CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« まてばいい | Main | 41.1℃!!! »
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「みんなまる」だから「まる」でいいのか?[2018年07月22日(Sun)]

DSCN7606.JPG

◆境川の洲に異様に首が太く、しかもねじれたような鳥がいた。
良く見るとカワウのようだ。
しばらく身じろぎもしなかったが仲間がやって来ると威嚇したものの動きは緩慢だった。
恐らく鯉などの大きな魚を呑み込んだところなのだろう。

DSCN7602-A.jpg
  *奥が先ほどのウ。手前2羽とは首の太さが全く違う。

「呑舟の魚は枝流に泳がず」(大人物は俗世間には住まない)ということわざがあるが、ここでは「呑鯉の鵜」なので、息をするのも大儀だというふうに仲間との協調性は完全に放棄していた。

*******

ほんとうはどれ?  堀江菜穂子

いっせいのせ
みんなまる
じゃ まるね

いっせいのせ
みんなばつ ひとりまる
じゃ ばつね

ほんとうにばつでいいの?
ひとりまるがいたじゃない

もしかしたらこっちが
ほんとうかもよ


*昨日と同じく堀江菜穂子『いきていてこそ』より。

◆”民主主義は多数決のことだ”と誤解している議員のみなさまにぜひ味わって欲しい詩だ。


この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/931
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml