CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 奪い合う愚を超えて | Main | 台風その後、五輪のその後は »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
朝かたまけて熱退(ひ)きにけり[2019年09月19日(Thu)]

DSCN1549-A.jpg

横浜港郵便局(横浜市中区日本大通り)にあるラッパを吹く天使の像。
「郵便は世界を結ぶ」と刻んだ台座は石造りの郵便箱になっていて横に「外国郵便開始80年記念/昭和三十年一月五日」と刻した銘板がある。
外国郵便の開業は1875年、ここが創業の局ということだ。
彫刻は松山出身の彫刻家乗松巖(のりまついわお、1910-1997)の作品。

★松山市にある乗松巖記念館「エスパス21」のサイトは
http://www.esoace21.sakura.ne.jp/index.html


DSCN1550-A.jpg

*******

◆丸4日間、拙blogをお休みした。
この間、いろいろ初体験をした。台風の余波であるとも言え、日頃の不摂生の結果とも言える。
感染症による39.4℃という高熱と救急車に患者としては初めて乗ったという経験である。

救急車要らないよ、と意識の確かなところを家族に伝えたつもりなのに、数分後にはサイレンが聞こえてきた。
家人が110番する直前には悪寒でガタガタしていた(この数日間では何度かあった)のは確かだが、それを「痙攣が……」と伝えたようで、「では向かわせます」となったらしい。意識を失ったらアブナイと判断させる結果になったのは当たり前の話だ。
帰路、あれは「震え」というもので「痙攣」とは違うだろ、と言い返しても後の祭りではあった。

実は前日にかかりつけのクリニックで診てもらっていて、問診、触診および聴診器という通常の診察を経て「熱中症でしょう」と託宣をいただいていたのだが、32時間ほど後には、総合病院で念のための検査を幾つも受ける羽目になった。各種データをもとに下した医師のセカンドオピニオン「感染症」が絶対正しい唯一の解としてこの数日を結論づけるとも思えない。両方の要素をそれぞれ含んでいて、しだいに様相を変えて行った、と解することにした。

それにしても、震えている間、ヒロシマだったかナガサキだったか、全身を小止みなく震えさせていた子どもの姿を幾度も思い浮かべていた。

◆救急病院では解熱剤を数錠出してくれたが、幸い目安の38℃以上に上がることは一度もなく、服まずに済んだ。

◆病臥養生の前半数日は、正岡子規

若松の芽だちの葉黄(みどり)ながき日を夕かたまけて熱いでにけり

という歌そのままに、「夕方まけて」(夕方設けて=「夕方になると」の意味で、病勢に「負けて」ではない)熱がまた上がり気味になることを繰り返したので、本当に歌の通りだ、と思うほかはただただボーッとしているばかり。

出来たのはトーマス・マン「選ばれた人」を、ようやく峠にさしかかるあたりまで読み進んだことぐらい。
先日観劇したこまつ座「日の浦姫物語」井上ひさしが素材とした物語の一つと知って借りて来たもの。聖グレゴリウス伝説(ローマ教皇グレゴリオ1世の誕生にまつわる伝説)をふまえた物語。
1974年ころ発行の、よくもまあこんな小さい活字を二段組でと、ため息の出る世界文学全集を、何度も同じページを行きつ戻りつして読んできた以上、あとは一気に読み終えたい(明日はもう返却日だ)。

東電の旧経営陣3名に対して、今日19日、無罪判決が出た。信じがたい話だ。
大津波の恐れを指摘されながら無視したことがフクイチの原発過酷事故を引き起こしたのであり、彼らに責任がないなら一体誰に責任があるというのか。
首脳陣として責任を取る者がどこにもいない。先の大戦中の軍部の姿そのままではないか。
誰もこれ以上巻き添えにしないよう、沈む運命の亡国の泥舟と運命を共にすること。
てんで無いんだな、覚悟というやつが。




この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1351
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml