CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« フランクルに学ぶ | Main | 白い文様 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
新国立劇場にて[2018年06月21日(Thu)]

◆初台にある新国立劇場が開場20周年だそうで、記念公演として井上ひさし「夢の裂け目」が三演されている(小劇場にて6月24日まで)。

DSCN7432-A.jpg

思い立って早起きし、当日券に並んだ。

◆開演までの時間があり過ぎたので、ここで上演されたオペラの衣裳が展示されているのを見物した。
その一つ、1998/99年のシーズンに上演されたモーツァルトの「魔笛」、パパゲーノ(陽気な鳥刺し)と彼が恋い焦がれるパパゲーナの衣裳があった。

DSCN7451-A.jpg

DSCN7452-A.jpg

ギャラリーというのか、回廊状の2階からメインエントランスを見下ろすように展示されているので、いずれも後ろ姿しか撮れなかったのが残念。

◆説明板によると、この「魔笛」を振ったのは大野和士であったようだ。当時のオペラの芸術監督は畑中良輔(1922-2012)だった。ともに藤沢ゆかりの音楽家である。
なお、今シーズンからのオペラ部門芸術監督には大野和士が就任、開幕は新演出による「魔笛」だそうだ。

DSCN7456-A.jpg

DSCN7433A.jpg
新国立劇場入口へのアプローチからオペラシティの方を眺める。
浅く水をたたえた中に岩が配置されている。

逆にオペラシティ側から新国立劇場を見ると下のような情景。

DSCN7437-A.jpg

殆ど通る人もいない時間に出会えた眺めだ。


この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/900
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml