CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 「脱原発ひろば」の淵上太郎さん逝く | Main | 空谷への想像力 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
はがねの鯉にまたがって[2019年03月27日(Wed)]

DSCN0376.JPG
朝日を受けた桜のつぼみ。
今日には開くだろう。
いつもの境川べりの土手道で。

*******

朝の散歩   南川隆雄

逝くときは朝方だろうね――
ささやきは耳たぶに斜めの針穴をあけた

するりと夢のそとにでて
からだをねじって周りを見わたす
そしてだれよりも早く起き遠くまで足をのばす

ささやきはここまで洩れ聞こえるようだ
震える水があるとついのぞいてしまう
はがねづくりの鯉が身じろぎもせず
背に乗れと言ってくれている
蚊の小母さんとよぶ水馬も親しげに寄ってくる
もしや伝える術のない伝言を携えているのかも

見れば あちら側から蜘蛛の糸が外気にまで逆に垂れ
水鏡のなかのひとのからだを貫いている
細糸をたどって空という底しれぬ淵を浮びあがれば
ぽっかり彼岸の湖面に頭をだせるとでも

いたずらに生きのびてきたおかげで
逝く人びとの背中をさまざまに見送ってきた
いつも一枚のくもり硝子をあいだに立てかけ
度胸はさっぱりつかなかったけれど

次の朝を待つだけの日とはなに
きょうもなんの変哲もなく過ぎそうだ
いくらか陰うつに貌をつくり 踵をかえす


*水馬…アメンボ

◆作者は相模原にお住まいの詩人。その街から境川を眺め、江ノ島で相模湾に注ぐさまに思いを馳せて詠んだ作品もある。
川下に棲む者が水面に目を凝らせば、散歩のついでに「はがねづくりの鯉」にまたがった詩人が流れを下ってくるかも知れない。

『みぎわの留別(りゅうべつ)』(思潮社、2018年)に拠った。




この記事のURL
http://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1180
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml