CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中也の〈魂〉⇒中村稔 | Main | 〈大空にはだんだんがある〉 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
〈まちがいはどこへゆくか〉[2019年09月23日(Mon)]

まちがいはどこへゆくか  鶴見俊輔

まちがいは どこへ行くか
遠くはるかに
世界をこえて
とびちってゆく
世界はなんと
小さく見えることか
錯誤をだきとることのできるものは
なんとおおきいか


鶴見俊輔『詩と自由』(思潮社・詩の森文庫、2007年)

井上ひさし「日の浦姫物語」を生み出したトーマス・マン「選ばれた人」を読み終えた。

序章〈誰が鐘を鳴らすのか〉のわずか7頁ほどを読むのに難渋したのも懐かしい。
鐘楼守の手によらずして、ローマ中のあちこちで已むことなく鳴りひびく不思議な鐘の音が、読み進もうとする者を大音響の中に立ち尽くさせる感じがあった。

だが、ジビュラとグリゴリウスの物語は読む者にも同じだけの時間を経験させる。

物語が大団円に向かう中、罪の子グリゴルスが聖者グリゴリウスとして入京し教皇として戴冠する日まで3日間鳴り続けた鐘は、この世界という大伽藍に祝福と恩寵として鳴りひびいたものであることが知られる。

◆この物語の後にたまたま手にした鶴見俊輔の詩は、ストンと腑に落ちるものであった。

まちがいを抱き取るものの存在に気づくことができるのは、我が行いを悔い、苦しみ続けた者だけである。


この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1355
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml