CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« がらんどうの世界の響き | Main | 子どもと世界 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
台風15号、4日目にようやく知った爪あと[2019年09月13日(Fri)]

台風15号の爪あと

◆昨夜のパトロールで目撃したところを中心に改めて回って見た。
片付けに追われている家々がいくつもあった。

DSCN1793.JPG

・西俣野の御嶽神社(猿田彦)の上のつづら折りの山道は車両通行止め。その中ほどに土砂崩れがあった。フェンスの所で止まっており、道を塞いではいない。

・倒木が電線を切断した箇所の電柱は傾いでしまい、根元に10cm以上のすきまが出来ていた。

DSCN1795.JPG

・花応院墓苑の裏手に向かう砂利道の路肩が大きく崩れ、深さ2mを超える大きな穴が開いた。

DSCN1799.JPG

・その先、杉の木が烈しく裂けて横たわっていた。
手入れの行き届いた杉山なのだが、倒れた向きからすると北からの暴風だったろうか。
林の中を、倒木を片付けているのだろう、木を引きずる音が聞こえてくる。

DSCN1803.JPG

*報じられていないが屋根の吹き飛んだお宅があった。竜巻だったのかも知れないという近所の方の話もあった。深夜の突風ゆえ、正体は分からない。
被害に遭われたご夫婦にけがのなかったのは幸いだが、次の雨を気にかけながら懸命に立ち働く姿は痛々しい。

・西俣野の南端、立石(たていし)方向に向かうと、杉の木が石段を完全に塞いでしまっていた。
この上に在る小学校への近道の一つであったはず。

DSCN1806.JPG




この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1348
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml