CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« しろがねのボタン電池惜し | Main | しゅうしゅうと »
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
遠い道をいくためには[2018年06月12日(Tue)]

DSCN2630木槿.JPG
木槿(むくげ) 2017年7月撮影

*******

 膝    鄭 浩承(チョン・ホスン)

君もひざまずいてはじめて
愛を知ったのか
君もひざまずいてはじめて
歩けるということが分かるのに
一生かかったのか
真に冷たい床に
自らひざまずいたときが立ち上がるときだ
ひざまずいて
遠い山を眺めるときが出発のときだ
ラクダも遠い道をいくためには
先ずひざまずいて砂漠を眺める
ラクダも砂漠の道をいき
夜が更ければ
先ずひざまずいて
燦然たる星を眺める


鄭浩承詩選集『ソウルのイエス』の巻頭にある詩。【韓成禮(ハン・ソンレ)訳、本多企画、2008年】

鄭浩承(チョン・ホスン)は1950年1月3日、韓国・大邱(テグ)生まれの詩人。
北朝鮮軍が砲撃を開始して朝鮮戦争が勃発したのはその年の6月25日のことであった。



この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/891
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml