CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 「みんなまる」だから「まる」でいいのか? | Main | 暑さと闘う »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
41.1℃!!![2018年07月23日(Mon)]

DSCN7629.JPG
文科省、会計検査院や金融庁が入っている霞が関の合同庁舎7号館の足もとには、江戸城外堀の遺構が保存されている。
石の中に、工事を請け負った藩の「印」が刻印されている。
この石には矢印形が刻まれていた。

*******

文部科学省の汚職事件、東京地検特捜部は、佐野太(前)文科省・科学技術・学術政策局長を受託収賄で、東京医科大(前)理事長と(前)学長についても贈賄の罪で起訴する見通しとのこと。

今夕のNHKニュースによれば、加点による不正合格だけでなく、前局長の息子が入試直前の歳末にセブ島に旅行した費用も、仲介者である谷口浩司容疑者が役員を勤める会社の経費で賄われていたという。

【NHK NEWS WEB 2018年7月23日】
文科省汚職事件 起訴へ 前局長の息子の旅行 仲介企業が負担か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180723/k10011545331000.html

◆子らの学費の工面に身を砕く庶民の苦労など無縁の役人が教育行政の責任者であったことに唖然とする。
行政を私物化し社会正義を糞尿にまみれさせた人間たちの増上慢に、天も我慢がならぬのだろう。
本日、41.1℃という猛烈な炎暑が列島を襲った。
下々はただただ「肝焼げる」(東北の言葉で「腹が立つ」)ばかりだ。

DSCN7638.JPG

◆文科省・旧本館の裏手、合同庁舎7号館の足もとに保存されている江戸城外堀の石組み。
現在外堀は埋まっているわけである。
落日の省庁の惨状を象徴するかのごとくである。

右上に監視カメラがあった。
建物内の不正をとらえることかなわず、さて、レンズは何に向けられていたのだろう?

*石組みは地下鉄「虎の門」駅11番出口から地上に出る途中にある。


この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/932
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml