CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« そんなときはないか | Main | 雨どしゃぶるなよ »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
〈そう思うことはないか〉[2019年10月16日(Wed)]

◆昨日の黒田三郎「ある日ある時」という詩、わずか半月前に使っていたことにアップしてから気づいた。
そうした失敗を恐れて、一度引用した詩には付箋を貼り、日付けも描き込んで置くのが最近の習慣なのに、忘れたらしい。
ボーッと過ごした己を意識しておくことには意味があるので、そのままにして置く(モノグサも一分の理屈は用意しているものだ)。

◆このブログを始めた頃、團伊玖磨の長期連載エッセイ「パイプのけむり」の索引のようなサイトを見付けた。担当編集者が、ネタの重複を避けたい團の依頼を受けて、「パイプのけむり」に登場するモノの名や人名、トピックを確認できるように掲載回を付した索引がもとになっているらしかった。「索引」づくりこそは、黒子のように地味ながら必要な人間には神さまのような仕事で、「パイプのけむり」でも遺憾なくその力を発揮してくれた。
祖父・團琢磨が命を落とした血盟団事件(1932年)について伊玖磨が祖父の死とテロリストについて書いてある回(複数回取り上げている)を探すのに、このネット上の「パイプのけむり索引」が役に立った。
単行本も文庫本も今や入手しづらくなっている「パイプのけむり」は図書館の収蔵庫から取り出してもらうしかなかったが、最初に本としてまとめられた「パイプのけむり」から「さよならパイプのけむり」まで26冊に及ぶエッセイ集から探すのにネット上の「索引」で見当をつけることができたのである。

◆このブログでも人名やトピック、使用した写真の重複は避けるように努めているものの、過去の記事を確認するには「湘南のオアシスから (スペース) ××」とネットの検索エンジンを使うことが多い。予め書き溜めて置くことは余りしないズボラさに加えて、記憶がアヤシイことには自信があるので、「これは前に使ったかも…」と思えば入力を一旦止めて、検索で確認する。
この度は「かも」という疑念を抱かなかった、ということになる。年齢相応の呆けということだ。(失敗していながらエラそうに、「開き直り」の弁だナ……。)

◆同じく黒田三郎の「頰に吹く風」という詩にも「ある日ある時」と似たフレーズがある。

凡人がフッと一息つくのと同様にいちどの息で、しかし凡人より遥かに深いところから静かな言葉を繰り出し織りなすのが詩人という生き物らしい。



「頰に吹く風」より(第四・五および七連)  黒田三郎


別に何を望んでいるというわけもないのだ
森や畑や住宅のなかの
ひっそりとした小道
黙々と日をあびて
ひとりしずかに歩く
そんな道があればいいと
そう思うことはないか

立派で美しい
目標やたてまえやイメージがある
あきあきするくらいたくさんの
もっともらしい饒舌
ほんのちょっぴりでも本音を吐くと
尻尾をつかまえられでも
するかのように


***

青い空みどりの森澄んだ水
それは誰でも心に思い描く
失われてしまったふるさとを
懐しく思い描くように
それは今ではただのイメージ
もはやことばでしかないのかと
そう思わないだろうか



 『黒田三郎著作集T』(思潮社、1989年)より



この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1377
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml