CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 溝のかたわらで | Main | 成田敦「水の身振」 »
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
伊藤勝行「雨の国」[2019年06月11日(Tue)]

DSCN1026.JPG
コバンソウにモンシロチョウ

*******


雨の国  伊藤勝行

雨の中でせんたくをし
雨の中で干しあげようとする
女たち

雨の中で泥をこね
雨の中で壁をつくろう
男たち

拇印をおすようにかぞえた札を
一日の糧にぶすぶすもやし
生きている証しをしらせ合う
夕暮

子どもたちはぐったりつかれ
雨の中で寝小便をする
この国はそんな一枚の地図である


1956年の詩集『卵を抱く眼』(詩宴社)所収。

◆1925年生まれ、15歳で代用教員からスタートし、1946年に復員後、中学校教員として再スタート。教壇に立ちながら詩作を続けて来た詩人。

現代日本の浮華をはぎとれば、上の詩が描いたのと代わり映えしない、同様にみすぼらしい姿が現れて来るように思える。

◆同じ詩集の次の詩も、本質において国の姿は変わっていないことを歌う。
幾たび代替わりしたとしても。


国という字

 1

にほんのくに
くにを漢字で書きますると
国となりまして
中には玉
これはすなわち玉座のことでありまして
これをかこみまする構えは微塵のすきもなく
東西南北
いずれからの侵略もうけつけませぬ
この改正された一字を見ても
日本の象徴は意味深遠であります


*「國」から新字体「国」に改正したことをいう。

★日本現代詩文庫『伊藤勝行詩集』(土曜美術社出版販売、2000年)によった。


この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1256
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml