CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 〈せかいはすてきとしること〉 | Main | 市民もスタッフも大事にしない林・横浜市長 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
塹壕のなかで[2019年08月24日(Sat)]

DSCN9883.JPG

切り岸の上に2つの碑が並んで建っていたので、上って確かめてみると、どちらも1905年3月に日露戦争で没した人たちを悼む碑であった。
さらに上ったところにテッポウユリが咲いていた。

*******

夢うつつに   ウンガレッティ (河島英昭 訳)

(はずか)しめられた夜にぼくは立合っている

空は撃ち抜かれた
刺繍みたいに
一斉射撃で
兵士たちは
みな隠れた
壕のなかに
殻にこもった蝸牛(かたつむり)みたいに

遠くで
悲しみに打ちひしがれた
石工たちが
ふるさとの小道の
火成岩の
石畳を叩いている
見えはしない
聞こえてくるのだ
それが夢うつつに

 1916年8月6日、第四高地の塹壕で


岩波文庫『ウンガレッティ全詩集』(2018年)より。
*原訳書は筑摩書房、1988年。

◆ジュゼッペ・ウンガレッティ(Giuseppe Ungaretti, 1888-1970)が第一次世界大戦に従軍したおりの詩。
砲火の間に垣間見えたアレクサンドリアの光景だという。

この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1330
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml