディカル)に考えることの必要を訴えたものと聴いた。

DSCN7872-A.jpg
基調講演するA.シュライヒャー氏

◆セミナーの終わりに東日本大震災後に取り組まれた「OECD東北スクール」から発展した「地方創生イノベーションスクール」の参加学生二人による報告があった。
国際協働型プロジェクト学習を各地で展開しているものだ。
男子学生の、「未だ高校生だから〇〇できない」ではなく「もう高校生だから●●できる」と考えることが大事だ、ということばは多くの示唆を含む。
たとえば、文科省が進めているコミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)。
地域の学校運営への参画を推進するものだが、児童・生徒も参加してもらう、という発想は皆無だ。地域との「協働」という時に子どもたちを蚊帳の外に置く理由は何一つないはずである。
「対話的な学び」と言うときに対話の相手をクラスやグループの子どもたちだけに限る理由も全くない。
今目の前にいるのではない、アジア・アフリカや地球の裏側の人々、あるいは過去や未来の人間たちとの対話もまた可能にするのが教育の力だったのではないか。

*******

未知の世界へ   小野十三郎

その椅子もその机も
きみの生長したからだにはもう小さい。
しかし、きみは、きのう
のりのきいた清潔なYシャツを着用し
よくひびくベルの音とともに
そこに坐った。
外にはまだ
晩夏の灼きつくような陽(ひ)が照っていた。
そのとき、きみの前にあったのは
けちな解答を待つ一枚の紙きれではない。
それは世界だった
心もち首をかしげたきみの
左の親指のさきが軽く
こめかみのあたりにふれたとき
すでに一つの世界が
そこにひらけていた
きみは臆せずそれに立ち向かったか。
そのようにしてきみの仲間は
また他のところで、さらに困難とたたかい
自らきりひらかなければならない世界に直面している

ぼくは思う。
きみも、君の仲間も
ぼくらがいまいるようなところには来ないだろうと
これが人生だ、これが生活だと考えて安心している
そんなところへは、決して!
もっと大きな、激動する世界の真只中へ
きみたちのあし音は
進め。


*小野十三郎「太陽のうた 小野十三郎少年詩集」より(理論社、1973年)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/937
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml