CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 水は赤ん坊を 土は老人を | Main | 本郷新「奏でる乙女」像/「父と暮せば」(2) »
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「父と暮せば」が始まった[2018年06月06日(Wed)]

DSCN7361.JPG
安田侃(やすだかん。1945〜)「妙夢」(2006年)

◆六本木のミッドタウンで。
安田侃の作品にはどこかで出会っているが、いま思い出せない。
閉館した鎌倉の近代美術館であったか。

◆関東は梅雨入り。
作品が雨に濡れていく変化が面白かった。
しかし立ち止まって見入る人はほとんどいない。

◆六本木交差点知覚の俳優座で始まった《こまつ座第122回公演》「父と暮せば」を観ての帰り。

*******

井上ひさしの傑作「父と暮せば」は、今回山崎一が父の竹造、伊勢佳世が娘の美津江、という新キャストで始まったばかり(演出・鵜山仁)。
客席はこれまでより若い世代が増えたように思える。

終盤、そっと鼻水をすすりあげるのがあちこちから聞こえる。

こういう芝居の後はしばらく明るい外には出られない。
しばし感想を書くなどしてからようやくロビーに下りる。

出口のスタッフに「ありがとう」の声をかけながら出るお客さんが何人もいた。

「父と暮せば」の中でもいちばん大事なせりふ「ありがとありました」を、観客も心の中で何度も何度も響かせているのである。

初演から25年、四半世紀の時間によって磨き上げられた作品だが、芝居の設定は昭和23(1948)年の夏。そこから数えて70年経た「いま」と、1945年8月6日その日に始まる3年間と。二つの時間を、演じる者も観る者も生きることになる。

*6月17日まで俳優座劇場。その後6月21日川西町、7月14日仙台で。



この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/881
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml