CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 『ゲッベルスと私』 | Main | 新国立劇場にて »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
フランクルに学ぶ[2018年06月21日(Thu)]

川崎市内の在日コリアンへの攻撃

◆川崎市内の公園のベンチなどで、在日コリアンを差別する落書きが大量に見つかっている。
ヘイトスピーチを続ける団体への市の対応の不充分さ(ヘイト団体主催の講演会に市が施設使用を許可したこと。6月上旬の講演会は抗議する市民の声によって中止された)がヘイトクライムを根絶できない事態を招いている。

在日の人々に対して「ウジ虫、ゴキブリ、日本から出て行け」などのヘイトスピーチが跡を絶たない。2016年に成立したヘイトスピーチ対策法を実効あるものに育てる行政の毅然とした対応が必要だ。


『夜と霧』のフランクル

河原理子「フランクル『夜と霧』への旅」に次のようなことばがあった。

ある集団――とりわけ、出生地や国籍など運命的なもので区分けされる集団――に「悪魔」のラベルをはって「一括判定」するのは、ナチスドイツの発想と同じなのだ。
 (朝日文庫版、p.211)

ユダヤ人を一括して敵視したことと、ホロコーストを行った「ドイツ人全体」を一括して非難することとは同じ発想だというのだ。

◆強制収容所から生還したヴィクトール・フランクルは戦後いちはやく集団的罪科を否定したことから、ナチスの罪を擁護するのか、とユダヤ人から批判もされたという。
しかし彼の次のようなことばに耳を傾け、我々自身が偏見や思考停止を克服しない限り悲劇は繰り返される。

《ナチズムは人種的狂気をひろめました。けれども、本当に存在するのは二つの「人種」だけです――品格ある人たちと、そうでない人たちと。この「人種」の分け目は国際社会にも、また国内の政党の間にもあります。強制収容所のなかでも、ときにはちゃんとした親衛隊員に出会うことがありましたし、またならず者の囚人もいたのです。ちゃんとした人たちが当時少数だったこと、またいつもそうだったこと、これからも少数派にとどまることを、私たちは受けいれるしかありません。事態が危険になるのは、政治体制が国民のなかからならず者を選んで上に行かせてしまうときです。

「だからあえて言う。どこの国だって、別のホロコーストを引き起こす可能性があるのです!」

 (同書、p.222)

◆「政治体制が国民のなかからならず者を選んで上に行かせてしまうとき」とは2018年、現在のこの国のことだ。
その暴走と転落を止めるために、《品格ある人と、そうでない人たち》との間に、「品格ナシと自覚するゆえにそれを得たいと努める人」を加えて置きたい。圧倒的多数はそこに生きておりそれが鍵を握っていると思うから。

河原理子フランクル『夜と霧』への旅.jpg
河原理子「フランクル『夜と霧』への旅」(朝日文庫、2017年。単行本は2012年)



この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/899
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml