CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 〈山は怒りに/海は一つの叫びに変れ〉 | Main | 流政之〈雲の砦〉―9.11WTCそして「再生」 »
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
流政之の三部作〈波〉〈舷〉〈潮〉[2019年07月07日(Sun)]

DSCN1221流政之「潮」-A.jpg
流政之〈潮 Tide〉(1962)
神奈川県立青少年センター前(横浜市西区紅葉ケ丘)
*「青少年諸君 しっかり頼む」の文字が刻まれている


流政之、三作品まとめて堪能した

◆去年7月、流政之(ながれ・まさゆき 1923.2.14ー2018.7.7)の彫刻〈潮 Tide〉に出会った。
オフィシャルサイトでその生涯と代表作を知り、『流政之作品論集』という本も読み始めた矢先にその訃報に接した。7月7日は一周忌となる。

作品との出会いからちょうど一年、神奈川県立青少年センターのために制作されたあと2つの作品に対面することができた。

流政之作品2つ目の出会いとなったのは〈波 Wave〉と題する少年の背丈ほどの作品。
正面入り口から入って左側に回ったところにある。
DSCN1217流政之「波」-A.jpg

同じ1962年の制作。

照明で赤味を帯びて映っているが、実際は下の様な色で、〈潮〉と同じ白の御影石と思う。
波頭がせり上がり、また崩れ落ちるエネルギーを感じさせられたのが、この左からのアングル。
右方向からだと印象はずいぶん変わり、より力動感がある(下の写真)。

DSCN1215[波]-A.jpg

正面からだと…

DSCN1214[波]-B.jpg

*安全のためにロープで囲われていたので、センターの方にお願いし、ポールを動かして撮影させてもらった。


◆もう一つは〈舷 Gunwale〉
ホール前のホワイエを抜けた坪庭にあった。
ホールはちょうどバレエの発表会が行われているところだったのを、これもセンターの方のご厚意でホワイエに入れてもらい、作品へと案内していただいた。

DSCN1207流政之「舷」-A.jpg
流政之〈舷 Gunwale〉(1962年)

波濤を越えて進む船のイメージであろうか。
実物はもっと長尺方向に長大・重厚な存在感を覚えたのだが、わが写真は残念ながらそれを伝え得ていない。

DSCN1213[舷]-A.jpg

DSCN1210[舷]-C.jpg

◆石を割った面を磨かずに残すのを「割れ肌」といい、流政之が始めたこの技法は世界の石彫りに大きな影響を与えたという。

不思議なことに、手を触れたい気分になって、上の写真の頭に当たる台形部分に触ってみた。「割れ肌」の石からは、磨き上げられた石よりも作者や石工の手の跡や息づかいが感じられる、ということだろうか。

◆〈潮〉〈波〉〈舷〉の三部作が置かれている神奈川県立青少年センターは前川國男の設計である(1962年)。同じ紅葉ケ丘にある県立音楽堂、県立図書館も前川の設計。

その前年の1961年に、流政之は前川の依頼で東京文化会館小ホールの室内構成を担当した。小ホールのステージ正面に見える、蛇腹か扇子を広げて提げたような特徴ある反響板「のぼり屏風」と、ホール壁面を飾るパーツ群「はためき」である。

◆〈潮・波・舷〉を制作した1962年、流はロックフェラー三世の妻ブランシェット夫人らの招きを受けて海を越えアメリカに渡る。
彼女が会長をつとめるニューヨークのジャパン・ソサエティで日本のアーティストたちを紹介・支援する仕事をしていたのは、ベアテ・シロタ・ゴードン(1923-2012)であった。
*(若き日、GHQのスタッフとして日本国憲法の草案づくりに関わり、男女両性の平等を明記した第24条など女性の人権保障を盛り込むことに尽力したベアテだが、彼女がそのことを公にしたのはずっと後、90年代のことである。)

彼らの知遇を得て地歩を固めて行った流政之がワールド・トレード・センター入り口の〈雲の砦〉の制作をスタートさせたのは1969年。あしかけ7年に及ぶ大きな仕事であった。


この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1282
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml